書評:一流の人はなぜ風邪をひかないのか?風邪について、ここまで分かりやすい解説をした本が今まであっただろうか?

書評
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日は、書評です。

本格的な冬(2018年12月15日執筆)に突入して、風邪を引く人も増えてきましたよね! 山猫は風邪が嫌い(当たり前ですが)でも、どんな対策をすれば、風邪のリスクを減らすことが出来るのか?いろいろな説が聞こえてきますが、いまいちまとまった情報がありません。

今回ご紹介する本は、

一流の人はなぜ風邪をひかないのか?

という本です。

一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33

誰もが引いたことのある「風邪」。山猫は、体が弱いのか?風邪をひきやすいのか。大人になった後も年に数回は風邪をひきます。

この世には、全く風邪をひかないように見える人もいて、うらやましいなあと思っていました。。。

でも、一体風邪ってどんな病気なんでしょうか? 風邪にはビタミンCが有効だと言う意見もありますが、本当の所はどうなんでしょうか?

そして、風邪をひかないためには何を気を付けたらいいのか?風邪をひいてしまったらどうすればよいのか?

という非常に興味深い話を、丁寧に解説してくれてある本です。

しかも、この本の良いところは、

この本は社会人にとって最良の対策を教えてくれる

例えば、風邪を引いてしまったときの対策は、理想を言えば、温かい部屋で、一週間安静にする。食事は消化の良いものを・・・栄養補給も十分に・・・ なにも間違えたことは言っていませんが、忙しい社会人にこんな贅沢な治療はできるのでしょうか?(できる人は、うらやましいですが、どうぞゆっくり休んでください)

この、本の著者は、忙しい社会人の事をよく考えてくれています。

まずは、風邪にかかるリスクを減らす対策

風邪にかかりそうだな?と判断する方法。

風邪にかかってしまった後の対策

健康状態に合わせた対策を講じてくれています。

まとめ

人間は、だれでも風邪を引きます。

アメリカの統計調査によると・・・人は一生のうちに200回ほど風邪を引くそうです。そして、風邪を引くたびに数日会社を休むとすると、職業人生の丸1年分以上が風邪に費やされるのです

これは、結構大きな値ですよね!長くても100年位の人生のうち、一年以上を風邪で使ってしまうのは実に惜しい事です。

出来るだけ風邪のリスクを下げて、一回でも風邪にかかる回数を減らしたり、ごく初期に見つけて、風邪をこじらせる前に直したり。完全に風邪にかからない方法はないと思いますが、リスクを下げていくことで、結果的に元気で動ける時間を延ばすことは可能になると思います。

この本に書かれていることは、理想論ではなく、現実的に実行可能の項目がほとんどです。

ぜひ、一度手に取っていただきたい本ですね!


一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33

~合わせて読みたい~

書評:崎田ミナさんが書いた「すごいストレッチ」三日坊主の管理人が珍しく続けられるくらい面白いストレッチ本です!
(この記事の最終更新日は、2019年5月8日です。) こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。 今回は、このブログでは珍しい書評です。肩こりや腰の痛みに悩まされている山猫おすすめのストレッチ本のご紹介! 行きつけの美...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
書評
yamanekoをフォローする
山猫の雑記ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました