2019-04

お得情報

これはほんとにびっくり!サンコーの「びっくりお風呂洗濯板」は有り得ないほどよく汚れが落ちる優れモノなんです!

今回の話題は、お風呂にひいて使う洗濯板?のような物。見た目は台所スポンジの親玉みたいな感じですが、とにかくこの洗濯板が強力なんです!襟首や袖のしつこい汚れも、どんどんキレイにしてくれる魔法の洗濯板なんです。 とにかく、一度使ってみてほしい!山猫のおすすめです。
ガジェット

文房具!子どもにはじめて持たせる「カッター」は安全性にこだわった「オルファ キッター」がおすすめ!

ハサミと並んで、紙や物を切る必需品が、「カッター」ですよね!一度使い方を覚えてしまったら、なかなかカッターのない世界には戻れない、便利なアイテムです。でも、カッターは刃が出ているので小さな子どもに与えるのはかなり怖い! でも、カッターの使い方は覚えてほしい!そんな願いにこたえるのが、オルファのキッターなんです。
ブログ運営

山猫の雑記ブログ 「200記事到達!!」WordPressで始めた雑記ブログ。開始5か月目で200記事到達です!

山猫の興味がある事を、特に分野を絞らずに記事にしている「山猫の雑記ブログ」そのおかけでカテゴリー分けが大変な事になっていますが。。そんな山猫の雑記ブログもようやく200記事。雑記ブログは、カテゴリーが多いため一つ一つのカテゴリーの密度は、特化ブログにはかないません。という事は、全体の記事数をもっともっと増やさないと勝負にならないという事。 このブログはスタートラインを300記事。目標を1000記事に置いています。
名所案内

静岡県磐田市 奈良時代のお寺「遠江国分寺跡」を見学しました!2019年4月6日(土)

かつて日本中に建設されたと言われる国分寺。その歴史は古く奈良時代に建設された物だそうです。国分寺は全国に作られましたが、なんといっても1000年以上前の話。建物はおろか遺跡が残っている事も珍しいそうです。今回訪れたのは、静岡県磐田市にある「遠江国分寺跡」。今は公園になっている遺跡を出来るだけ詳しくレポートします。
名所案内

静岡県磐田市の名家「旧赤松家(旧赤松家記念館)」を見学してきました。2019年4月6日(土)

今回ご紹介するのは、静岡県磐田市にある名家。赤松家の屋敷跡です。造船の専門家にして、海軍中将だった、赤松則良さんのお屋敷跡になります。建築は洋風のレンガ作りと和風の建物が融合したとても面白い物。特に、いろいろな方式で積まれたレンガ作りの建物に注目です。収蔵品も目を引く物ばかり、ぜひゆっくりと見学してほしい素敵な建物です。
ガジェット

節電の第一歩は現実を把握する事!使っている電気の量が一目でわかるワットチェッカーが大進化!ものすごく便利になってます!

今使っている電化製品が、どれくらい電気を使っているのか? まずは消費電力を知ることが節電への第一歩。これが分からないと、何から対策を打っていいかわからないですからね!この記事では、ACコンセントにつながっている電化製品の商品電力を測る事の出来る機械をご紹介しています。
ガジェット

オフィスでもお昼に一人前のご飯が炊ける!? サンコーの「お一人様用 ハンディ炊飯器」が優秀すぎる!

なんだかお一人様グッズと聞くと、ちょっと寂しい気持ちにもなるのですが・・・今回ご紹介するお一人様用炊飯器はかなり使えます!最大の特徴は、ご飯を炊きつつ、おかずの温めや調理ができるという点。ちょっとほかには見当たらない面白い商品なんです。
静岡県東部-伊豆

静岡県賀茂郡松崎町、伊豆に残る最古の小学校校舎「岩科学校」を見学してきました。2019年4月3日(水)

静岡県伊豆地域 賀茂郡松崎町に残る、古い小学校「岩科学校」。明治初期に建てられた木造の校舎は現在はほとんど残っておらずとっても貴重な建物です。伊豆にご旅行の際は、ぜひ「岩科学校」に立ち寄ってみてください。この記事では、駐車場やトイレなどの付属施設を含めて、岩科学校をなるべく詳しくレポートしています。
お得情報

大皿の料理を取り分ける時、お箸をひっくり返して逆に持っていませんか?逆さ箸はマナー違反なんですよ!

大皿料理を取り分ける時についやってしまうのが、お箸をさかさに持つ、逆さ箸。なんとなく自分が口を付けた所で取り分けるのはいけないのでは?と思ってしまいますよね。。でも、実は逆さ箸もマナー違反。なぜマナー違反なのか、調べた結果を記事にしました。
料理・家事・食べ物

「自立するしゃもじ」に感動した山猫ですが、さらに進化した「自立しちゃうしゃもじ」を見つけちゃいました!

今日のお題は、自立するしゃもじ。でもただ自立するだけじゃないのです。今までの自立するしゃもじは、しゃもじが立つように、角度を気にしながら台に置く必要があったのですが、、この自立するしゃもじは違います。!なんと勝手に立つしゃもじなのです。