防災!災害時にも美味しい「パン」が食べたい!いつの間にか進化した「缶詰のパン」。おすすめ品を紹介します!

防災
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。(@yamaneko_solar

今日は、災害時の非常食のご紹介。

子ども猫
子ども猫

今までも非常食の紹介はやってきてるよね?今度は何かな?

このブログでは、今までも災害時の非常食を紹介してきました。

 

子ども猫
子ども猫

アルファ米のごはんや、カレーを紹介したりしてたよね!

防災!非常食の白飯は「アルファ米」一択。「レトルトパックごはん」は、美味しいけれどエネルギーを使いすぎます。
サトウのごはんに代表される、レトルトパックごはん。確かにすごく美味しいのですが、、調理は基本「電子レンジ!」普段は、気にならないのですが、災害時は、電子レンジ使えない可能性が高いのです!一応湯煎にも対応していますが、湯煎時間がかなり長い。。このブログでは「非常食はアルファ米」を推しています。

 

防災!災害時の最初の食事。お湯が無くてもごはんが食べたい!水だけでカレーライスが作れるのです!
今回のテーマは、災害が発生した時に最初に食べる食事について。火が使えない状況でも、カレーライスが食べられる。 そんな非常食セットを準備の仕方教えます!
山猫
山猫

日本の食事と言えば、「米」と「おかず」。。だから災害時にも食べられる「米」は戦前から研究されてきたんだ。。

でも、、今はコメのごはんだけじゃなく、「パン」を主食としている人も多いよね!

子ども猫
子ども猫

そうだね!うちも朝はいつも「パン」だね!そうか!パンって、買ってきてもすぐに傷んでしまうから保存ができないね!

そうなのです。乾燥させて長期保存が可能になった米にくらべ、日持ちのしない「パン」は、なかなか非常食にできなかったのです。

スポンサーリンク

 

非常食用のパンの開発は、阪神・淡路大震災の後から・・・

基本的に、保存がきかない「パン」。でも、普段パン食の人は、災害時でもやっぱりパンが食べたいですよね。。

ただでさえ、慣れない生活をしなければいけない、災害時の避難。。。

食事も贅沢は言えませんが、、でも、もし手に入るのなら自分の好みに合ったものを食べたいですよね。。

非常食用のパンの開発が始まったのは、1995年に発生した、阪神・淡路大震災の後

子ども猫
子ども猫

そんなに、昔の話ではないんだね。。

阪神・淡路大震災の時、栃木県のパンメーカー「パン・アキモト」が柔らかいパンを現地に届けようと、輸送を試みたのですが、、、運んだパンの3分の2が輸送中に傷んでしまうという結果になったそうです。

 

その経験から、「長期保存が出来る、柔らかいパン」を作るという発想になったとの事。

「パン・アキモト」が、缶詰に入ったパンを開発、販売したのは、1995年。。今から25年前という事になりますね!

そういえば、東京の井之頭公園に、缶詰パンが売っていました。

山猫
山猫

実は、東京都の郊外にある、井之頭公園という大きな池のある公園に、缶詰パンの自動販売機があったのだ。。

山猫が昔住んでいた、東京都の武蔵野市に、井之頭公園(東京では有名な公園です。)があるのですが。。

 

なぜか、この池のほとりに、缶詰パンの自動販売機があったのです。

子ども猫
子ども猫

いつごろの話?

山猫
山猫

うーん。正確には覚えていないのだけど、私が見つけたのは2005年くらいだったかなあ。試しに買ってみたんだよ。。

子ども猫
子ども猫

買ったんだ!!味はどうだったの?

どう考えても、普通にパンを買った方が安かったのですが、缶詰に入っているパンがどんなものか?と思って買ってみたのを覚えています。

 

肝心の味はと言うと、、、確かに、長期保存しているパンと考えると、すごいな!と思える味だったのですが。。

山猫
山猫

正直な所、普段から食べたいとは思えなかったな。。

ぱさぱさしていて、飲み物が欲しくなったよ。。

でも、非常食として考えれば、かなり優秀だと思ったよ!

後から調べてみると。。。井之頭公園の自動販売機に缶詰パンを収めていたメーカーは、静岡県にあった、「株式会社岡根谷」というメーカーが作っていたパンだったようです。

 

過去形で言ったのは、このメーカーがすでに無くなってしまっているから。。。

では、井之頭公園の缶詰パンの自動販売機が撤去されているかと言うと・・・そんなことはなく、今は、元祖、缶詰パン「パン・アキモト」の缶詰パンが売られています。

もし、缶詰パンに興味があって、多摩地域に住んでいるのなら、、井之頭公園の自動販売機で試し買いしてみたらいかがでしょうか?

ちょっと記憶があいまいなのですが、吉祥寺駅から、公園方向に歩いていった場合、公園に入った所にあった気がします。

子ども猫
子ども猫

場所も変わっているかもしれないね。。だいぶ昔の記憶なので、間違っていたらごめんなさい。。

スポンサーリンク

生まれてから25年の缶詰パン。いつの間にか「保存食」の主役に!

阪神淡路大震災の後生まれた、缶詰パン。その後災害が起こる度に現地に運ばれ、徐々に認知度が上がってきました。

もちろん、味も大進化!

山猫が最初に食べたときは、ちょっとぱさぱさで食べにくいな・・・という感じだったのですが、最新の缶詰パンは違います!

缶詰からだして、お皿に載っていたら、近所のお店で買ってきたパンと区別がつかないぐらい。。ほんとに美味しくなっているのです。

ちなみに、現在、缶詰パンを製造しているメーカーの内、山猫がおすすめするのがこの2社

缶詰パンの元祖・・・「パン・アキモト」

やはり、最初にパンの缶詰を開発、発売した「パン・アキモト」は外せません!

NASAの宇宙船にも搭載されているアキモトの缶詰パン。信頼感があります。


賞味期限や約3年(37か月)とにかく、食感が良くて美味しいと評判になっている缶詰パン。

子ども猫
子ども猫

フルーツ系のパンが多いから、子どもは喜ぶと思うよ!

京都祇園発祥のパンメーカーが缶詰パンに参入・・・「ボローニャ」

 

京都、祇園にあるデニッシュパンが有名なボローニャが、缶詰パンの販売を始めたのが、2007年。

もともと保存に向かない「パン」を缶詰にした缶詰パン。いくら缶詰にしても、長期保存を実現するのはとても困難だそうです。だから、普通に売られているパンよりも、品質が劣っても仕方ない・・・

そんな考えを覆したのが、「ボローニャ」さんが販売している「缶詰パン」

パンが好きな人にぜひ試してほしい衝撃の一品です!賞味期限は、3年6ヵ月!

山猫
山猫

正直に言うと、、非常食にしとくのはもったいない味だよ!キャンプに持って行って、朝食にしてもいいなと思う。

登山でもいいね!ちょっと缶がかさばるけど、リュックに入れてもつぶれないのがいいね!

ちなみに、「ボローニャ」さんは、さらに消費期限が長い、こんな商品も発売しています。


なんと、商品期限は、5年6ヵ月! 備蓄を重視して考えるのならこちらの商品も良いと思います!

まとめ

今回は、災害時の非常食・・・「パンの缶詰」をご紹介しました。

災害時なのだから贅沢は言うな!という声もありますが、、山猫は災害時だからこそ、美味しい食事を!と考えています。

だって、ただでさえ辛い状況なわけですから、、食事くらい、美味しい物が食べたいですよね!

今回ご紹介したパンの缶詰。非常食として保存しておくのはもったいないレベルのおいしさ!

是非、非常食のリストに加えてほしいなと思います。

子ども猫
子ども猫

今回ご紹介した二つのメーカー。。どちらもすごく美味しいから、両方食べてみて、好きな方を選ぶのがおすすめだよ!

~今回ご紹介した商品はこちら~

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

~合わせて読みたい~

防災!災害時の粉ミルク問題を解決する「液体ミルク」の販売が開始されたのを知っていますか?
今回の話題は、災害時の赤ちゃん用ミルクの話題。普段何気なく作っている赤ちゃん用粉ミルク。。実は災害時に作るのは一苦労なのです。今回は、災害時でも安心、安全なミルクが作れる「液体ミルク」のご紹介です。
防災!災害用の備えのペットボトル・・・長期保存水を買うよりも良い方法あります!
今回ご紹介するのは、アマゾンの定期購入サービス「定期おトク便」をつかった、とっても便利で簡単なローリングストック法。 定期的に購入して、古い物から消費していくことで、効率的に水の備蓄をする方法です!
防災:災害時のお米の炊き方。。鍋とガスでお米を炊く方法教えます!
停電になって、電気が来なくなると、電気炊飯器は使う事が出来ません。災害時にご飯をどうやって炊くか?実は、カセットコンロと鍋があれば、美味しいごはんを炊くことが出来るのです。この記事では、必要な物の揃え方から、炊き方までを解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました