ブロガー名刺を作ろう!今ならWebサイトで簡単注文、可愛くて格安の名刺を作ってみた!

お得情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。(@yamaneko_solar

このブログを書いている山猫は、一応本業と言える職業はあるのですが(そちらも自営業)、、

最近は、ブロガーやフリーライターでの収入も増えてきて、もはや何が本業で何が副業なのかわからない状態。。。

子ども猫
子ども猫

全部、副業なんじゃないの?

山猫
山猫

・・・それは言わない約束だよ・・・

という事で、ブロガーやライターとして、人に会う機会も増えてきました。

そこで、問題になったのが「名刺!」なんです

本業?は堅い仕事なので、家のパソコンで、文字だけの名刺を作っていたのですが、、

ブロガー名刺としては、文字だけの名刺は、ちょっと味気ないし印象に残りにくい。。。

という事で、今回、ブロガー+ライターの名刺を作ってみる事にしました。

今回名刺を作るにあたって意識したのが・・以下のポイント。

・とにかく安く作れること!
・専用ソフト(イラレとか・・)が無くてもデザイン出来る事
・デザインに時間が、かからない事
要するに、デザインなどを勉強していない素人が、「短時間」で「キレイ」で、しかも「格安」の名刺を作れる。
そんな方法を探して、実際に作ってみた!という記事になります。
スポンサーリンク

名刺作成サービスは沢山あるけれど、、簡単に安く作りたいなら、「ビスタプリント」がおすすめ!

今まで、家のパソコンで名刺を作っていたので気が付かなかったのですが、調べてみると、個人で名刺を作れるサービスが沢山あることに気が付きました。

ネット全盛のこの社会でも、紙の名刺に需要があるって結構面白いですよね。。

子ども猫
子ども猫

名刺って会社で働いている人が持っているイメージだけど、最近は違うのかな?

山猫
山猫

個人の人が持っている事も増えたね!

個性的な名刺を作れば、良い自己紹介になるのだよ!

いろいろな、名刺作成サービスを見比べて、山猫が選んだのがこちら!

とにかく、簡単!格安で名刺を作る事が出来る、ビスタプリント(vistaprint)さんです。

ビスタプリントさんは、紙などをこだわらなければ100枚の名刺(フルカラー、両名印刷)が2000円前後(送料込み)で出来てしまうというすごいサービスなんです

この価格だったら、気軽に試してみる!という事ができますね!!

という事で・・・・ものは試し!さっそく「山猫おソーラー」の名刺を作ってみる事にしました!

ビスタプリント。実際に作ってみた!!

では、早速ビスタプリントさんで名刺を作ってみましょう!

文字が浮き上がって見える(というか実際に浮き上がっている)名刺やら、ママ名刺やらいろいろな種類が選べるようになっています。料金体系はどうなっているのかな?

画面イメージ

ビスタプリントの料金

価格は、2019年10月現在で、100枚:780円~。ただ、これは基本価格で、両面印刷にしたり、紙を高級紙に変えたりすることで、だんだん高くなっていきます。

もちろん、送料もかかるのですが、これが曲者。

ビスタプリントの送料は、2種類のプランが選べるのですが、

標準の配送料:600円+税(地域により、4~6営業日での配送)
エクスプレス配送:800円+税(一部製品、お届け地域限定、18時までに決済完了されたご注文を翌営業日に出荷)
子ども猫
子ども猫

ちょっと微妙な感じだなあ。。

エクスプレス配送と標準の配送料、200円+税しか料金が変わらないのに、随分と配送時間が変わるのです。。。

標準の配送料、、ちょっと高いなと思ってしまいますが、もしかしたら、海外で印刷して、輸入しているのかもしれません。

山猫は、名刺作成を急いでいたわけではないので、標準の配送料でお願いしましました。

プレミアム名刺を作ってみた

今回は、一番ベーシック(だと山猫が感じた)プレミアム名刺(55mm×91mm)を作成してみる事にしました。

名刺の作成方法は、3種類!

テンプレートから選ぶ:無料のデザインテンプレートから好みのデザインを選んで仕上げていきます。自分で作成したイラストや写真も入れる事が出来ますよ!

ロゴを利用して作成する:自分で作成したロゴを設定してからデザインを入れるプラン。テンプレートから選ぶプランとあまり変わらない気がするのですが、、違いが良くわかりません

デザインデータを入稿:名刺のデザインデータを自分で作って入稿するプラン。もうデザインは完成しているので、単純に印刷所として活用しているという事になりますね。。

3種類のプランがあるのですが、個人で名刺を作ろう!と思って使いやすいのが、テンプレートから選ぶプラン
好きな背景を選んで、文字を入力したり、画像をはめ込んでいけば、簡単に名刺のデザインが出来ちゃいます。
名刺デザインは、めちゃくちゃ種類があって、どれを選ぶかはかなりの難題。。
同じデザインでも、色が何色も選べるので、まず他の人と被る事はないだろうな・・・と言う感じ。
とりあえず、今回山猫が選んだのがこのデザイン。
もっと冒険してみても良かったのですが、、今回はお試しという事で、、、無難な感じに落ち着きました。
ちなみに、名刺は両面印刷にすることが出来ます。(その分お値段が上がります。)
印刷も白黒にすると、ちょっと値段が下がるので、、
山猫は、表面は「カラー」。裏面は「白黒」にしてみました。

個人の名刺を作るなら、QRコードを入れるのが「吉」

以前から気になっていたのですが、、名刺にメールアドレスやブログのURLを印刷しても、それを見て、メールをしたり、HPを見たりするのはとっても大変。。

今までの自分の行動を振り返ってみると、名刺に書いてあるURLを入れた記憶がほとんどない。

だってめんどくさいですからね!

でも、スマホに最初から入っているアプリ「QRコードリーダー」を使えば、あっという間にアドレスやURLを読み取れるQRコードを名刺に印刷しておけば、、、アドレスやURLを手打ちする手間が省けるのです。

これは便利!と考えて、今回は名刺に自作のQRコードを入れる事にしました。

子ども猫
子ども猫

QRコードって、四角くて、白と黒の模様が入っているやつだよね。。

あんなの自分で作れるの?

山猫
山猫

実は誰でも簡単に作れるのだ!

このブログで「QRコードの作り方」を特集しているからそちらも見てくれると嬉しいな!

という事で、QRコードを簡単に作る方法について書いた記事がこちらです。

街中で見かける「QRコード」。自分で簡単に作れるって知ってました?
今回は、誰でも必ず見たことがある、「QRコード」いろいろな物に印刷されているけど、これ、何に使うのかな?って思っていました。調べてみるとすごい便利!しかも、自分で簡単に作れるのです!QRコードの仕組みから、自分でQRコードを作る方法までご紹介します。

名刺を注文して数日。予定通り名刺が到着しました。

結局、かかったお金は、送料、消費税込みで、2000円ちょっと

この金額で、100枚の名刺が出来てくるのですからたいしたものですよね!

注文した名刺は予定通り我が家に到着。

早速開けてみると。。。

ちょっと箱がつぶれ気味。。中の名刺は大丈夫だったのでまあいいか・・・という感じです。
ちゃんと100枚の名刺が届きました。
印刷もとてもしっかりしているし、この価格でこの仕上がり・・・大満足の山猫でした。
(デザインは、もうちょっと・・・)
子ども猫
子ども猫

仕上がりはすごいキレイだけど、デザインはいまいちだね。。

山猫
山猫

結構、厳しく来るなあ。。次はもっと頑張るよ。。

作り直しをするにしても、1セット2000円くらいですから、気軽に注文することが出来ますよ!

ブロガーなど、個人の名刺にはどこまで個人情報を書くべき?

ブロガーさんの名刺は、どこまで情報を載せるかは悩みどころ。ほとんどの人は、ハンドルネームでブログ書いてます。
本名や、電話、住所、メールアドレスなどは、一般公開していない事が多いですからね
今回山猫が作ったのは、企業の方や、取材先の方に配れるように、全部入りの物を作成しましたが、、
イベントなどで配る用の、情報を絞った名刺も作ろうかな、、と考えている所です。
スポンサーリンク

まとめ

今回は、簡単で格安でキレイな名刺を作れる、「ビスタプリント」さんを紹介しました。

個人で仕事をしている人は、ちょっと個性的な名刺で名前を憶えてほしいですよね!

ビスタプリントなら、豊富な無料のテンプレートから、デザインを選ぶだけで、素敵な名刺が作れちゃいます。

実際に作ってみた感想は・・・・とっても簡単であっという間にデザインが出来て、注文まで完了してしまった!と言う感じ。多分作業時間は30分くらいだったんじゃないかな?

価格も安いですから、気になっている人は一度試してみたらいかがでしょうか?

以上最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

~合わせて読みたい~
街中で見かける「QRコード」。自分で簡単に作れるって知ってました?
今回は、誰でも必ず見たことがある、「QRコード」いろいろな物に印刷されているけど、これ、何に使うのかな?って思っていました。調べてみるとすごい便利!しかも、自分で簡単に作れるのです!QRコードの仕組みから、自分でQRコードを作る方法までご紹介します。
この時代に雑記ブログを始めたわけ。運営の方針は?
この記事は、このブログ「山猫の雑記ブログ」の運営方針が書かれた独り言のような記事。雑記ブログが溢れているこのご時世。今更私が雑記ブログに挑戦したわけが書かれています。 もし興味がありましたら覗い見てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました