「防災・アウトドア・車中泊」自動車で「アツアツのご飯を食べる」シガーソケットで使える車載炊飯器がすごい!

アウトドア・DIY
スポンサーリンク

(この記事の最終更新日は、2020年5月19日です。)

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。(@yamaneko_solar
この記事は、昨日書いた、自動車でお湯を沸かせる「ワクヨさん」紹介記事の続きとなります。

今回のテーマは、自動車のシガーソケットで使える「炊飯器!」

その名も「タケルくん」のレビュー記事となります。

子ども猫
子ども猫

どうでもいいけど、商品のネーミングどうなってる??

山猫
山猫

「ワクヨさん」に「タケルくん」まあ、覚えやすくていいよね。。

最初に結論!

・車載用の炊飯器は数社から販売されているが、満足のいく炊きあがりの商品は少ない。

・「タケルくん」は長距離トラックの運転手さんからも高い評価を受けている

・山猫も使ってみてびっくり!想像以上に美味しい!!

12V車用のタケルくんはこちら↓

24V車用のタケルくんはこちら↓

詳しく知りたい方は、是非続きをご覧ください!

35分の炊飯時間で、1.5合の美味しいごはんが出来上がり!

このブログを書いている山猫は、自動車でふらふら旅行に行くことが多かったので、自然と自動車の中での食事に凝るようになってきました。

その中で、やりたいなあと思っていたのが、自動車の中での炊飯!

探してみると、シガーソケット(シガーソケットって何?って方は、前の記事をご覧くだされ!)で炊くタイプの炊飯器がいくつか。。

ただ、確かにごはんは炊けるけど・・・っていう炊飯器が多くて、これだったらコンビニでおにぎり買った方がいいな。。と言う商品ばかり。。

子ども猫
子ども猫

コンビニはちょっと高いけど、おいしいし、頼めば温めてもらえるし、言う事ないよね!

山猫
山猫

でも、ジェーピーエヌ(JPN)という会社が作っている「タケルくん」は違ったのだ!

電気屋さん(山猫は電気のエンジニアなのです)から見ると、DC12Vで、炊飯するというのはかなり難しい。

家庭用の100Vの電気に比べると12Vは、はるかにパワーが弱い。。

しかも、シガーソケットは、流せる電流に制限があるのです。つまり限られたパワーでいかに美味しいごはんを炊くか。。

この難しいミッションの答えの一つが「タケルくん」というわけ。

とにかく、1.5合のご飯を、車載で美味しく炊ける。。これはかなり感動しますよ!

12V車用のタケルくんはこちら↓

24V車用のタケルくんはこちら↓

準備するのは、無洗米のご飯と、ペットボトルの水

タケルくんは、米と水さえあれば、ご飯が炊けるのですが、、使用するお米は「無洗米」がおすすめ!

だって、自動車で暖かいごはんを!と言っているのに、お米を外で洗ったら、意味ないですよね。。

子ども猫
子ども猫

普段は、洗うお米を使っているうちでも、外で炊くのなら無洗米が楽だね!

山猫
山猫

どこでも、お米が洗えそうな水道があるわけじゃないしね!

山猫のおすすめは、吸水時間長め+蒸らし長め。

もちろん洗ってすぐに炊いても、美味しいごはんは炊けるのですが、ちょっと時間を置いて水を吸わせてあげると、さらに美味しいごはんが出来上がります。

トラブルの元!電源を挿すシガーソケットは接触不良が起きやすい!

実はシガーソケットに挿す電源コネクタは、接触不良が起きやすい構造なのです。。

山猫
山猫

しっかりと押し込まないと、シガーソケットと、電源コネクタとの接触が悪くなって発熱するのだ。。

子ども猫
子ども猫

なんで発熱するの?

山猫
山猫

タケルくんもワクヨさんもそうなんだけど、シガーソケットの制限に近い電流を流しているんだ。
コネクタが微妙に接触している状態だと、電気の通れる道が狭くなってしまうのだ!

子ども猫
子ども猫

狭い所を大量の電気が通り抜けようとするので、通れなかった電気が熱になっちゃうってことかな?

山猫
山猫

シガーソケットにコネクタを挿す場合はいつも気をつけなきゃいけないのだけど、たくさん電気を流す場合は特に気を付けないと、コネクタが溶けてしまうよ。。

電流をたくさん流す必要のある、ワクヨさんやタケルくんは、コネクタの接触が大事!

シガーソケットは、車によって形状が微妙に違う上に、穴の大きさも微妙に小さかったり、大きかったりするもの。

ワクヨさんや、タケルくんの電源コネクタを挿した時に、スカスカだったら要注意!

火災の危険もあるので、シガーソケットや、電源コネクタを交換する必要があります!

山猫
山猫

ワクヨさんやタケルくんだけじゃなくて、電気をたくさん流す機器を使っている人は、みんな気をつけなきゃいけない問題だよ!

スポンサーリンク

なんと自動車の中で、美味しいご飯が炊ける「タケルくん」を使ってみた感想 ~まとめ~

今回は、自動車の中で、美味しいご飯が炊けるジェーピーエヌの「タケルくん」を紹介しました。

実は、このタケルくん。深夜に移動する必要のある、トラックの運転手さんに大人気!

深夜だと、高速の食堂が閉まっている事も多いですからね!しかも自分でご飯を炊けば節約にもなります。

もちろん、キャンプでも大活躍!

山猫
山猫

実は防災用としても、優秀なんだ!

次回は「防災用やアウトドア用」に、ワクヨさんとタケルくんを便利に使えるグッズの紹介を予定しています!お楽しみに!

~今回ご紹介した商品はこちら~

12V車用のタケルくんはこちら↓

24V車用のタケルくんはこちら↓

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

合わせて読みたい~

「防災・アウトドア・車中泊」停電時、火を使わないで、「お湯」を沸かす!自動車のシガーソケットでお湯が沸かせる「ワクヨさん」の感想!
(2020年5月18日更新)今回ご紹介するのは、自動車のシガーソケットを使ってお湯が沸かせる、シガーソケット専用ポット。 ドライブ中、旅行中、キャンプ、災害時など、お湯を沸かせることが出来ると便利なシチュエーションはかなりあります。 いろいろな車載ポットを使ってきた山猫がおすすめする「ワクヨさん」のご紹介記事となります。
専用の大容量ポータブル電源で、「ワクヨさん」「タケルくん」を使う!火を使わずにお湯を沸かし、ご飯を炊く方法教えます!
(2020年5月20日更新)今回ご紹介するのは、災害時やアウトドアシーンで大活躍、火を使わずに「お湯を沸かしたり」「ご飯を炊いたり」するグッズのご紹介。 中心になるのは、専用に設計された大容量の電池(ポータブル電源)です! この記事では、ポータブル電源をつかった便利な生活について解説します!
防災!大容量ポータブル電源は、災害時のスマホ充電ステーションとして役に立つのか?
(2020年5月23日更新)今回のテーマは、大容量のポータブル電源と、充電用ソーラーパネルは、災害時のスマホ充電ステーションとしてどのくらい使い物になるか?という記事!結論は「かなり使える!」どのくらい使えるかは、是非記事をお読みください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました