置き場所に困る古い楽器。中古業者に売るのも悪くありませんが、「寄付」するという選択肢もありますよ!

豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。(@yamaneko_solar

今回のお話は、古い楽器。

昔使っていたけど、使わなくなってしまった楽器が倉庫に眠っている事、結構あるんじゃないかしら?

 

古い楽器は、売ることも出来るけど・・・

この世の中には「楽器が欲しいけど、買う事ができない」という人が沢山います!

今回は、山猫の実家で埃をかぶっていた楽器を寄付した時の手順や感想をお伝えします。

子ども猫
子ども猫

寄付するのって難しそう。。

スポンサーリンク

忙しい人のための結論!~寄付は難しくない~

※ 山猫家が楽器の寄付を行ったのは、2019年。今では状況が変わっている可能性があります!最新の情報は、運営元にご確認ください。

山猫が楽器の寄付を思いついた時に心配だったことは・・・

  • かなり古い楽器だが大丈夫だろうか?
  • 長く使っていない楽器。オーバーホールした方が良いのでは?
  • 入門用の安い楽器でも寄付させてもらえるのだろうか?

結論を言うと・・・どう見ても壊れている!という状態でなければ、そのまま寄付してくださいとの事でした。

山猫が楽器を寄付した先は・・・

「NPO法人セブンスピリット」

フィリピンの子ども達の為に楽器をやスポーツ用品などを支援しているNPOです。

2020年8月の段階で募集している楽器は・・・

◎管楽器 フルート、オーボエ、ファゴット、クラリネット、サクソフォーン
ホルン、トランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、テューバ、

◎打楽器 シロフォン、各種パーカッション

◎弦楽器 バイオリン、ビオラ、チェロ

◎リード、メンテナンス用品

山猫
山猫

目標は、フルオーケストラを作ることなんだって!

だから、管楽器と弦楽器が中心なんだよ。

使わなくなって家に仕舞ってある楽器。。

もう使う人がいないけれど捨ててしまうのは寂しい・・・という方きっといると思います。でも・・・楽器も使ってもらえた方がうれしいと思いますよ!

↓寄付の対象になっていない楽器は・・・買い取ってもらうのも一つの方法です↓

もう使わなくなった楽器・・・大切な思い出だけど。。

山猫が寄付をしようとしていたのは、山猫の父親が昔使っていた古い楽器。。

 

なんとなく処分できなくて、物置の片隅で眠っていました。
久しぶりに開けてみた所、目立ったキズや汚れもないし、壊れている部分も見当たらないという状態でした。。

ただ、長い間使っていなかったので、多分このままでは使えないはず。。きっとオーバーホールをしなければいけないのだろうなと考えていました。

山猫
山猫

自分が吹けるわけではないので、壊れているかどうかの判断は出来ませんでした。

 

お父さんの大切な思い出の楽器だけど、、

このまま静かに朽ちていくのもかわいそうだね。

 

山猫
山猫

ずっと家に置いておくか、処分するかで迷っていた時・・・

テレビで楽器の寄付についての番組を見たのだ。

スポンサーリンク

家にある古い楽器。「寄付」するという選択肢があります。

正直なところ、山猫には古い楽器を寄付するという発想がありませんでした。

山猫
山猫

しかもすごい高級品ってわけでもないからね。

捨てるか、中古ショップに売るかしか考えていなかったのだ。

子ども猫
子ども猫

でも楽器の寄付について調べてみたら、

楽器を必要としている所がいっぱいあったんだよね!

国内でも海外でも、楽器を必要としている所がたくさんあることがわかったので、早速寄付の検討を始めました。

でも、寄付をするって事は、寄付した先で楽器が使われるって事。

山猫
山猫

使えない楽器を寄付しちゃったら、ゴミを増やすだけで迷惑になってしまうのではと心配したのだ。

山猫が心配したのは・・・

  • かなり古い楽器だが大丈夫だろうか?
  • 長く使っていない楽器。オーバーホールした方が良いのでは?
  • 入門用の安い楽器でも寄付させてもらえるのだろうか?

という事。

山猫
山猫

まあ、一人で悩んでいても仕方がないので、寄付を募っているNPOに相談することにしたのだ。

相談の過程の説明の前に、山猫が楽器を寄付したNPOをご紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンの子ども達を支援しているNPOセブンスピリット

山猫が楽器の寄付先に選んだのが、フィリピンの子ども達を支援しているNPOセブンスピリットさん

 

セブンスピリットはフィリピンの子ども達が音楽とスポーツを通して学び、子どもらしく遊べるように活動する
特定非営利活動法人です。

音楽活動ではオーケストラでたくさんの人と共に演奏する中で、子ども達は社会や団体での自分の在り方、自らの役割を果たす責任感、他者を思いやる気持ちを学んでいきます。

音楽の技術がいくら上達しても、人間的な成長がなければそれは大きな意味を成しません。
子ども達が音楽を楽しむなかで、我々がしっかりと目標を定めて子ども達を導いていきます。
そして、子ども達が自ら考えて自分の人生を切り拓けるように、その道すじを照らしてあげる存在でありたいと考えています。

公式ページhttp://seven-spirit.or.jp/mission/ より引用

 

2020年8月の段階で寄付を募集している楽器は以下の通りです。

◎管楽器 フルート、オーボエ、ファゴット、クラリネット、サクソフォーン
ホルン、トランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、テューバ、

◎打楽器 シロフォン、各種パーカッション

◎弦楽器 バイオリン、ビオラ、チェロ

◎リード、メンテナンス用品

子ども猫
子ども猫

セブンスピリットさんの目標はフルオーケストラを作る事!

だから、管楽器から弦楽器まで幅広く募集しているんだね!

山猫
山猫

とりあえず、現在の楽器の状況と、どうすれば良いかを相談してみたのだ。

スポンサーリンク

 

結論・・・楽器の寄付は難しくない!

子ども猫
子ども猫

問い合わせの結果はどうだったのかな?

山猫
山猫

とりあえず、楽器の現在の状況をなるべく細かくお伝えして、

判断をお任せしたのだ。

子ども猫
子ども猫

で、、どうだったかな?

山猫
山猫

簡単に言えば・・・そのまま送ってください!という事だったよ。

こちらから、現在の状況をお伝えしたところ・・・必要な調整があればこちら(NPO側)で行うので、そのまま送っていただいて大丈夫!との事でした。

山猫
山猫

正直なところ、オーバーホールしてから送って!って言われたらどうしようかと思っていたんだ。

楽器のオーバーホールは、結構な金額になっちゃうからね。。

ちなみに、送付先の指定は、東京の管楽器専門店。ホームページには

フィリピンの輸送事情を考慮して、皆様に頂いた楽器は基本的に、スタッフの手によって直接、現地の子ども達まで届けさせていただきます

と書かれていましたので、楽器店で調整した後、フィリピンに輸送しているようです。

 

子ども猫
子ども猫

現地の子ども達の役に立っていると良いね!

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、楽器の寄付についての記事でした。

山猫
山猫

最初はね・・・寄付ってなんだか難しそう!って思ったのだけど、やってみたらとっても簡単だったんだ。。

もちろん、すべての楽器を無条件で引き取ってくれるか?と言われたら答えは「No」だと思います。直すのに多額の費用が掛かるぐらい壊れてしまったら、寄付する意味が無くなっちゃいますよね!

でも、古い楽器でも、故障していなければ寄付出来るケースもありますので、家で眠っている楽器がある方は、楽器の「寄付」を考えてみたらいかがでしょうか?

今回ご紹介したNPO法人 セブンスピリットの公式ページはこちらです。

以上最後までお読みいただきありがとうございました!

↓寄付の対象になっていない楽器は・・・買い取ってもらうのも一つの方法です↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました