~ヤマクニ水産 ひもの食堂のご紹介~魚の街「静岡県焼津市」の「焼津さかなセンター」でとびきり美味しい「ひもの定食」を食べる!

名所案内
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。(@yamaneko_solar
今回取材したのは・・・静岡県焼津市にある巨大な魚市場、「焼津さかなセンター」の中にある定食屋さん!

その名も「ひもの食堂」です

そもそも「焼津さかなセンター」ってどんな所?

地元では、知らない人はいないくらい有名な、「焼津さかなセンター」ですが、、地元の人以外では知らないのが当たり前。。という事で、焼津さかなセンターについて、ちょっと解説・・・

と言っても、山猫は、魚は好きでも、さかなセンターについては詳しくないので、wikiより引用させてもらいます。

1985年(昭和60年)10月、それまで卸売市場として機能していた「焼津食品卸センター」の隣地に建設され開場。運営は焼津市と、入店する各店舗および組合によって設立された第三セクター「株式会社焼津水産振興センター」が行なっている。

施設内には約70店舗が入居しており、水産物の他に静岡の名産品なども販売されている。またレストランやファーストフードなどの飲食施設、焼津信用金庫さかなセンター支店もある。

※ウィキペディア(Wikipedia)より引用

もともと、焼津市は漁港の街。もともとは遠洋マグロ漁船の基地だった焼津ですが、現在は、近海漁業にも力を入れています。

マグロの水揚げ量は、日本全体の1/3くらい。日本一の水揚げ量を誇っています。

山猫は、子どもの頃から、魚センターをうろうろしているのですが、、ずーとにぎわっているというイメージですね。休日ともなれば、観光バスがひっきりなしに出入りして、沢山のお客さんでにぎわっている。活気のある市場なのです。

スポンサーリンク

焼津さかなセンターへの行き方

焼津さかなセンターは、東名高速道路、焼津ICのすぐそば。

※新東名高速道路ではなく、東名高速です!新東名高速道路で来た場合は、藤枝岡部ICで降りてからしばらく走る必要があります。

住所:〒425-0091 静岡県焼津市八楠4丁目13-7
営業時間 9:00~17:00

毎週水曜日は、縮小営業で、たまに臨時休業があるみたいなので、お出かけの際は、公式HPを確認してからの方が安心です!

駐車場は、自家用車600台分が準備されていますが、休日は駐車場がいっぱいになることも珍しくありません。。かなり遠い駐車場に誘導されてしまう事も。。。

焼津さかなセンターの情報は、以下の公式ページをご覧ください。

焼津さかなセンター | 焼津の海の幸、特産品、お食事
新鮮豊富な海の幸が盛りだくさん!!焼津のまぐろ、かつおを食べるなら、焼津さかなセンターへ!焼津港・小川港・大井川港直送!70店舗が集結!大食堂完備、焼津の特産品(黒はんぺん、かつお節等)もあります!

山猫がおすすめする「ヤマクニ水産」の干物

焼津さかなセンターには、70店舗の店が入っています。

もちろん、一口に魚屋と言っても、マグロなどの鮮魚を得意とするお店や、干物(ひもの)を得意とするお店など各店特色があって面白いのです。(70店 全部同じものが売っていても、買う方は楽しくないですよね・・・)

いろいろなお店がある中で、山猫がおすすめしているのが、「ヤマクニ水産」という、干物のお店。

なんだ、、ひものかあ!と思う人もいると思いますが、とにかく、「ヤマクニ水産」のひものは普通じゃない!

スーパーに売っている「ひもの」とは明らかに違う!めちゃくちゃ美味しい干物を売っているお店なのです。

実は、ヤマクニ水産については、別の記事で特集していますので、興味のある方は↓の記事をご覧ください。

魚の街「焼津」の中心「焼津さかなセンター」に無添加にこだわった、とびきり美味しい干物屋さんを見つけました!
今日の話題は干物!実はものすごく珍しい、化学的な薬品を使っていない「ひもの屋」さんの紹介です。静岡県焼津に店舗もありますが、通販もやっていますので、全国どこからでも注文することが出来ますよ!ぜひお試しください!

やっと、ここからが本日の本題!

山猫が大好きな、ヤマクニ水産の、直営、ひもの食堂が、焼津さかなセンター内に出来たのです。

食べられるのは、当然、ヤマクニ水産の干物。

この、おいしい干物を炭火で焼いた定食を食べられるお店!今日は、ヤマクニ水産「ひもの食堂」を、しっかりとレポートしたいと思います!

「ひもの食堂」への行き方

ヤマクニ水産の「ひもの食堂」は、さかなセンター内にあるのだから、行き方の解説なんていらないのでは?と思う人もいると思います。

実際、さかなセンターの案内図を見ると。。。

右上の方に、ひもの食堂の文字が、、(オレンジで〇をした部分)

ちなみに、ヤマクニ水産のお店(ひもの販売店)は、左下の青で〇をした部分です。。

この図を見ると、ひもの食堂は、さかなセンターの並びにありそうな気がするのですが。。。

実はちょっと離れているのです。では違う地図で見て見ましょう!

この地図は、yahoo地図の、さかなセンター周辺を加工したもの。向きは先ほどのさかなセンター案内図と揃えてあります。

下側にある大きな太線の四角が、さかなセンターの建物。

一方、「ひもの食堂」はと言うと、、右上の細い建物群の中の一店なんです。

途中に、観光バス用の駐車場や、一般車が走れる道路があるので、さかなセンターから、「ひもの食堂」は直接は見えない。そんな位置関係になります。

ひもの食堂に行くには、観光バスが止まっている駐車場を抜けて、数分歩く必要があるのです。

※ さかなセンターの建物は、出入り口が沢山あるので、出口を出て・・・とは説明できないのです。

観光バスが止まっている駐車場とは、案内図では「観光バス駐車場(25台)」の方角になります。

観光バスが止まっている駐車場を抜けて、右の方に歩いていくと、お食事処が並んでいる場所が。。目指す、ひもの食堂はこの先に(オレンジで〇をした所)にあります!

「ひもの食堂」レビュー

ようやく、「ひもの食堂」のレビューが始められます。。。

入り口の看板には、本日のおすすめ(日替わりメニューが)

甘鯛の干物!!!!!美味しそうですねえ。あとは駿河湾で獲れるキンメダイの干物。

今日の日替わりはこの2品ですが、それ以外にも、アジやサバなど定番のひもの定食や、珍しい、タラや、のどぐろの干物。太刀魚の干物があることも。

おさかなにも旬がありますので、どんな種類の干物があるかは行ってみてのお楽しみです!

素材へのこだわり

 

このヤマクニ水産の「ひもの食堂」のすごい所は、炭火で焼かれた、ほくほくアツアツの干物だけではありません。

ごはんや、味噌、付け合わせの野菜なども、最高の物を使っています。

・お米・・・静岡県藤枝市産、無農薬、あいがも農法で作られたお米を使用
・味噌・・・無農薬大豆で長い時間を掛けて作った本物の味噌。
・野菜・・・地元の無農薬野菜を使用
・鰹節・・・手火山造りという昔ながらの技法を今に伝える「やまじゅう」さんの鰹節を使用

山猫も知っている生産者さんばかりなのですが、、どの方も、手間ひまを掛けて真剣に野菜やコメ、鰹節を作っている人ばかり。

ここまで、信頼できる定食屋さんって、ちょっと他には思いつかないですね。。。

という事で実際に食べてみました!

勢いあまって、写真を撮る前に食べ始めてしまいました。。。

ちょっと干物が崩れているのはそのせいです。今回はアジサバの干物定食を頼みました。

もともと、美味しい干物なのですが、、ひものって、炭火で焼くとなんであんなに美味しいんでしょうねえ。。中まで、アツアツ、ほくほく。とっても美味しい干物でした。

定食は、干物の他に、ご飯と、味噌汁。季節の小鉢が2つ付いています。

価格は、頼む干物によって違いますが、アジやサバの干物の場合は、900円~1000円くらい。(日によって変わるのかな?)

キンメダイや、アマダイなど、高級な干物の場合は、1500円前後のようです。

お米や、味噌汁も申し分なく美味しい。この材料をこれだけ丁寧に調理して、

しかも、キンメダイや甘鯛など、高級な干物を炭火で焼いてもらって、この値段。。

ちょっと有り得ないほど安いと思いますよ

店舗情報

 

住所:425-0091 静岡県 焼津市 八楠 4-13-7
焼津さかなセンター内
営業時間:11:00~14:00(ランチのみ営業)
定休日:水曜日
電話 :054-626-8400
2019年9月現在の情報です!
定休日が水曜日という事と、営業時間がちょっと短い!PM2:00まで!というのが注意ポイントです。
営業時間など、今後変更があるかもしれませんので、最新の情報は公式ページをご覧ください!
https://yamakuni-himono.com/

まとめ

焼津さかなセンターに観光で来る人は、海鮮丼を目当てにしている人がほとんど。まあ、新鮮な魚介類が食べられるのも、焼津の魅力ですから、それはそれで良いのですが、、

実はここでしか食べられない、ひもの食堂の「ひもの定食」

山猫のおすすめです!!

以上最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

~合わせて読みたい~

魚の街「焼津」の中心「焼津さかなセンター」に無添加にこだわった、とびきり美味しい干物屋さんを見つけました!
今日の話題は干物!実はものすごく珍しい、化学的な薬品を使っていない「ひもの屋」さんの紹介です。静岡県焼津に店舗もありますが、通販もやっていますので、全国どこからでも注文することが出来ますよ!ぜひお試しください!
静岡県焼津市にある山間の集落「花沢の里」を出来るだけ詳しくレポートします!2019年4月20日(土)
今回訪れたのは、静岡県焼津市にある「花沢の里」古い街道沿いに広がる小さな集落です。 都会の喧騒から離れてしずかな時間をすごしたいのなら最適な場所。歴史的な価値が高いというのも重要なポイントなんです!
静岡名物、丸子(まりこ)の「とろろ汁」について、出来るだけ詳しく調べてみた!
(2019年10月30日更新)静岡県静岡市にある、東海道の鞠子(丸子)宿。江戸時代からこの地は「麦とろ(とろろ汁)」が名産。今回は、丸子のとろろ汁の歴史と、江戸時代から続く、とろろ汁の名店「丁子屋」さんの実食レポート記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました