遠江国一宮小國神社に行ってきました。2018年11月29日(木曜日)

名所案内
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(この記事の最終更新日は、2019年9月9日です。)

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。(@yamaneko_solar
実質的にこのブログ最初の記事になります。

このブログは、静岡県中部に住む山猫が、地域の名所の情報や、日々の疑問の解決の過程など、、要するに「雑記ブログ」になる予定です。(あくまでも予定ですが。。)

このブログの記事が、誰かの役に立つといいなと思いつつ書いていきたいと思います。

さて本日は、2018年11月29日。

今年の静岡県は、暖かい日が続いています。本来であれば11月末はもう少し寒い日もあるのですが、今年は最高気温が15℃~20℃くらいの日が多く過ごしやすいですね。

本日は、静岡県西部の紅葉の名所、小国神社(小國神社)に行ってきましたのでレポートしたいと思います。

例年、11月後半から12月初めまで紅葉がきれいなのですが、今年はどうでしょうか?

遠江国一宮小國神社について

小国神社は、静岡県西部の森町という所にあります。海からはだいぶ離れた所にあり、以前は交通が不便だったのですが、新東名高速道路が出来てから劇的に改善しましたね。

神社の近くまで高速で行けるようになりました。新東名高速道路を使ってくる場合は、「森掛川」というインターチェンジが最寄なのですが、ETCを積んでいる車の場合は、遠州森町PAから、スマートICを使って外に出るという行き方もあります。

小国神社という名前の通り、お祀りしている神様は、大国主命(おおくにぬしのみこと)です。神社もとても立派ですが、参道で目に付くのは、参道まわりの杉の巨木の群れ。

樹齢何年かはよくわかりませんが、巨木の間を抜ける参道は声も出ないほどの美しさです。

スポンサーリンク

肝心の紅葉の様子は?

 

参道の入り口から撮った写真ですが、驚くのは人の多さ!伊勢神宮とか、明治神宮であればわかるのですが、交通不便な田舎の神社で平日の昼間にこれだけの人がいるのは驚きです。

駐車場もほぼ一杯。。この調子だと休日はとても近寄れそうもありません。

さて、肝心の紅葉ですが、、、、「最高でした!」

一緒に行った友達は、こんなに素敵な紅葉は見たことがないと言っていました。

紅葉(もみじが中心で銀杏の木もあります。)も素晴らしいのですが、全体の雰囲気が素晴らしい。杉の巨木に囲まれた森に美しい紅葉が浮かぶ様は見事でした。

では、何枚かへたくそな写真をお見せします。

赤がとても印象的ですね!

神社の中を流れる川に紅葉が映り込んで、なんとも言えない美しさです。

これもモミジだと思いますが、黄色に紅葉していますね!緑と黄のコントラストがとてもいい感じです。

杉の巨木の中に浮かぶモミジの朱色がとても良い感じ。木漏れ日が葉にあたって光り輝く様も美しいです。

小國神社の紅葉の中心は、境内よりも奥。境内を流れる川を上流に登っていくと、美しい広葉樹の森へ入っていきます。

ただ・・・紅葉の季節以外もきっと気持ちの良い森だと感じました。

次は、春の新緑の季節に寄ってみたいですね!

スポンサーリンク

まとめ

今年(2018年)の紅葉は、この記事を書いた今(11月29日)がピーク

本日は平日だったのですが、駐車場が満車になるくらいにぎわっていました。多分、土日は神社までたどり着くのも大変な状態になりそうですね。。

森町は、浜松からも磐田からも袋井からも距離があって、なかなか行こうという気にならないかもしれませんが、紅葉の時期は行って損なない所だと思います。

もちろん、紅葉の季節だけでなく、新緑の季節や冬枯れの季節。真夏の強い日差しも沢山の木漏れ日を生んで、とても綺麗だろうなと思います。

以上今回は、遠江国一宮小國神社の紹介でした。

最後までお読みいただきありがとうございました!

~合わせて読みたい~

静岡県磐田市。見付天神 矢奈比賣神社(やなひめじんじゃ)と隣接する「つつじ公園」を出来るだけ詳しくレポートします。2019年4月14日(日)
今回ご紹介するのは、静岡県磐田市にある、見付天神と、隣接する「つつじ公園」。つつじ公園には、磐田市のマスコットキャラクター「しっぺい」ちゃんのモデルになった、霊犬 悉平太郎を祀った「霊犬神社」がある事。 この記事では、見付天神、つつじ公園、霊犬神社について、出来るだけ詳しく紹介します。
静岡県磐田市 奈良時代のお寺「遠江国分寺跡」を見学しました!2019年4月6日(土)
かつて日本中に建設されたと言われる国分寺。その歴史は古く奈良時代に建設された物だそうです。国分寺は全国に作られましたが、なんといっても1000年以上前の話。建物はおろか遺跡が残っている事も珍しいそうです。今回訪れたのは、静岡県磐田市にある「遠江国分寺跡」。今は公園になっている遺跡を出来るだけ詳しくレポートします。
静岡県磐田市の名家「旧赤松家(旧赤松家記念館)」を見学してきました。2019年4月6日(土)
今回ご紹介するのは、静岡県磐田市にある名家。赤松家の屋敷跡です。造船の専門家にして、海軍中将だった、赤松則良さんのお屋敷跡になります。建築は洋風のレンガ作りと和風の建物が融合したとても面白い物。特に、いろいろな方式で積まれたレンガ作りの建物に注目です。収蔵品も目を引く物ばかり、ぜひゆっくりと見学してほしい素敵な建物です。
願いがかなう神社。言の葉で事を取り持つ。注目のパワースポット「事任八幡宮」のご紹介
今回ご紹介するのは、静岡県掛川市にある、「事任八幡宮」(ことのままはちまんぐう)大きな神社ではありませんが、とにかくすごい歴史のある神社なのです。平安時代に書かれた枕草子にも、この神社は、願いが叶う神社として紹介されているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました