部屋の中はエアコンで快適!でも外の温度や湿度が知りたい時はないですか?屋内も屋外も同時に温度や湿度が測れるすごい温湿度計をご紹介!

ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(この記事の最終更新日は、2019年8月29日です。)

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。(@yamaneko_solar

今回ご紹介するのは、部屋の中の温度や湿度と外の温度や湿度を同時に測ることができる温湿度計です。

部屋の中は暖房や冷房で快適!でも外の温度は??寒い?暑い?

最近は、エアコン完備の家が多くなってきましたね!屋内の温度は一年中ほとんど変わらない全館空調の家も増えてきました

そうなると気になるのが、屋外の温度。家の中にいると、今日が暑いのか、寒いのかわからなくなってしまうのです。

人間ですから、当然外出をするわけです。その時家のドアを開けて、あまりの寒さ、暑さにびっくり!となってしまってはいけません。

事前に家の外の状況を知っておかないと、どんな服を着ていけば良いのかも分かりません。

また、温度だけでなく、湿度の情報も重要。家の外と、内の湿度を知ることで、窓を開けてもいいのかどうか判断したり、除湿器や加湿器を動かしたり、止めたり。

家の中の温度だけ測っていてもわからない情報を外の温湿度計がもたらしてくれるのです。

スポンサーリンク

でも、外の温度計をわざわざ見に行くのは・・・

では!と思って外に温湿度計を設置しても、それを見に行くために家の外に出るのだったら、あまり意味はありませんよね。外に出た瞬間に大体の事は分かってしまうわけですから。。。

つまり、家の中にいながらにして、外の状況が分かるような機械が必要なわけです。

ひと昔前は、有線で外の温度を測れる温度計が売っていました。

昔から外の温度を測りたいというニーズはあって、家の中から、温度計が付いたコードを外に伸ばして、外の温度が測れる温度計が売っていました。

でも、これだと、長いコードが邪魔になってしまうのですよね。それに、屋内用、屋外用の温度計の設置位置も結構制約が、、どうしても、窓の近くに室内機、室外機を置く必要がありますからね。

という事で、正直使い勝手はあまりよくありませんでした。

今は、無線で温湿度情報をやり取りする機械が売られています!

最近は、温度だけでなく、湿度や気圧などの情報もゲットできる、見た目のかっこいい温湿度計が売られています。しかも、室外機とは無線で通信するので、室内機、室外機の配置も自由自在なのです。

その中でも山猫がおすすめしているのが、この温湿度計!


SUNOKY デジタル 温度計 湿度計 温湿度計 室内外LCD大画面温湿度計 アラーム カラフル 外部センサー 卓上電子温湿度計 気象計 気圧計 置き掛け両用 熱中症 ホーム 健康管理

デジタル表示の時計と温湿度計、気圧計など、とにかく機能満載なんです。

外の温度を測るためのセンサが付属しているので、これを雨の当たらない軒下(日陰に置く必要あり)に付けてあげれば準備OK あとは、自動的に外と内の温度や湿度を測定して、画面に表示してくれます。

また、気圧計が付いているので、気圧の変化から今後の天気を予測する機能も。。。

まあ、天気は、気圧計の動きで予測しているだけなので、信頼性が高いわけではありませんが、意外と当たっているなと感じます。

理科の学習にも最適ですよ!

この温湿度計は、内と外の温度、湿度をはかれるだけでなく、気圧を表示させたり、天気の予測ができたり、理科的な興味を満足させるアイテムとして、かなり優秀。

毎日、気温や天気の話をするだけで、子どもたちの知的好奇心を刺激するというメリットもあります。

まとめ

今回は、家の外と内の温度や湿度を測り、大画面に表示できる、デジタル表示の温湿度計をご紹介しました。

山猫が使っているタイプは、外の温度が1チャネル 内の温度が1チャネルのタイプですが、

外の温度が3チャネル測定できるバージョンも


温度湿度計 LCD デジタルワイヤレス 屋内/屋外温度計湿度計 最大湿度表示温度トランスミッタ付き

本体で1チャネル測れるので、合計4チャネル分の温湿度が表示できます。

各部屋に子機を置いて、各部屋の温度を測ったり(目的が不明ですが。。)ビニールハウスや倉庫の温度を測るような用途にも使えそうです。あとは、小さい会社でしたら、各部屋の空調の状態を把握(監視?)したりできそうですね!

以上今回は、デジタル表示がかっこよくて物欲をそそる、多機能 温湿度計をご紹介しました!

 

見ているだけで面白いし、学校の勉強にもつ使えるいいアイテムですよ!

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

~合わせて読みたい~

雨や風、雷、台風、天気に関する記事をまとめました!
このブログでは、理科好きの管理人が書いた、「天気」ネタの記事がいっぱい! この記事は、そんな、天気に関する記事のまとめとなります。
荷物が詰まった押入れやクローゼットは、「カビ」が発生しやすい条件がそろっています。サーキュレータで手っ取り早いカビ対策が出来ますよ!
今回は、押し入れの中の湿気対策。荷物が沢山詰まった押し入れは、カビが生えやすい場所。。特に北側の寒い部屋にある押し入れはとっても危険なんです。この記事ではサーキュレータ―を使って、押し入れの中の空気を攪拌する方法を特集しました!
熱中症対策!黒い球の温度計。携帯できる黒球温度計で熱中症を予防しましょう!
毎年、夏になると、熱中症で倒れる人が続出。本当に最近の夏は暑い!35℃以上の表示を見ても驚かなくなってしまいましたからね! こんな、暑い夏に活躍するのが熱中症を予防するための温湿度計。しかも最近は、地面から反射される熱まで計測できる、黒球式温度計が超コンパクトになって、持ち運びができるように改良されているのです。
子どもへのプレゼントにどうですか?自作もできる「スターリングエンジン」は理科の要素が盛りだくさん!
スターリングエンジンって知っていますか?ガソリンなどの燃料を燃やすエンジン(内燃機関)ではなく、外部の熱源を利用したエンジンなんです。なんでこんなエンジンが回るのか、謎が謎を呼ぶ不思議な機械。 子どもへのプレゼントにも最適です。お湯を入れたコップの上に乗せるだけで、勢いよく回転するスターリングエンジンを見れば、興味を持ってくれること請け合いです。
じめじめの季節!「湿度100%」になったら洪水になっちゃうの??
今回は、理科のお勉強回です。雨の続く季節になると、湿度が急上昇しますよね!80%90%は当たり前!では、100%になったらどうなるのでしょうか?空気が水になって、大変な事に!!とはならないので安心してください! この記事では、水と湿度の関係を解説していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました