毎日どこかで大雨、雷。。細かい情報が欲しいですよね!「気象庁のホームページ」がものすごく使いやすくなっていますよ!

アプリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。(@yamaneko_solar
この記事を書いているのは、2019年9月。。

最近の天気は、とにかく派手!毎日どこかで大雨、雷、洪水が起こっているという地球はどうなっちゃうんだろうと心配になる今日この頃です。

今回ご紹介するのは、現在の気象状況をリアルタイムに表示してくれる、便利なホームページのご紹介。。。

子ども猫
子ども猫

お父さん今更何言ってるの? 今時、雨雲レーダー知らない人いないよ!Yahooからすごい使いやすいアプリ出てるし!

山猫
山猫

確かに、Yahooの雨雲レーダーはすごいよね!

アプリも使いやすいし、天気予報と一緒になってるし。。

子ども猫
子ども猫

じゃあ、今日の話は、Yahooのお天気アプリの紹介になるのかな?

山猫
山猫

それが、違うのだ!今日ご紹介するのは、「気象庁」のホームページ(スマホ版)なんだよ!

基本的な情報は、Yahooとよく似ているんだけど、落雷の状況や竜巻の危険性を知らせてくれる項目があったりして、とっても細かい情報までわかるようになっているんだ!

子ども猫
子ども猫

気象庁と言えば、天気予報の親玉だもんね。一番情報を持っていたとしてもおかしくないんだね!!

では、さっそく解説してみてよ!

という事で、今回は、気象庁のHPの解説記事になります。ちなみに、気象庁のHPは、パソコン版、スマホ版があるのですが、今回の解説は、スマホ版限定です

パソコン版にも似たページはあるにはあるのですが、使い勝手がいまいち。。未来の事は分かりませんが、現状では「スマホ版」をおすすめします。

スポンサーリンク

気象庁・・・目指すは、「高解像度降水ナウキャスト」

とりあえず気象庁のHPへのリンクを・・・

気象庁 Japan Meteorological Agency
気象庁が発表する気象情報、地震・津波情報、データ、火山、気候、環境、海洋情報を掲載

トップページは相変わらずお堅い感じ。。まあ、国の機関ですから仕方無いですよね。

下の方に移動していくと、、、

無機質なリンクの中に・・・ありました!(※説明の為に赤丸で囲っています。)

今回のターゲット「雨雲の動き(高解像度降水ナウキャスト)」へのリンクが見つかりました!

気象庁・・・高解像度降水ナウキャストでわかる事!

リンク先のページはこんな感じ。GPS情報を利用して現在自分がいる場所を表示することもできます。

標準の画面は、現在ー過去の降雨状況と、未来の降雨予想げ

とりあえず初期画面では、現在の雨雲の状況を調べることが出来ます。

過去から未来の雨雲の動きを見ることが出来ますよ。でもここまでだったら、Yahooの雨雲レーダーでもできますよね!

では、下の方に並んでいるボタンを順番に押していきましょう!

2番目のボタンは、現在の降水域と、30分後までの降水域の表示

現在雨が降っている範囲を太い黄色の枠で表示するとともに、30分後までに雨が降る範囲を、細い黄色線と、ドット模様で表現しています。

上の例では、雨雲は、今後北の方に広がっていく!というのが分かりますね!

3番目のボタンは、「竜巻」と「雷」の警戒情報です。

3番目のボタンは、竜巻の警戒情報。(ボタンだけ見ると、何の情報だかわかりませんが。。言われてみれば竜巻に見えるかな??)

赤枠で囲った所が、竜巻、または、雷の発生する可能性がある所。塗りつぶしの仕方で、活動のレベルを表示しています。

ただ、この表示の疑問が、、竜巻と、雷を一緒にしている所。

この二つの活動状況を同じ画面にまとめても大丈夫なのか、山猫にはわかりません。もしかしたら、竜巻が発生しやすい状況と、雷が発生しやすい状況って、気象学的には同じなのかもしれませんね!

※適当に言ってます。

4番目のボタンは、「雷」の実際の発生状況を表示してくれます。

雷が発生した場所を黄色い×印と□印で表示してくれます。

×と□には意味があって・・・

□:対地放電(落雷)つまり□のマークの場所に雷が落ちたという事。

×:雲放電 雲の中でゴロゴロ鳴った場合。

を表しているのです。

雷が、ピカピカゴロゴロしている時は、どのあたりで鳴っているかとか、どこに落ちたのかってきになりますよね!

この、表示を見れば、どこに雷がいるのがすぐにわかるのです。

5番目(最後)のボタンは、どのくらい雨が降っているか?

ちょっと表示が地味ですが、、真ん中の雨が強く降っているあたりの数字は[6.0] 雲の南や北は[0]という表示。

これは、直近の10分間で、何ミリの雨が降ったかを表しているのです。

10分間で6ミリというと、一時間で36ミリ。真ん中布巾は結構、豪雨が降っている事が分かります。

まとめ

今回は、日本の天気予報の親玉。気象庁のホームページが、ものすごく便利になっていたのでご紹介しました。

実は今までも、気象庁のホームページにはいろいろな気象情報が表示されていたのですが、、

正直な所、あまりきれいに表示されて、いないなあという印象でした。。

特にスマホの画面では、自分が欲しい情報がなかなか見つからない状態。。

はっきり言って、Yahoo天気などのアプリの方が、見やすくて役に立つと思っていたのですが、、

最近見た気象庁の表示、ものすごく改善されているし、情報量も多いという事で、雷の情報や、今後の雨の範囲の情報などは、気象庁のHPも併用して使っています。

とにかく、最近の天気は、移り変わりが早くて、平地なのに、登山をしている時のような緊張感が必要になっています。

気象庁のHPや、Yahoo天気などの天気予報アプリを上手く使って、突然の雨を回避できるよう気を付けたいですね!

以上最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

~合わせて読みたい~

夏の雷の季節が来ましたね!家の電化製品の雷対策はお済ですか?雷サージ対策まとめ記事です!
今回は、雷から家電を守るためのグッズのご紹介。雷って嫌ですよね。。光と音は怖いし、電化製品を壊してしまうし。。 この記事では、雷が直撃したわけではないのに電化製品が壊れてしまう理由と対策をお伝えします。
風の流れが手に取るようにわかるアプリ!「Windy」今までの天気予報アプリにはないリアルな風の流れがわかります。
今回ご紹介するのは、地図の上に風をグラフィカルに表現してくれる神アプリ! 過去から未来の風の強さもわかるので、お出かけの計画を立てる時にも役立ちます。 特に、海や川、山に行くときは、どのくらいの風が吹くかは大事な情報なのです!
突然、近づいてきて「ドカン!」と落ちる雷。。遠くの雷を感知する便利グッズをご紹介します!(レビュー記事)
雷って怖いですよね。街中ならまだいいけど、アウトドアで遊んでいる時に雷が鳴り始めると、ホントに怖い!少しでも早く安全地帯に逃げなければいけないのですが、音が聞こえてからでは間に合わない可能性も! 今回ご紹介する、雷探知器を使えば、音が聞こえない距離の雷も探知してくれるのです!アウトドアの必需品です!!!
冬の雷は夏の雷の100倍のパワー?日本海側に発生する冬の雷はめちゃくちゃやばい!
雷と言えば、「夏」の風物詩。最近は夏の暑さが昔よりひどい事もあって、夕方になるとものすごい雷雨になることも。。 でもこの記事は、夏の雷ではなくて、冬の雷についてなんです。 日本海沿岸に発生する、冬の雷のメカニズムについて解説します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました