デジカメの充電器は社外品で十分なのか?

カメラ-写真-ビデオ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(この記事の最終更新日は、2019年9月10日です。)

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。(@yamaneko_solar
本日の話題は、デジタルカメラ。。。のバッテリーについてです。

山猫が持っているデジタルカメラは、オリンパスのOM-D E-M10Mark2という機種です。

ずっと、充電器、充電池とも純正品(買ったときの付属品です。)を使ってきたのですが、、、

 

先日、電池を充電しようと思ったら、充電器がないことに気が付きました。。。

いつも、同じ場所においてあるはずなのに!充電器 どこ行った!

不思議な事にいくら探しても充電器が出てきません。。

直近で、カメラを使う用事があったため、充電器がないのはやばい。。探している時間もないので、新しい充電器を買うことにしました。

そこで、目にしたのは、、、

異常なほど安い、充電器と充電池達です!

 

忙しい人向けのまとめ!

結局、社外品の充電器とバッテリーのセットを買った山猫。

半年以上使ってみた感想は・・・・

なんの問題もない!!もちろん、山猫が買ったのは沢山発売されている、社外品充電器とバッテリーの内の一つ。あたりはずれも、粗悪メーカーの有り無しもわかりませんが、、、

とりあえず言えるのは、爆安で買った、充電器とバッテリーのセットは、何の問題もなく使えている!という事!

山猫が購入した、オリンパスのOM-D E-M10Mark2用の、充電器と充電池のセットはこちらです。

詳しく知りたい方は、ぜひ、続きもお読みください!!

スポンサーリンク

デジカメの充電器と充電池 純正と社外品の価格差は・・・

とりあえず、amazonで純正品と社外品の価格を比べてみました。

なお、社外品は、かなりたくさんのメーカーが参入していましたので、適当に2社くらい選抜して調査(他のメーカーも価格はたいして変わらなかったので割愛)

ちなみに調査は、2018年12月1日に実施しました。

充電器の価格

・オリンパス純正品 ・・・4614円 (AC100V入力)

・社外品A ・・・ 1215円(USB 入力)

・社外品B ・・・ 1125円(USB 入力)

価格ですが、社外品は純正品のだいたい1/4くらい!!

しかもUSB入力が標準になっている模様。

多分AC100入力よりもUSB(DC5V)入力の方が安く作れるのだとは思う。

しかし利便性で考えれば、USBのほうが便利なんですよねえ。

なんといってもモバイルバッテリーから充電できるのは大きなメリット!

 

大型のモバイルバッテリーと充電器をセットで持っていれば、屋外での活動時間がぐっと広がります。

充電池(リチウムイオンバッテリー)の価格

・オリンパス純正品 ・・・ 4050

・社外品A ・・・ 868

・社外品B ・・・1426

正直、充電池は純正を使いたい所。リチウムイオン電池は、品質が悪いと発火しそうだし。。

電池の容量も、カタログスペック通りあるか、外見だけでは判断できませんよね。。

でも、この価格はすごい! やっぱり充電池も純正品と社外品では4倍くらいの価格差がある

今まで、デジカメのバッテリーは、純正品がいいかなあと思っていたのだけど、この価格差はやばいです。もし、純正品と変わらない使い心地だったら、、社外品でも良い気がしてきました。。。

一応、PSEマークとかついているから、安全性には問題ないのかな?

買っちゃいました。

結局買ったのは、「str」という会社の、充電器と充電池のセット。価格は1602円でした。。

まあこの価格だったら、壊れてても仕方がないか。。という価格。(燃えたら元も子もないが。。燃えないことを祈る!)

ちなみに、電池は純正品とうり二つ(違いと言えばオリンパスのロゴが入っていないくらいで色合いも含めて見分けがつきません!)

左が純正品。右が社外品だが、違いはほとんどない。。

充電池の容量(カタログスペックは、社外品の方が多い。 純正品 1200mAh  社外品 1550mAh

ちゃんと容量通りつかえるなら、社外品の方が財布にも優しくてGood!という事になります。

とりあえず、一回充電して使ってみたが、今のところは、問題なし。あとは継続使用してどうか?というところです。

充電は、特に問題なく行えています。充電完了は、CHARGEランプの色の変化で教えてくれるので、問題ありません。

あとは、ちゃんと充電池の状態を判断して危なくない充電してくれるか?とか、耐久性はどうか?とか気になることはありますが、今のところは問題なく使えています。

半年使った後の感想

社外品の充電池(バッテリー)と、社外品の充電器を使い始めて半年以上たちました。この間、ブログ用の取材を毎週していたこともあって、デジカメの使用頻度はかなり高かったです

当然、充電-撮影も何回も行って、充電池(バッテリー)も、社外品、純正品を交互に使っていたのですが、、

さて、その使い心地はと言うと、、

まったく問題ありませんでした。」

撮影枚数は正確にはカウントしていないのですが、感覚的には、社外品の方が持ちがいいな!と思えるぐらい。

充電時間も、純正品のバッテリーと社外品のバッテリーで違いはないし、充電中に熱くなることもありませんでした。。。

社外品の充電器も、トラブルフリーで活躍してくれています。

という事で、少なくとも、山猫が買った充電器と充電池は、問題なく使えました。

ただ、購入して使用したのは1セット。もしかしたら「あたり」を引いただけかもしれませんので、この結果だけ見て、安い社外品最高!とするのは早いと思います。

少なくとも言えることは、今回山猫が手に入れた社外品の充電器と充電池は何の問題もなく使えています。ということです。

スポンサーリンク

まとめ

正直なところ、社外品の電池や充電池を使うことはあまり気が進まなかったのですが、背に腹は代えられぬ状態だったので、

今回は社外品を購入してみました。

最近私の周りは、どんどんUSB充電化していて、USBでの充電が全く珍しくなくなりました。デジカメ用充電器も、USB充電に対応しているのは非常にありがたいです。

今回買った、USB式の充電器は、私のライフスタイルにピッタリ合って、非常に気に入っています。

あとは、耐久性ですね!

以上、今回は、デジカメ用の充電器と充電池についての記事でした

 

今回ご紹介した商品はこちら!

最後までお読みいただきありがとうございました。

~合わせて読みたい~

操作簡単!10m防水に1.8mからの耐衝撃性能。使う人を選ばないデジカメ、ニコンクールピクスW150は、子どものカメラデビューに最適!
今回ご紹介するのは、子どものカメラデビューに最適な、ニコンクールピクスW150。 とにかく頑丈でしかも小さな子どもでも扱いやすい工夫がいっぱい。さらに、防水、耐衝撃と、もしもの時も壊れないタフさが自慢のカメラなんです。 しかも、お求めやすい価格に抑えられている。。これ!ほんとに、子どものカメラデビューに最適ですよ!
アクセサリーなどの小物の写真撮影。小型で安価な撮影ボックスがあれば見違えるほど綺麗に撮れますよ!
最近、自分でアクセサリーを作って、ネットで販売する人が増えてきましたね!これもインターネットという誰でも簡単に利用できる、ネットワークがあったから!ほんとにすごい時代になったものです。 今回ご紹介するのは、商品の写真や小物などを簡単にキレイに撮ることの出来る、ライトボックスと呼ばれるものについてです。
写真の話題「一眼レフやミラーレス一眼でドーンと大きく写したい場合、マクロレンズを買うよりお手軽な方法がありますよ!」
今回の記事は、一眼レフカメラはミラーレス一眼で、出来るだけ安価にクローズアップ撮影を楽しむというテーマで書きました。 クローズアップ撮影と言えば、高級なマクロレンズが思い浮かびますが、実はレンズの先につける凸レンズのフィルター。クローズアップレンズでもかなりキレイに撮れるんだよ!という内容の記事です。
写真の背景をブワーとボカすにはどうするか??!(パート1)山猫の写真講座
今回は、読者さんからの質問回答シリーズ。質問内容は、写真の背景を綺麗のボカすには? 写真の初心者の方でもわかるように出来るだけ丁寧に解説します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました