スポンサーリンク

BASE(ベイス)で始めるネットショップ! ネットショップの玄関は「お店の説明!(About欄)」手を抜いてはいけません!

ネットショップ運営お役立ち情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(この記事の最終更新日は、2020年3月5日です。)

こんにちは!山猫のネットショップ開業講座 管理人の山猫です。(@yamaneko_solar

さて、このブログで連載している、「ネットショップ」の始め方!

今回の記事は、このブログでおすすめしている、無料で始められるネットショップ

「BASE」(ベイス)の解説記事です。

ネットショップを初めて見たけど、いまいちお客が集まらない。。

そんな悩みを持っている店長さんに向けての記事となります。

子ども猫
子ども猫

2019年の調査では、全国にあるネットショップはなんと「270万店舗!!」

店長さん
店長さん

270万!!ですって。。

星の数ほどあるネットショップの中から自分の店舗を選んでもらう。。それは本当に大変な事なのです。

今回は、ネットショップ運営歴8年の山猫が、BASEで集客する時のポイントについて解説します。

スポンサーリンク

インスタントEC(インスタントASP)で圧倒的な人気を誇るのがBASE(ベイス)

ネットショップを簡単に誰でも開くことが出来るサービス。それがBASE(ベイス)です。

その気になれば、一日で申し込みから開業まで完了出来るBASE。

しかも、ほとんどのサービスを無料で利用できるのです!

子ども猫
子ども猫

そりゃ人気が出るのは当たり前だね!

山猫
山猫

そうだね!私はいろいろなASPでネットショップを作ったけど、BASEの簡単さにはビビったよ。

ただ、BASEはあまりにも簡単に、お店が作れるため、お店の作りこみが甘くなりやすいのも事実。。

 

店長さん
店長さん

確かに!でもどこに何を書いたら集客に影響するのか、初心者には分からないんですよ!

山猫
山猫

そりゃそうだよね!

BASEで集客するときにどこに注力しなければいけないのが、次の2点

 

・ショップの説明

・商品ごとの説明

今回は、「ショップの説明」について解説します。

そもそも、「ショップの説明」とは?

ショップの説明とは、BASEのショップ設定の項目で設定できる。お店の紹介文。

ここにかかれた文章がそのまま、ネットショップの「About」欄に表示されます。(※テンプレートによっては、違う名称となっている場合があります。)

そして、ここにかかれた内容は、

Googleなどで検索した時に、検索結果の説明として載る部分でもあるのです。

子ども猫
子ども猫

検索結果の説明って何かな?

山猫
山猫

Googleでお店を検索すると、お店のリンクの下にお店の説明が入るでしょ!

子ども猫
子ども猫

ああ!あれか!確かに説明書いてある!

店長さん
店長さん

なるほど!ショップの説明に書かれている事が検索結果に出てくるのですね!

最近は、インスタやツイッターなどのSNSから、ネットショップに来てくれるお客さんも多くなったけれど、まだまだ主流は、GoogleやYahoo! Bingなどの検索エンジン。

 

山猫
山猫

検索エンジンで上位に表示するためにも、
検索結果を見て、このお店を見てもらおうとお客さんに思ってもらうためにも、ショップ説明は手を抜いちゃいけないんだ!

 

売れているショップは、ショップ説明の文字数が多い!

BASEが調査したところ、商品の売れ行きが良いショップは、

ショップ説明の文字数が600文字から1000文字。とかなり多い事がわかっています。

店長さん
店長さん

1000文字ってどのくらいなのかな?

山猫
山猫

そうだね。。すごく長いわけではないけど、ちょっとしっかりとした量がある文章って感じかな。

ちなみに、このブログ記事。ここまでで1350文字あるんだよ!

店長さん
店長さん

なるほど!でも何を書けばいいのかな?

全力でお店の魅力を伝えましょう!

山猫
山猫

ネットで検索して、商品を買おうって思う時の事を考えてみよう。

店長さん
店長さん

はい!考えてますよ!

山猫
山猫

市販品を大量に並べてる量販店ではなく、ハンドメイド品や、手作りの食品を売っているお店を考えてみて!

 

同じような物が売っているショップが2店舗あったら、どちらのお店から買うだろうか?

店長さん
店長さん

そうだなあ。物にもよると思うけど、お店の考え方とか、どこにこだわっているかとはは重要だな!

実店舗だったら、面と向かってお客さんに説明することもできますし、お店の雰囲気を肌で感じてもらう事も出来ます。

 

でも、ネットショップでは明らかに情報が少ない。

山猫
山猫

ネットショップでは気軽にお話もできないし、匂いも雰囲気も伝えられないよね。。

そんな時に役に立つのが、「文字」や「写真」

 

店長さん
店長さん

確かに、言葉で説明するしかないのですね!

山猫
山猫

ブログやツイッターで、お店の事を書くのもとっても大事!
お店で物を買う時って親近感も大事な要素だからね!

でも、お店の顔は、「ショップの説明」!

特に書き出しは、Googleの検索結果に載る可能性が高いから、お店の特徴とか魅力を100文字くらいで表現するのがおすすめだよ!

 

まとめ 「無料」が魅力のASP「BASE」のショップ紹介の重要性について

今回は、山猫がおすすめする「無料」で開店出来る、簡単ASP「BASE(ベイス)」の使い方について解説しました。

なんと全国に270万件もあるネットショップ。この中から自分のお店に来てもらうのは想像以上に大変な事なのです!

山猫
山猫

もちろん売っている商品も大事!似たような物がたくさんのショップで売られていると、、なかなか自分のお店に来てもらえないよ。。

たくさんあるネットショップの中から、自分のお店を選んでもらう。

 

その重要なピースの一つが、「ショップ紹介」なのです!

山猫がおすすめする、無料で使えるネットショップ(インスタントEC)がこちら↓

BASEはもちろん、STORESもおすすめです!

~合わせて読みたい~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました