あなたの使っている家電や道具「リコール」の対象商品かもしれませんよ!意外に危険は身近にあるかも!

豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。

今日の話題は「リコール」!。リコールと言うのは、メーカーが販売した商品に欠陥があって、回収や修理を行う事ですよね。

自動車メーカーが「リコール」をした!と言うのがニュースになりますので、なんとなく自動車業界だけの話かと思っていたのですが、、、実は自動車以外にも「リコール」は行われているのです!

今日は、そんな、自動車業界以外のリコールについての記事になります。

事の発端は、ティファールのフライパンのリコールでした。

山猫は、ティファールのフライパンが大好き!しかも取っ手が取れるタイプをずっと使い続けています!(最近また、チタンコートのフライパンと鍋のセットを買っちゃいました。。)

じゃじゃん!この取っ手の取れるティファールは、すごく便利!とにかく収納が簡単なんです。(普通のフライパンや鍋は、取っ手が邪魔になって、キレイに重なりませんよね。。)

・・・今回は、ティファールのフライパンをお勧めする回ではありませんでした。。。

子ども猫
子ども猫

ねえねえお父さん!ティファールのフライパンで取っ手が取れてヤケドしちゃったんだって!

山猫
山猫

なになに。昔販売した取っ手が取れるタイプの持ち手に問題があったみたいだね。・・メーカーのホームページを見るとリコール対象になってるよ!

取っ手のとれる調理器具ハンドル無償交換のお知らせ | カスタマーサービス | CLUB T-fal
「取っ手のとれる調理器具ハンドル無償交換のお知らせ」。T-fal(ティファール)公式サイト。製品の最新情報、ティファール調理器具・調理家電を使ったオリジナルレシピをお届け。CLUB T-falマイページユーザー(登録無料)には、素敵な特典をご用意しています。
山猫
山猫

この商品、2004年にリコールがかかってるのに、15年たっても回収率がたったの28%しかなかったみたいだね。。

子ども猫
子ども猫

そんなに少ないの!!じゃあ危険な状態で使い続けてる人が多いって事?

山猫
山猫

そういう事になるね。自動車のリコールだと、販売店が誰に売ったか分かっている場合が多いから、リコールは比較的、簡単だけど、家電や家庭用品は誰が買ったかわからないから、なかなか難しいね。。

子ども猫
子ども猫

そっかー。なんだか怖いね!

という事で、ほかにどんなリコールがあるか調べてみる事に・・・

調べてみた分かった!すごい数のリコールが届けられている!

経済産業省に、どのようなリコールがいつ発生したかを公表しているページがあるので覗いてみると、、

リコール情報(METI/経済産業省)
経済産業省のホームページ。製品安全。

恐ろしい数のリコールがあることが分かりました!

2001年10月~2019年7月までの18年間に届けられたリコールは、なんと1335件!!

2018年の一年間に着目すると、「71件」5日に1件のペースですね・・・かなりの数のリコールが発生していることが分かります!

リコールされている製品も、衣類から自転車、家電、ガス製品など、ありとあらゆる分野に及んでいるため、これを調べるにはどうすればいいの?状態です。

リコール情報は、メーカーのホームページを見るのが確実

家じゅうの家電や雑貨にリコールがかかっていないか調べるのは、正直な所「現実的」ではないですよね。。だってあまりにも調べるものが多いですから。。。

出来れば、全部調べるのが望ましいけれど、それが出来ない場合は、

故障した時の危険度が高い物から順番に調べる事をお勧めします。

故障した時の危険度が大きいのは、、

・電気ストーブやドライヤーなど消費電力の大きな家電(火災や発煙の危険性がある)

・石油ストーブやガスコンロなど、火を使う製品(こちらも火災の危険性がありますよね)

・自転車など、転倒によりケガをする可能性があるもの。

・子どものおもちゃ。

・台所用品。

を重点的に調べて、時間に余裕があったら、ほかの製品も調べていくという方針が良いかと考えています。

調べ方は簡単。「メーカー名(商品名) リコール」で検索すれば、特定の企業がどんなリコール情報を出しているかすぐにわかりますよ!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、自動車以外のリコールについてお知らせしました。

正直な所、こんなに沢山のリコールが出ているなんて夢にも思いませんでした。

たまーに、リコールした商品を回収しているというコマーシャルが流れるので、それで全部なのかと思っていましたが、実は報道されないリコール案件が山ほどあることが分かりました。

あなたも知らないうちに、危険な家電を使い続けている可能性がありますよ!

怪しそうな物だけでも、ググってみる事をお勧めします!

以上最後までお読みいただきありがとうございました!

~合わせて読みたい~

注意喚起!いつも使っているエスカレーターで、我が子があわや大事故!身近な所に危険が潜んでいるなと改めて思いました!
(2020年1月23日更新)今回は、実際に私の子どもの靴がエスカレータに巻き込まれてしまった時の話。幸い、靴はすぐに取れて、大事には至らなかったのですが、一歩間違えば大けがをしていたかも。。という事でとっても怖い体験でした。 今回の記事は、エスカレータに巻き込まれやすい靴のお話や、なるべく事故に巻き込まれないようにする方法を解説します。
ヘアドライヤーが発火する!電気のコードは意外と繊細。取り扱いを間違えると危険ですよ!
(2019年12月23日更新)どこのご家庭にもあるヘアードライヤーですが、どうしても電気コードに負担をかける使い方になりがち。。 電気コードが傷むと、発煙、発火の危険性が出てきます。 この記事では、なぜドライヤーで発煙、発火が起きるのか?その理由を解説しています。
便利な「電工ドラム」(コードリール)。使い方を間違えると「発煙、発火」の危険が!
(2019年12月10日更新)広い場所や屋外で電気を使う時に必ず登場するのが、電工ドラム(コードリール)電気コードがリール状に巻かれていて、必要な長さだけ引き出して使える便利グッズ。使ったことがある!という方多いですよね!でもこの電工ドラム。使用方法を気を付けないと発煙、発火の危険性があるのです!
カビキラーやハイターに書いてある「混ぜるな危険」って一体どんな危険が待ち受けているの?
(2019年11月11日更新)スーパーやドラッグストアに行くと沢山売っている洗剤・・・でも洗剤の中には、なんだか危なそうな注意書きが書いてあるものがありますよね!!代表的な物が、塩素系の洗剤。 強い漂白作用があるので、漂白剤やカビ用洗剤に使われています。 この記事では、洗剤を混ぜる危険性を解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました