大雨対策!防災用しっかりとしたレインコートを準備すべし!選び方とおすすめ品のご紹介

ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎年雨の季節になると、、災害への備えを見直さないとなあと思う山猫です。

さて、今日の話題は大雨の時の必須アイテム「レインコート」です!

もちろん、避難グッズはほかにもいろいろ必要なのですが、、、レインコートを軽視しているお宅が多いなあと感じるのです

もちろん、大量の避難グッズが必要なわけですから、レインコート(雨合羽)はなるべくコンパクトで、簡単な物が良いと考えるのもわかるのですが、、、

薄いビニールのポンチョ。本当に大雨の時役に立ちますか?

防災セットを買うと入っているのは大体↑のようなレインコート(ポンチョ)。もちろん防災セットによってはもっと良い物が入っていたり、そもそも入っていなかったりするわけですが、、

この手の雨合羽は、大雨の中の作業や避難では「完全に力不足」なんです。

大雨の時の避難。大切なのは「濡れない事」

ちょっと想像してみるとわかるのですが、、大雨でずぶ濡れになると、そのあとが困ります。

平時であれば、ずぶ濡れになっても、暖かいお風呂やシャワーを浴びて、新しい服に着替えればよいわけですが、、災害時は違います。

そのまま、濡れた服で一晩過ごさなくてはいけないかもしれないのです

これ、想像しただけでかなりきついと思いませんか? 暑い季節であれば、まだ何とかなるかもしれませんが、、寒い季節にずぶ濡れになりながら避難したら、、そのあと大変な事になるのは目に見えています。

では、防災用のレインコートに求められる性能は何でしょうか?考えていきたいと思います。

防災用レインコートに必要な性能!

この記事では、大雨が降っている状態での避難や、屋外での作業に適したレインコート(雨合羽)を考えたいと思います。

1.しっかりと全身をカバー ポンチョタイプは、下半身が濡れます。

まず第一に考えなくてはいけないのが、頭の上から足元までしっかりとカバーしている事。コンビニなどでも売っているポンチョタイプは、基本、足はカバーしていないので、靴やズボンは濡れてしまうのです。

もちろん。弱い雨であったらポンチョタイプで良いのですが、、、そもそも弱い雨だったら避難する必要もないのです。

いろいろな状況があって、100円ショップのレインコートでも役に立つ場合もあるかもしれませんが、いろいろな状況にまんべんなく対応するためには、しっかりと全身をカバーするレインコートをお勧めします。

2.雨を防ぎ、汗を放出する。透湿性能が悪いレインコートは濡れていないのにびちょびちょに。。。

レインコートの大事な性能は、防水性・・・どれくらい雨などの水を通さないか!?という性能です。防水性の弱いレインコートは論外。。だって水が入ってこないように着ているのに、水が簡単にしみてしまうレインコートでは意味がないですよね。。。

そしてもう一つ大事なのが、「透湿性能」。

これは何かと言うと、汗など、体から出てくる水分を外部に放出する機能なんです。

この透湿性能が良くないレインコートを着ていると、雨は防いでいるはずなのに、服はびちゃびちゃという悲惨な事が起こるのです。

汗が出ても、レインコートの外に出て行けず、レインコートの内側に溜まってしまった状態なのです。

これでは、何のために、レインコートを着ているかわかりませんよね。。

でも、透湿性能と防水性能の両方を持っている繊維?(布?)は作るのが難しい。だって、

防水:水分が入ってくるのを防ぐ

透湿:水分を外に出す

という相反する二つの要素を実現しなくてはいけないからです。

防水透湿素材として有名なのが、ゴアテックス (Gore-Tex)。非常に性能の高い防水透湿素材です。

なんと発表されたのは1976年(結構古いですね。。。)今でも超高性能の防水透湿素材として、登山用品などに使用されています。

ちなみにゴアテックスの性能は・・・

耐水圧は 45,000mm 以上

透湿性は JIS L1099B-2 法で測定され 13,500g/m2/24hrs

というとんでもない値。。なかなかゴアテックスを超える性能の素材は出てきません。。

じゃあ、ゴアテックス (Gore-Tex)を使ったレインコートを買えばよいのか?とお思いになる方もいると思います。もちろん、ゴアテックスの雨合羽を買える方は良いのですが、、

正直、ちょっとお高いのです。

登山が趣味で、何日も山にいますよ!という方にはおすすめですが、防災用としては、ちょっとやりすぎな感じがします。。。。

3.色は目立つ方が良い。雨の夜の避難では、どこにいるかわかることがとっても大事。

防災用のレインコートは、色も大事!とにかく目立つ色が良いと思います。

災害時の避難は、視界が良い場合ばかりではありません。少しでも目立つ色であれば、動いているだけで、遠くから視認できますので、とにかく目立つ色をお勧めします。

でも、いくら目立つからと言って、「オレンジ色」を選ぶのはちょっと避けた方が良いかなと言うのが、山猫の意見。

だって、「オレンジ色」のしっかりしたレインコートを着ていると、消防関係の人に間違われそうですからね。。

山猫がおすすめする雨合羽(レインコート)

では、今まで上がった3項目に注意しながら、山猫が選んだのこのレインコート


フナハシ 安全レイン イエロー LL 超軽量 透湿 レインウェア 《胸、背中、脚、腕に反射材付き》

反射材をこれでもか!というぐらいちりばめて、視認性を高めています。

このレインコートの特徴は・・・

・目立つ色を中心に5色展開

・サイズは、なんと13種も!!いろいろな体形、身長の方に対応しています。

・耐水圧は、10000mm。これだけあれば、かなりの強雨でも水がしみてくることはありません!

・透湿度は2000g/m2・24h  ゴアテックスに比べると透湿度は少なく感じてしまいますが、これだけの透湿度を持っていると、透湿性のないレインコートとの差は歴然。このレインコートの価格を考えると、かなりコストパフォーマンスが高いと山猫は考えています。

・これだけの性能で、価格は、6000円~7500円(2019年7月アマゾン価格)。レビューも良い評価が多い所を見ると、このレインコートを気に入っているのは、山猫だけではないようです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、主に防災に役に立つレインコートをご紹介しました。でも、別に防災用だけでなく、普段の生活に使っていただいて全く問題ない。。むしろ使ってほしい品質です。(平時ではちょっと目立ちすぎますが、雨の日は視界が悪いですからね。。安全のためにも目立つ色がおすすめです。)

サイズもかなりの種類がありますので、家族全員の分を準備しておくことをお勧めします。

~今回ご紹介した商品はこちら~

以上最後までお読みいただきありがとうございました!

~合わせて読みたい~

キャンプ、バーベキューに最適!風に強いカセットコンロは、アウトドアの強い味方です!
今日は、キャンプやバーベキューで大活躍!風に強いカセットコンロや、カセットガスを使ったトーチバーナーなど、アウトドアで便利に使えるグッズをご紹介します。 風に強いカセットコンロは、屋外での調理に大活躍!もちろん防災用としてもおすすめできます。
アウトドアや防災用に・・・今、超大容量のバッテリーとソーラー発電機が売れています!
備蓄の難しい電気。実は災害時の必需品なのです。スマホの普及に伴って従来の電池による備蓄では力不足になってきています。今回ご紹介するのは、家族全員のスマホや充電式ランタンを余裕をもって充電できる、大容量のポータブル電源と、ポータブル電源を充電するためのソーラーパネルをご紹介します。
アウトドアの「蚊」対策!USB充電式の電撃蚊取り器が超おすすめ!なんとランタンにもなっちゃいます!
夏の「蚊」対策グッズはいろいろ売られていますが、出来れば、薬剤を使わない、人間やペットに害のない物を使いたいですよね! 今回ご紹介するのは、USBで充電できる、電撃式の蚊取り器です。充電式なので、屋外で使う事も出来る便利商品なのです。 しかも、紫外線でおびき寄せて、電気でやっつけるので、薬剤に敏感な子どもでも安心です。
夏の雷の季節が来ましたね!家の電化製品の雷対策はお済ですか?雷サージ対策まとめ記事です!
今回は、雷から家電を守るためのグッズのご紹介。雷って嫌ですよね。。光と音は怖いし、電化製品を壊してしまうし。。 この記事では、雷が直撃したわけではないのに電化製品が壊れてしまう理由と対策をお伝えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました