防災! 家具の転倒防止対策が難しい理由!

防災
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。(@yamaneko_solar
今回は防災の話。

子ども猫
子ども猫

大きな地震が起きると、この棚倒れちゃうかな?

山猫
山猫

この棚は、壁に固定してあるから大丈夫だと思うけど、、ちゃんと対策しないと、倒れてきてすごく危ないんだ!

地震の時、大きくて重い家具が倒れてくると本当に危ないですよね!

 

阪神淡路大震災では、家具の転倒で沢山の方が亡くなりました。

地震発生が早朝でまだ寝ていた方が多かったのも、家具の転倒による被害を増やした原因の一つと言われています。

子ども猫
子ども猫

寝てるときに頭の上に棚が倒れてきたら・・・そんなの嫌だよ!

山猫は、東日本大震災の時に、家の家具がほとんど倒れて、ほんとに怖い思いをしました。寝る場所を作るために倒れた家具を起こしたのですが、その晩は緊急地震速報がなるたびに廊下に避難する始末。寝ることなどできませんでした。。

 

本当は、本棚などの家具は壁にしっかりと固定したり、天井との間に突っ張り棒を入れて動かないようにしたいのですが、、、これがなかなか難しいのです!

特に、賃貸のアパートやマンションに住んでいる場合は、壁に穴を開けられない場合が多いですから、L字金具で家具を固定することが出来ないのです

この記事を読むと、家具の転倒防止対策がとっても難しいという事が分かります。

※それだと救いが無いので、次の記事で、賃貸でも使える転倒防止グッズをいろいろ紹介する予定です。

スポンサーリンク

家具の転倒防止対策は難しい。

子ども猫
子ども猫

この前ホームセンターに行ったら、転倒防止グッズが沢山売っていたよ!

山猫
山猫

確かに沢山売ってたね!でも市販の転倒防止グッズが使いにくい場合があるのだ!

なぜかと言うと!!!!

 

重さのある家具を支えられるだけの強さが、壁や天井にないからなのです。

もうちょっと正確に言うと・・・

「家具を支えられるくらいの強さのある壁や天井の裏の柱を見つけるのが難しい」からなのです。

最近の家は、壁は石膏ボード。天井も薄い板という作りの物が多いので・・・

L字金具をネジで止めようとしても、止める場所がないというケースがとっても多いのです。

また、天井が弱いという事は、突っ張り棒の効果が期待できないって事。

地震が起きたときに壁や天井ごと壊れる可能性が高いのです。。

一応、転倒防止グッズの説明書を読むと、「壁の中の柱を探してつけるよう」注意書きが書かれているのですが。。

そんな上手い具合に柱がない!

という場面がほとんどなのです。壁を細かくたたいていくと、柱の有無が分かるのですが(柱のある部分は音が変わる)

家具の裏の転倒防止金具を付けたい所に柱がある事はほとんどありません。

ちなみに、壁の裏の柱を探すための便利ツールが市販されています。こちらの記事で特集していますので、覗いてみてください。。

内壁の後ろの柱を探すのはとっても難しい!でも「下地センサー」を使えば一発でわかります!!
壁にフックを取り付けたり、耐震補強用の釘やねじを打つとき、壁の後ろに柱が無いと強度が足りなくてすぐに外れてしまいます。今回の記事でご紹介するのは、壁の後ろの柱を、早く、簡単に見つけられる便利グッズ!一つ持っていると重宝しますよ!

そもそも賃貸物件では、壁に穴をあける事が出来ない。

山猫
山猫

そもそも、賃貸のアパートやマンションでは、壁に穴を開けちゃダメな所が多いよね!

前に住んでいた所はみんなそうだったね!

 

 

持ち家なら、「壁の柱にL字金具で固定する」という対策が可能なのですが、そもそも賃貸物件では、壁に穴をあける事も出来ません。(もちろん大家さん次第ですが。。)

どうしても壁に穴をあけない対策が必要になります。。。もともと難しい家具の転倒防止対策が賃貸物件だとさらに難しくなるという事がわかります。。

スポンサーリンク

最高の対策は家具を置かない事

なんだそれ!と言われそうですが、一番の対策は・・・

「家具をなるべくおかない事。物を減らす事。置いたとしても背の低い家具にする事です。」

子ども猫
子ども猫

元も子もない気がするけど、確かに家具が無ければ倒れないし、背の低い家具の方が怖くないよね!

 

 

新築の場合は、壁に作り付けの家具を設置するのが一番。

家具がなければ、倒れる心配はありません。(当たり前ですが。。)でも、家具を全く置かないというわけにはいきませんよね。

うーん。これだけ物があると、収納は必要だなあ・・・

山猫
山猫

全く家具を置かないのは難しいけど・・・出来るだけ減らす努力は必要だよね。一つでも家具が減ればそれだけ危険も減るって事だから!!

家具の数を一つでも減らす事はとても大事な事! 10個の家具を固定するよりは、一つの家具を固定する方が簡単ですし、しっかりと対策できます。

まずは、家具を一つでも減らす!という事を考えてください!

それでも家具は残る。。

いくら、家具を減らしても、ゼロにする事は難しい(もちろんゼロに出来れば良いのですが、現実的には難しいですよね!)

なんとか、地震の時に家具が倒れないように対策していかなくてはなりません。

子ども猫
子ども猫

続きは、賃貸アパートやマンションでも使える、転倒防止グッズの紹介記事だよ!釘を使わないから壁を傷めないんだ!

防災! 家具の転倒防止対策 普通の突っ張り棒では力不足。では、何を使えば良いのか?
今回は、賃貸アパートや賃貸マンションでも使える、家具の転倒対策グッズを紹介します。よくあるタイプの突っ張り棒は、地震の時に役に立たない事も。。この記事では、最新の転倒防止対策グッズをご紹介します。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

~合わせて読みたい~

内壁の後ろの柱を探すのはとっても難しい!でも「下地センサー」を使えば一発でわかります!!
壁にフックを取り付けたり、耐震補強用の釘やねじを打つとき、壁の後ろに柱が無いと強度が足りなくてすぐに外れてしまいます。今回の記事でご紹介するのは、壁の後ろの柱を、早く、簡単に見つけられる便利グッズ!一つ持っていると重宝しますよ!
防災:玄関や寝室にある「姿見」地震で割れると危険です!超軽量の割れない鏡をおすすめします!
今回のテーマは、「割れない鏡」。。鏡って玄関や廊下、寝室など、ひとの出入りがあるところに置きますよね。地震が起こった時、ガラスの鏡が割れると大変な事に!いきなり避難を難しくしてしまいます。そこで、今回ご紹介するのが「割れない鏡」なんです!
防災!薄型テレビの地震対策をもう一度考えてみる。~おすすめ耐震グッズのご紹介~
今回は、薄型テレビの耐震対策を考える回。薄型テレビは年々大型化してますよね。40インチ以上のテレビを買う事は当たり前になってきました。そんな大型テレビ。地震の時に倒れると、けがをしたり、テレビが壊れたり。。。今回は薄型テレビの耐震対策グッズをご紹介します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました