電池の捨て方に注意!使い終わった電池でも火事を起こすことがあるのです!

豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(この記事の最終更新日は、2019年5月25日です。)

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。

今日の話題は「電池」! 電池と言っても今話題のモバイルバッテリーではなく、普通の乾電池やボタン電池が起こす「火事」の話題です。

廃電池で火事が起こるの?

2018年の秋。大阪府吹田市のホームセンター「コーナン千里山田店」で火事が起きた件、火事の原因を調査したところ、「捨てる予定だった電池」が火事の原因ではないか?という報道がありました。

この報道を聞いて、頭の中に「?」マークがついた人も多かったのでは?

だって、あんな小さな電池ですし、しかも廃電池という事は使い古しの電池ですからね。

そんなものに火事を起こすほどの力があるとは思えない!というのが自然な感想ではないでしょうか?

でも、廃電池は取り扱いを間違えるととても怖い物なのです!

怖いのは、廃電池のショート!

ショートとは何でしょうか?電気の用語が分からない人には難しいかもしれませんね。

電池というのは、+極とー極があって、+極からー極に向かって電気が流れます。この+極からー極に至るルートに負荷(例えば豆電球など)を繋げておくと、電流が流れて明かりがついたり、リモコンが動いたりするわけです。

しかし、+極とー極が直につながってしまうと何が起こるか?と言いますと、+極からー極に向かって、電気がドバーと流れます。これを+極とー極がショートした!と言ってとても危険な状態なのです。

本当に、乾電池の+極とー極をショートさせただけで火が付くの?と思われた方もいると思います。

私も半信半疑だったのですが、面白い実験をYoutuberの方がやっていたので、リンクを埋め込んでおきます。

この実験は、普通の単三乾電池1本と、ガムの包み紙(紙とアルミなので電気を通します。)

で、火が付くか?という実験。信じられない事に、ちゃんとプラス極とマイナス極をショートさせると数秒で火が付きました。

普通の単三電池にそんな力があるなんてびっくりですよね!

この実験は、新品の電池を使っているため、廃電池とは全く同じ条件ではないのですが、意外と、使い切っていない電池を捨てている人も多いのです。(定期的に交換していたり、機械の入れ替えで使わなくなった電池を捨ててしまったりしますよね)

電池が使い切った状態ではなく、多少でも電力が残っていたら、同じ事が、廃棄される電池(乾電池やボタン電池)でも起きる可能性があるのです

特に、ボタン電池は、電極の面積が広いため、複数の廃棄電池が同じ箱に入れられたりすると、ショート状態になってしまう可能性が高いのですね。

大阪のコーナンの火災も、従業員が電池を交換して出た廃電池を一カ所にまとめて置いた場所から出火したようです。

電池を安全に捨てるには!

電池を安全に捨てるには、電池から電気が漏れ出ないようにするのが一番です。

電池には必ず「電極」という+極と-極があります。

この電極をテープなどでふさいでしまえば、電池がショートする事はありません

どんなテープを使えばいいの?

電気を通さない材質のテープであれば、なんでも良いと思います。

セロテープも電気を通さないので大丈夫!

山猫がお勧めするのは、以下の二種

電気用の絶縁 ビニールテープか、マスキング用の紙テープです。

どちらも乾電池の電極をカバーするくらいなら性能は十分です。

山猫は、貼りやすく、剥がれにくい紙テープを使う事が多いですね。

では、電池毎のテープの貼り方を見ていきましょう。

ボタン電池の場合。

実は、電池の中でもボタン電池が一番怖いなと思っています。乾電池に比べると、電極も大きいですし、電池自体が薄いので積み重ねやすい形状になっています。

こんなボタン電池は、テープでぐるぐる巻きに・・・

こうやって紙テープで巻いておくだけで、安全性は大幅にアップするのです。

次は、乾電池を見ていきましょう

乾電池の場合

今回使うのは、CR123Aという、リチウムを使った電池です。単三乾電池に比べると一回り太く、長さは短くなっています。でも、形状は乾電池なので、普通の乾電池(単X乾電池)も考え方は同じです。

本当は、電極だけ覆えばよいのですが、電極だけだとはがれやすいので、山猫はぐるぐる巻きにしてしまいます。こうすれば、多少テープが離れても電極が見えてしまう事が無いですからね!

まとめ

今回は、捨てる電池で火災が発生したというニュースを聞いた山猫が、調べた結果を記事にしました。

正直な所、普通の乾電池の電圧+1.5Vでも、条件がそろうと火が出てしまうというのは驚きました

だって、買ってきてカゴに入れてある電池(周りのビニールは取れてしまっている)も条件を満たせば発火する可能性があるのですから。。ほんとにびっくりですよね!

このブログを読んでくださっているあなたも十分に気を付けてくださいね!

ではまた!

以上最後までお読みいただきありがとうございました!

~関連記事~

リモコンの電池が液漏れした!液漏れを防ぐ方法ってあるの?
(この記事の最終更新日は、2019年5月20日です。) こんにちは!山猫の雑記ブログ 管理人の山猫です。 先日、テレビをつけようとしたら、リモコンが反応せず・・・「うーん。電池切れかな?」と思って、裏ブタを開けてみたら・・・ ...
USBでエネループを充電?という事は、モバイルバッテリーでエネループを充電する事が出来るという事か!
今回ご紹介するのは、USBで、エネループなど単三型や単四型のニッケル水素電池が充電できる充電器。ニッケル水素電池の充電器は、家庭用のAC100Vを使うものがほとんどで、USBから充電できる物は数が少ないのです。 今回の記事では、そんな数少ないUSBから充電できる充電器をご紹介します!
いまさら聞けない!スマホやタブレットの予備電源「モバイルバッテリーの選び方!」2019年版
(この記事の最終更新日は、2019年5月24日です。) こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です! 今回は、ポケモンGOのおかげですっかり市民権を得た、モバイルバッテリーのご紹介。 と言っても、モバイルバッテリーって何...

コメント

タイトルとURLをコピーしました