懐かしい記憶が蘇るかも!?なつかしのつぶつぶミカンのジュース「こつぶ」を彷彿させるジュースが売っていた!

料理・家事・食べ物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(この記事の最終更新日は、2019年8月7日です。)

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。

ある年代以上の人なら、一度は見た事のある「こつぶ」というジュース

ミカンの「つぶ」が大量に入っていて、ジュースと一緒にぷにぷにした感触を楽しめるジュースを覚えている人も多いと思います。

サンドイッチマンの、コントにも度々登場しますよね!

でも、この「こつぶ」はいつの間にか生産中止になっていて、もう手に入らないのです

スポンサーリンク

「こつぶ」ってどんなジュース?

はごろもフーズさんが生産していた、果肉入りミカンジュース。果肉入りのジュースの先駆けとなった製品です。(※実は、「こつぶ」はミカン以外にも4種類販売されていたみたいなのですが、みかん以外は記憶にないんですよね。。。)

生産開始は、1980年前後。生産終了は、2000年代中盤(2007年という情報あり)の様ですね。(正確な年月日は調べてもよく分かりませんでした。

ちょうど、私が子どもの時に発売を開始した飲料で、ミカンの果肉がたくさん入っていたのがすごく新鮮だったのを覚えています。

最近見なくなったなーと思ったら、いつの間にか生産が終了していました

これは、はごろもフーズさんの飲料部門が廃止になったのが原因だそうです。。。

もう手に入らない!と思うと、飲みたくなってしまいますね!

「こつぶ」のつぶつぶ感に近いジュースを見つけました。

こつぶの販売以来、果肉入りジュースは一つのジャンルとして確立しましたから、その後も各社から果肉入りジュースが販売されました。

山猫も、いくつか飲んできたのですが、正直な所、「こつぶ」を超えるおいしさの果肉入りミカンジュースにあった事がありませんでした。(※ 「こつぶ」のおいしさを美化しすぎているのかも?ジュースの種類も今よりずっと少なかったですしね)

こつぶの特徴は、最初から最後まで、果肉がなくならない事。多分かなり大量の果肉が入っていたのでは?

その結果、最後にどうしても飲めない果肉が缶に残ってしまうのですけどね。。

そんな、「こつぶ」の味に比較的近いのではないか!と思えるジュースをとうとう見つけました!

それが、


サンガリア つぶみオレンジ 280g×24本


サンガリア つぶみオレンジ 190g缶×30本

この前、偶然店頭で目にして飲んでみたら、懐かしい記憶がよみがえりました。

あーこれ「こつぶ」だわ!!

相手が、記憶の中の「こつぶ」なので、同時に飲み比べてみたら全然味は違うのかもしれません。。

でも、サンガリアのつぶみを、飲んだ瞬間に、「こつぶ」の記憶がよみがえってきたという事は、、

多分、何か通じるものがあるのだと思います。(完全に山猫の主観です・・・意見がある方はコメントに書いていただけると嬉しいです。)

スポンサーリンク

まとめ

今回は、はごろもフーズさんが昔発売していた、「こつぶ」というジュースに、かなり近いと思うジュースを紹介しました。

サンガリアのジュースは、お住まいの地域によってはなかなか手に入らないかもしれません。でも、アマゾンでも売っていますので、ご興味があったら是非買ってみてください。

懐かしい記憶がよみがえってくるかもしれませんよ

もちろん、普通においしいので、なつかしさだけでなく、今の子どもたちでも十分楽しめます!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

~合わせて読みたい~

取っ手の取れる「ティファール」の賢い選び方!~セットやオプションの種類や選びかた~
今回の記事は、山猫が愛してやまない「ティファールのフライパン&鍋」です。しかも、取っ手が取れるやつ! ホントに、性能の良いフライパンと鍋、収納も洗うのも簡単だし、コーティングはすごいし!この記事では、ティファールのフライパンと鍋の魅力をお伝えします!
温かいコーヒーを持ち歩きたい!普通の水筒でもよいけれど、、、専用品はやっぱりすごい!
今日の記事は、コーヒー好きの人のために・・・毎日飲むコーヒー。毎朝コンビニで買っても良いのですが、、自分で作って水筒に入れて持って行った方が経済的です。 今回ご紹介するのは、コーヒー専用の水筒やタンブラー。コーヒーの匂いが移らないように工夫されている水筒なのです。
なぜ どろぼうは唐草模様の風呂敷に盗んだものを入れて逃げるのだろう?
テレビや映画に出てくる泥棒って、みんな唐草模様の風呂敷に盗んだものを入れて出てきますよね。。あれ何ででしょう?子どもに聞かれてはて?と思ったので調べてみました。
1円玉は「アルミ」10円玉は「銅」じゃあ100円玉500円玉は?コイン(硬貨)の素材と意味について調べてみた!
普段何気なく使っている硬貨。いろいろな色があるけれど、いったい原料は何なんだろう?という素朴な疑問からこの調査はスタート。 驚いたことに、一円玉以外はみんな「銅」を中心とした硬貨でした。でも、10円玉以外は茶色くないよ?という疑問を解説していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました