なぜ今までなかったのか?見守り機能付き!こどもを守る安心11ac無線LANルーター DropAP!

ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(本記事の最終更新日は、2019年7月18日です。)

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。

子どもを持つ親であれば、子どもとインターネットとの関わり方が気になる人も多いと思います

年頃になれば、スマホや、パソコン、ゲーム機でネットにつながるのが当たり前になった現在、完全にネットを遮断するのも難しい状況です。

(それが出来れば良いのですが、スマホやゲーム機を持っていないことで、仲間外れにされたりいじめられたりしたらと考えると。。。絶対に持たせないというのは難しい気がします。。。)

また、最近話題のネットゲーム依存 やネット中毒。子供たちを取り巻く環境は、どんどん難解になって、親が手出ししにくい状況になっていますよね。

本当に難しい時代になったものです。。。

見守り機能を重視した、Wifi ルーターが発売されていた!

今までも、端末ごとの使用制限が出来るWifiルーターはあったのですが、だれが、どのくらい、どんなサイトにアクセスしていたのかわかるルーターは見当たりませんでした

(※ アクセス統計をとれるルーターはあった気がするのですが、普通の親が簡単に子どものネットアクセス状況を確認できるようなものではなかったと思います)

今回、山猫が見つけた、見守り機能重視のWifiルーターは、今までにない革新的な物なのです。それが、


【Blackloud】DropAP 多機能スマート無線LANルーター 子供見守り|インターネット利用状況|位置情報| 高速無線規格11ac (2.4, 5GHz) スマホ PC各機器対応(レッド)

Blackloudと言うのは、アメリカ合衆国のベンチャー企業みたいですね。でも、ちゃんと日本法人も設立されているようです。

Wifiルーターとしては、ほとんど知名度がないので大丈夫かな?という気もしますが、カタログスペックでは、先行メーカーに引けを取らない性能を実現しています。

DropAPのすごさは、子どもが安全にネットが出来るための機能が充実している点にある!

DropAP wifiルーターのセールスポイントの内、これは!と思った項目がこちら

 

1.簡単ペアレンタルコントロール機能 (保護者管理機能)

パパ・ママが安心できる機能が盛りだくさんです。子どもに見せたくないサイトをブロックしたり、子どもの現在位置(スマホを持っている場合)を特定出来たり、使用時間を制限出来たり、子どもとネットとのつながりを親がある程度コントロールできるようになります。

2.豊富なアクセス解析機能

子どもがどのようなサイトにいつアクセスしたか、簡単に知ることが出来ます。

また、子どもが良く使っているサイトやアプリ、使用時間などが、親のスマホで簡単にわかるようになっているのです。

この機能を使えば、少なくとも、子どもがWifi経由でネットにアクセスしている場合は、どのようにネットを使っているかわかるという事になります。

いろいろできるのはわかったけど難しくないの?

ネットのアクセス制限や、アクセスした場所がわかったり、とても便利なのは分かったけど、それを使うには専門的な知識が必要じゃないの

と思われる、パパ・ママは多いと思います。山猫は一応ITが専門なのですがそれでも最近の機器についていくのは大変になってきています。スマホをやっと使っているという方も多いのでは??

でも、安心してください

このルーターの良いところは、これらの設定を管理するアプリがとても良くできている点なのです。

ページが見つかりません。 - Blackloud Official Store

とっても簡単に、Wifiのアクセス環境が整えられるのが魅力的です。

また、ほおっておくとずっとネットにアクセスしてしまう子どもに対しても、あらかじめ、タイマーで使用時間を設定しておけば、それ以上使う事が出来なくなります。

スポンサーリンク

良くあるこんな時も対応可能です。

良く聞く話で、我が家でも良くある話なのですが、隠れてネットをしているのを見つけて、怒ると・・・「今、見始めたばっかりでまだ5分もたっていないよ!」とかいう言い訳を聞かされます。いや、状況から考えて嘘だというのはすぐわかるのですが、、証拠がないので言い逃れ出来てしまいますよね。。

でも、このルーターを使うと、だれが何時何分からネットのどのサイトにアクセスしたかわかってしまいますので、子どもの嘘をすぐに見破ることが出来るのです

まあ、それをもとに詰問するかどうかは、判断のわかれるところですが、、

スマホを使わせる前に、子どもに使用時間や使うアプリの約束をさせて、その約束が守られているかどうかチェックする手段を持っているんだよ!と子どもに伝えることで、抑止力を発揮する。という使い方にしたいですね。。

あまり、証拠があるぞーと言って、子どもを追い詰めたくはないなあと山猫は考えています。

いずれにしても、ネットの使い過ぎやスマホ中毒が問題になっている今だからこそ、保護者が適切にネットを管理するすべが必要ではないかと山猫は思います。

この、見守り機能付きWifiルーター お子様のいる家庭は購入の検討をする価値大ですよ

 

DropAP スマート無線LANルーターの問題点

このルーターだけの問題ではないのですが、せっかく、LANルーターでいろいろな制限などを加えても、スマホを電話回線(4G LTEなど)でつなぐと、Wifiを使いませんので、管理できません。

なるべく、契約容量を下げて、Wifiを使うようにするなど、対策が必要になるかもしれませんね。

以上 最後までお読みいただきありがとうございました。

~合わせて読みたい~

iPhone や Android スマホ。みんなコネクタが違いますよね!USBやLightning 充電用ケーブルを一本にするアイデアがあった!
Android系スマホで使われている、Micro-USBやUSB-C アップル系で使われているLightning 。 家族や友達のスマホを充電したくても、コネクタの形が違うと充電できません! 今回紹介するのは、コネクタの変換アダプタ付きの充電ケーブル。アダプタはつながっているのでなくす事もありません!
今や常識となった、無線LAN (Wi-Fi) !でも、家のWiFi が全然使えない!と嘆いている声がたくさん聞こえてきます!なにか対策はあるのでしょうか?無線LANその[1]
最近は、家に無線LANが引いてあるのが当たり前になりましたね!家族全員がスマホを持つようになると、日々の通信費が大変な事に。。家に高速の無線LANを引けば、通信料も割安にできますよね! でも、ご家庭の無線LAN 、家の隅々まで安定して使えてますか??実は、無線LANの電波は思ったより飛ばないのです!
タブレットを使った通信教育「スマイルゼミ」を3年使った感想を出来るだけ詳しくお伝えします!
今日は、子どものタブレット端末を使った通信教育について。。我が家では、3年ほど前からスマイルゼミとい通信教育をやっています。 実際スマイルゼミを使ってみた感想や機能のご紹介をしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました