静岡県藤枝市にある小さな池「青池」を出来るだけ詳しくレポートします。

名所案内
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(この記事の最終更新日は、2020年3月12日です。)

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。(@yamaneko_solar

この記事の取材日は、2019年6月22日。

季節は梅雨。雨の多い時期ではありますが、新緑が美しい季節でもありますよね!

※ 1回目の取材で回り切れなかった部分を、2020年3月3日に追加取材しました。

さて、今日ご紹介するのは、静岡県藤枝市にある「青池」という小さな池・・・

子ども猫
子ども猫

小さいけど、横に小川が流れていたり、ハスの花が咲いたりキレイな池だよね!

実は、藤枝市には、蓮華寺池公園という、ちょっと大きな池があって、そちらは毎日沢山の人でにぎわっているのですが・・・
蓮華寺池公園からそれほど離れていない「青池」はいつも人気が無くひっそりとしています。

今日は、そんな「青池」の魅力をお届け出来たらといいのですが。。
(ちょっと自信なさげですね・・)

スポンサーリンク

青池への行き方

青池は、江戸時代に整備された農業用のため池。
以前は豊富な湧水があったのですが、国道一号線を整備する際に池の一部が埋め立てられた後、湧水の量が減ってしまったとの事。

但し、今も農業用のため池として使用されているそうです。

 

実は青池に行くのはとても簡単。

藤枝警察署のすぐそばなのです。前を走っているのは、以前は国道1号線だった道。。。
今では県道になってしまっていますが・・・県道215号か381号どっちなんでしょ?

駐車場 トイレ

青池公園は以前は駐車場がなかったのですが、いつの間にか整備されて現在は乗用車5台が止められるようになっています。

駐車場は、青池の東側。青池と自動車販売店の間にあります
※池の西側にある青池公園には駐車場はありません!!
入り口の看板はごく小さいので、よーく注意していないと通り過ぎてしまいますよ!

↑旧国道1号を走っていると、小さな看板があり、ここが青池の駐車場だとわかります。

トイレは、青池公園(青池の西側の小さな公園)に一か所あります。

しっかりとしたトイレが設置されています。

青池公園を出来るだけ詳しくレポートしていきます。

6月22日の取材ルートは以下の通り

ぐるっと、青池を一周するルートですね。。

ちなみに青池は、外周300mくらいの小さな池。ゆっくり散歩しても10分から20分くらいで一周出来てしまいます。

①駐車場~木道

旧国道1号と接する部分には立派な木道が整備されています。
足場もしっかりとしていますので小さなお子さんでも大丈夫。

木道から池を見たところです。水深はあまり深くはなさそう。
なんとなく底が見えている気がするのですが、もしかしたら藻が繁殖しているだけかもしれません。

② 木道~遊歩道

ひと昔前は、この池はブラックバスやブルーギルが釣れたそうです。
今回音連れたときは釣りをしている人もいなかったので、今のこの池の状況を聞くことは出来ませんでした。

在来種が復活していると良いのですが、、

池は市が茂っていい感じです。この写真を見て、お気づきのように、今この池にいるのは私一人・・・
静かで散歩には最適な池だと思うのですが、なんで人がいないんですかね??

③ビオトープと水連の花

青池の西の脇には綺麗な小川が流れています。

写真ではよくわかりませんが、草も生い茂っていい感じ。
もう少しここが暗い場所だったらホタルが好みそうな感じですが、、さすがに近くに国道が走っていると、蛍にはちょっと厳しい環境かもしれませんね。。

池に目を転じると、睡蓮の群落がありました。
ちょうど今は睡蓮が綺麗な季節。この花を見に来るだけでもこの公園に来る意味があるぐらいキレイでしたよ!

④用水路

この青池周辺は、志太地域の農業用水路が走っています。
昔は青池から用水を分配していたのかもしれませんね!でも今はもっと遠くから農業用水が運ばれてきているようです。

ちょうど、田んぼに水が必要な時期という事もあって、この用水路はかなりの水量。ごうごうと流れています。

用水路脇に、志太平野の農業用水の供給ルート図が・・・
基本は大井川と瀬戸川。特に大井川の恩恵が大きいですね。

用水路が流れているあたりでいったん青池の傍から離れるのですが、、用水路沿いに歩いていくと、また池に戻るルートがあります。

⑤ 青池東岸

池の東岸もちゃんと歩道が整備されていますので、安心して散歩が出来ます。
ただし池には柵がありませんので、小さなお子さんをお連れの人は、子どもが池に近づきすぎないように注意する必要があります。

ちなみに冬の景色はこんな感じ。↓

草木が枯れて、さらに静かな感じ。。沢山のカモが羽根を休めていました。

池の脇に咲く花を見ながら歩いていると、駐車場に到着です。

これで、青池一周の散歩が終わりました。

スポンサーリンク

青池公園側・牛池 2020年3月3日追記

トイレや広場のある、青池公園の取材を行いました。

但し、青池公園には、トイレはあるのですが、、それ以外の遊具等は設置されていません。その代わり、公園の西側には、小さな池が。。

一見青池の一部かと思ってしまうこの池。。実は「牛池」という別の池。

瀬戸川伏流水湧水群のひとつだそうです。
水はとても澄んでいて、底の方まで良く見えます。

子ども猫
子ども猫

水が湧いているから綺麗なんだね!

良ーく見ると、お祭りで使う山車の車輪が沈められているのが分かります。

牛池から流れ出した水は、青池の脇を通ってそのまま池の南の方へ流れていきます。

途中のビオトープには、きっと生き物が隠れているはずなのですが、、

 

子ども猫
子ども猫

まだ、春先だから、生き物が出てきていなかったね!

まとめ

今回は、藤枝市にある青池公園を散策しました。

この青池、昔は大蛇が住み着いていて、付近の住民を困らせていたという伝承が残っています。

(長者の娘をさらって池に引き込んでしまったので、怒った長者が池にドロドロに溶けた鉄などを流し込んで退治したとの事。)

子ども猫
子ども猫

溶けた鉄って、、怒りの大きさは分かるけど、すごい伝承だなあ。。

という事で今は人を襲う大蛇もいませんし、公園もとても綺麗に整備されています

春は桜が綺麗ですし、初夏には睡蓮の花もとっても美しい。
ビオトープにもいろいろな植物や昆虫が住み着いています

駐車場もちゃんと整備されていますので(5台しか止められないけど)ぜひ散策に来てほしいなと感じました。

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

~合わせて読みたい~

静岡県藤枝市にある「白藤の滝(白藤の七滝)」を出来るだけ詳しくレポートします!
(2020年3月12日更新)今回ご紹介するのは、静岡県藤枝市にある。白藤の滝と、周辺に散らばる6つの滝。ちょうど雨の少ない季節に行ってしまったので、あまり迫力のある風景は見られなかったのですが、緑も多くてとても気持ちの良い場所でした。 この記事では、白藤の滝や、白藤の藤棚を出来るだけ詳しくレポートします。
静岡県焼津市にある山間の集落「花沢の里」を出来るだけ詳しくレポートします!
(2020年3月11日更新)今回訪れたのは、静岡県焼津市にある「花沢の里」古い街道沿いに広がる小さな集落です。 都会の喧騒から離れてしずかな時間をすごしたいのなら最適な場所。歴史的な価値が高いというのも重要なポイントなんです!
静岡県藤枝市の桜の名所!「瀬戸川堤防と金比羅山緑地」を出来るだけ詳しくレポートします。2019年~2020年の開花情報も!
(2020年4月13日更新)静岡県中部にある藤枝市。藤枝市を流れる瀬戸川には、全長2kmにも及ぶ桜のトンネルが有名な、瀬戸川堤防と金比羅山緑地があります。 瀬戸川堤防への行き方や、金比羅山の散策レビューなど。観光に役に立つ情報盛りだくさんの記事となっております。
静岡県藤枝市(駿河の国)田中城址と田中城下屋敷を詳しくレビュー。実はとっても珍しい形の城なんですよ!
(2020年3月6日更新)徳川家康の最後の居城「駿府城」から、西へ約15km(直線距離) の場所にあるのが、田中城。周辺が鷹狩り場として有名な場所だったこともあって、家康がたびたび訪れたという記録が残っている城です。 今回は、そんな田中城を出来るだけ細かくご紹介します。
静岡県藤枝市。奈良~平安時代の役所。志太郡衙跡(しだぐんがあと)を詳しくリポートします!
(2020年3月9日更新)今回訪れたのは、静岡県中部にある藤枝市。ここに、奈良時代~平安時代に使われた、志太郡衙という昔昔の役所の遺跡があります。 しっかりとした資料館もありますし、建物も一部復元されていて遺跡としてとても良く整備されています。 この記事では、志太郡衙跡を出来るだけ詳しくレポートします。
静岡県藤枝市 「千貫堤・瀬戸染飯伝承館」を詳しくレポートします。
(2020年3月9日更新)静岡県藤枝市南部は、大昔は大井川の三角州だった場所。もともと低地だったところに人が住み着いたため、大井川が氾濫すると、かなりの被害が・・・その被害を食い止める為に作られたのが千貫堤。 この記事では、千貫堤・瀬戸染飯伝承館の訪問記になります。もちろん地図や行き方も詳しく解説していますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました