度肝を抜くタイトル「13歳の娘に語る、ガロアの数学」もう、パワーワード過ぎて、何が何だかわかりません!

書評
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。

今回は、図書館で偶然見つけてしまったこの本のご紹介。

最初に見たときは、何が書いてあるのかわかりませんでした。

ガロアの数学とは、1830年代の数学者「エヴァリスト・ガロア」のガロア理論の事

ちなみに、ガロアの数学と言うのは、代数方程式や、体の構造を”ガロア群”と呼ばれる群を用いて記述する理論で、1830年代の数学者、「エヴァリスト・ガロア」の研究が由来になっている理論なのです。

ほら、ここまで書いたら、このガロア理論、普通に数学を学んできた高校生や大学生でも理解できそうもないでしょう??

このブログを書いている山猫は、一応、理系の大学を卒業しているのですが、このガロア理論は、参考書を開くだけで吐き気がするくらい、意味が分からないもの・・・

もう、こんな難しい理論は、数学者に任せておけば良いと思っていたのですが、、、

この本には、こう書いてあるではないですか!

「13歳の娘に語る!!!!」「ガロア理論!!!!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いや、むりでしょ・・・と思いつつ、もしかしたらあの難しいガロア理論が、私にもわかるように書かれているのかも。。。と思って手に取ってみました。

13歳の娘に語る ガロアの数学

著者の金重明さんは、、経歴だけ見ると、数学の専門家というわけではなさそう。。翻訳本の他には、歴史関係の著作が沢山ある方です。

これだけ難しい本を出版するのですから、どこぞの大学の数学博士みたいな方を想像していたのですが、どうも違ったようです。

この本は、実際に金さんの娘さん(著作時に13歳つまり、中学1年生だった)に向けて書かれた本。

実際に本を読んでいくと、金重明さんと娘さんの会話形式で物語を進めていく感じです。

そう!この本は数学本ですが、物語本のような体裁をとっているのです。

そもそも、中学1年生って、2次方程式を習ったぐらいの年齢。この年齢の子どもにどうやって、高度な数学理論を教えるのか?

それが、この本のポイント。数学嫌いな山猫でもなんとか最後まで読むことが出来ました。(理解出来たとは言っていない。。)

でも、今まで、「何を言っているのかさっぱりわからない」という感覚だったガロア理論が、ほんのちょっとですが頭に入ってきたのは大きい!

この本は、中学生に向けて書かれた物ですが、多くの大人が読んでも全く問題はありません。というか、どちらかと言えば大人向けのほんだなあと思います。

頭が固くなって、新しい物が取り入れにくくなっている大人にこそ、おすすめしたい一品です!

実はこの本以外にもあるのです。

同じ著者が書いた、13歳の娘へ・・・シリーズはほかにも2冊あるのです。

思わず、「知らんがな!」と叫びたくなってしまうこの本!

中学生や高校生の生徒さんだけでなく、もうしばらく数学にかかわっていなかった人にもおすすめできますよ!

以上最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

~合わせて読みたい~

忙しい人のための「三国志」!なんと、あの三国志が一冊の漫画本になっているのです!ジェットコースターのように話が展開していきます!
今回の話題は、三国志の漫画・・・と言っても横山先生が書いたあの三国志ではありません。なんと長い長い三国志の話が1冊の漫画本に!ほんとにそんなことが出来るのか?と思って読んでみたら・・・なぜか出来た!! ジェットコースターのような、三国志、忙しい方にもおすすめです!
百人一首を覚えるのなら、丸暗記ではなく歌の意味や背景を知っておいた方が覚えやすいですよ!
百人一首って覚えにくいですよね。。昔の文章(歌)と言うだけで、ものすごく敷居が高い! でも、一首一首の歌がどのような状態で、どんな人が歌ったのかを知ると、急に親近感がわいてきます。 そうか!百人一首を読んだ人たちも同じ人間だったんだ!という極めて当たり前の事に気づかされました。。。
これから自動車の免許を取る人に読んでほしい。元F1レーサーの中嶋悟が書いた車を運転するための教科書「中嶋悟の交通危機管理術」
今回の記事で紹介する本は、元F1レーサーの中島悟さんが書いた「中島悟の交通危機管理術」。私が、自動車の免許を取った時に偶然読んだ本なのですが、一般的な自動車教本とは明らかに違う合理的な内容に目から鱗が落ちる思いでした。 かなり前の本なのですが、今でもこの本を超える自動車教習本には出合っていません。。。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました