温かいコーヒーを持ち歩きたい!普通の水筒でもよいけれど、、、専用品はやっぱりすごい!

料理・家事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。

この記事を書いたのは12月19日。本格的に冬がやってきました。。

寒い冬、温かいコーヒーが恋しい季節ですよね!皆さんは温かいコーヒーをどうやって準備していますか

毎回、コンビニのコーヒーを買うよ!という方も最近は増えていますよね。100円であのクオリティのコーヒーが飲めるのなら確かに安い。

山猫も、外出すると、ついついコンビニコーヒーを買ってしまいます。。。

でも、自分で入れればもっと安いですし、コーヒーを飲むたびにコンビニに行くのも邪魔くさいですよね!

そこで登場するのが、水筒や、保温マグなのですが、、

実は、普通の水筒にコーヒーを淹れ続けるとちょっと問題があるのです

水筒にコーヒーを淹れた時の問題点

熱いコーヒーを入れると、あっという間に酸化してしまいます。

珈琲は長い時間空気に触れると酸化して、酸っぱくなってしまいます。この傾向は、温度が高いコーヒーで顕著に表れます。

でも、ホットコーヒーが飲みたくて、魔法瓶に入れているわけですから、冷たくしてしまったら元も子もありませんよね。。

酸化するには、酸素が必要なわけで、コーヒーに接している空気の量が少なければ酸化はある程度防ぐことが出来そうです。

つまり、一回に作る珈琲がきっちり入るサイズのボトルを準備するのが重要という事になります!

味が混ざる、茶渋(コーヒーですが)が付く、独特のにおいがつく

珈琲を水筒に入れてしまうと、どうしても独特のにおいが水筒に沁みついてしまいます。次に違う飲み物を入れても、少しコーヒーが混ざってしまう感じで良くありません。

さらに、防水用のパッキンなどにも茶渋やにおいがついてしまって取るのに一苦労。

たとえコーヒー専用にしたとしても、コーヒーにもいろいろな香りがあるので、香りが混ざってしまってなんとなく美味しく感じられなくなってしまうのです。。

珈琲専用水筒やタンブラーの選び方

水筒やタンブラーの内側に、においや汚れがつきにくい加工がしてある。

普通の水筒やタンブラーは、ステンレス素材そのままの物が多いのですが、ステンレス素材は意外とにおいや汚れが付きやすいのです。

珈琲用と銘打っているものの中には、テフロン等で加工されているものがあります。匂い移りが少ないのを売りにしている商品もありますから、チェックしてみましょう

出来ればパッキンはないほうが良い

ゴム製のパッキンは、コーヒーとあまり相性が良くありません。どうしても、においや茶渋が付いてしまうので、出来れば、パッキンがないほうが望ましいです。

でも、タンブラーならパッキンのないものもありますが、水筒の場合は、難しいですよね。

どうしてもパッキン付きの物を選ぶとしたら、なるべく単純な構造で、パッキンを洗いやすい水筒を選ぶほうが良いと思います。

無駄に大きい物を買わない

どうせ買うなら!と思って、容量の大きい水筒を選ぶのは、コーヒー専用と考えた場合は×

なんでかと言うと、上の方で書いた通り、コーヒーの酸化の元は空気だからなんです

なるべく水筒の中の空気を少なくしておくと、コーヒーの酸化の進みが遅くなります。

なので、コーヒー専用水筒の場合は、大は小を兼ねない!なんですねー

山猫がおすすめするコーヒー専用水筒

「QAHWA」(カファ) コーヒーボトル

山猫も以前は、普通の魔法瓶タイプの水筒にコーヒーを詰めていたのですが、どうしても匂いや汚れが気になっていたのですよね。。

いろいろ探して出合ったのが今、使っているコーヒー専用水筒です。

CB JAPAN という会社が展開しているブランド「QAHWA」(カファ) のコーヒーボトルです。見た目がかっこいいですよね!このデザインだけで買ってしまいそうです。。

Qahwa(カフア)- Teflon™加工のステンレスボトル&タンブラー | 株式会社シービージャパン
コーヒーをおいしく「飲む・持ち運ぶ」ために。淹れたてのおいしさを保ちつつ、清潔で衛生的な内部テフロン加工のステンレスボトル&タンブラー「カフア」スペシャルサイト

一見普通の水筒に見えますが、じつはいろいろな部分でコーヒー用に特化しているのです

とりあえず蓋を取ってみます。この水筒は、蓋と本体の二つで構成されています。蓋もなるべく清掃のしやすいように単純な構造になっています。

今度は飲み口の方を見てみましょう。ねじ部分を見ると、普通のステンレスボトルのように見えますが、実は、ボトル内部はテフロン加工がされていて、においが付きにくくなっているのです。

そして、飲み口の部分は、樹脂製で多少幅のある素材になっています。ここが金属だと、非常に熱くて火傷をする可能性が出てくるのですよね!

ちなみにこの樹脂製のキャップは、簡単に外すことが出来るようになっています。

水筒内部が洗いやすいように、開口部はぎりぎりまで大き目になっています。水筒という形をとる以上、しっかりとパッキンを入れる必要がありますが、このカファのコーヒーボトルは、パッキンの数が最小限。なるべく単純にして、洗いやすいように工夫されているのですね!


シービージャパン 水筒 420ml 直飲み カフア コーヒー ボトル ゴールド QAHWA

保温能力もバッチリです!

「QAHWA」(カファ) コーヒータンブラー

カファの珈琲専用水筒には、タンブラータイプもあります。


シービージャパン タンブラー 蓋付き ステンレス カフア コーヒー タンブラー ブラウン QAHWA

社内などの室内の移動であれば、あえて水筒タイプの物を選ぶ必要はなく、タンブラーの方が良いという場合も多いと思います。

タンブラーなので、横にするとこぼれてしまいますが、その分構造は簡単になっています。

もちろん、容器内部はテフロン加工となっていますので、コーヒーの匂いが付きにくくなっているのですね!

保温性は、さすがに水筒タイプの方が上ですが、このタンブラーの保温性能も捨てたものではありません。

しっかりとお湯を入れた場合、、開始温度 95℃に対し 1時間後で79.5℃(約80℃)です。1時間たっても十分お湯なのはうれしいですよね。

まとめ

今回は、コーヒーを美味しく飲むための保温グッズを特集しました。

コーヒーが好きで、水筒に入れて持ち歩いている人であれば、コーヒー専用水筒はきっと気に入ると思います。

値段も、ネットで買えば、比較的安価ですよ。コーヒーボトルを買って、家で入れていけば、一杯 数十円でコーヒーを飲むことが出来るようになります。(高級豆を使ってしまうともっと値段が上がりますが、そのときはその時です!)

安いといってもコンビニコーヒーは100円はしますから、家で入れていったほうが節約になるし、ボトル代はあっという間にペイできてしまいますよ!

今回の記事はこれでおしまい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

~合わせて読みたい~

AGF のドリップオン(ドリップパック)コーヒー「ちょっと贅沢な珈琲店」にはまる
こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。 山猫の仕事中のコーヒーは、もっぱらドリップオン。(※ ドリップオンは、本来はKEYコーヒーの商品名のようなのですが、この言葉ほどイメージとピッタリ合っている用語も珍しいなと思います。昔の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました