インフルエンザかも?そんな時は、ロキソニンもバファリンも飲んじゃだめ!とっても危険なんです!

病気
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(この記事の最終更新日は、2019年8月7日です。)

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。

年が明けて、インフルエンザの患者数が激増しているみたいですね。。もしかしたら大流行した去年をさらに上回るのではないか?という予測も・・・

このブログでは過去に、インフルエンザの予防接種を大切さを記事にしました。

今年もインフルエンザの流行が始まりましたね。。
今回は、インフルエンザの流行についての記事。なんだか最近毎年冬になるとインフルエンザが大流行していると思いませんか? 正直な所、昔は、ここまで大騒ぎしていなかった気が。。 実は、私が子どもの頃は、小学生は学校でインフルエンザの予防接種を受けていたのです。(基本的に全員) 後から検証すると、集団接種はかなりの効果を上げた事が分かりました。

今回は、インフルエンザにかかっちゃったかな?と思った時に注意しなければいけない事をお知らせします。

スポンサーリンク

冬、熱が出てきて喉や頭が痛くなってきたらどうしますか?

インフルエンザの流行シーズンに、熱が出てきて喉や頭が痛くなったら、あなたはどうしますか?

私も良く使う手なのですが、熱が出てきたら、とりあえず市販の解熱鎮痛剤(ロキソニンやバファリン)を飲むとい選択肢がありますよね!

ロキソニンを飲むと、とりあえず熱は下がるし、のどの痛みもなくなるので、なんとか普段通りの生活を送る事が出来ます。(ロキソニンが効かないくらい重たい風邪の時はおとなしく寝ちゃいましょう)

でも、もしインフルエンザだった場合、ロキソニンやバファリンを飲むことは非常に危険なのです

インフルエンザと非ステロイド系の解熱鎮痛剤は相性が悪い!

ロキソニンやバファリンなどの解熱鎮痛剤は、「NSAIDs」と呼ばれる、非ステロイド系消炎薬に分類されるのですが、この、非ステロイド系消炎薬をインフルエンザの時に飲むと、

インフルエンザ脳症を発症しやすくなるとの事!

ちなみに、非ステロイド系消炎薬は、いろいろな品名で売られています。

代表的な物を下に挙げておきますね。

  • 「ボルタレン」
  • 「バファリン」
  • 「PL配合顆粒」
  • 「ポンタール」
  • 「ロキソニン」

結構、有名な解熱鎮痛剤ばかり・・・以前、結石になったときにお世話になった薬もありますね・・

ちなみに、インフルエンザ脳症とはどんな症状なのか調べてみました。

インフルエンザ脳症とは?

私は医者ではないので、インフルエンザ脳症について正確に語る事は難しいのですが、

分かった事は、インフルエンザは、さまざまな合併症を起こす可能性があるが、その中でもインフルエンザ脳症は、最悪の合併症という事。

死亡率は約30%で、後遺症も25%の人に残るという、極めて危険な病気だという事が分かりました。

wikiによれば、発症は小児が多いと言う事ですが、大人が発症するケースもあるとの事です。

一旦、インフルエンザ脳症にかかってしまうと、極めて死亡率も高いしほんとにこわい病気ですよね!!

インフルエンザの時に飲んでもいい、解熱鎮痛剤

基本的に、インフルエンザになったら、抗インフルエンザウイルス薬(タミフルやリレンザなど)を服用するのですが、

インフルエンザだと確定する前に、とりあえず解熱鎮痛剤を飲むとしたら、

「アセトアミノフェン」という解熱鎮痛剤がインフルエンザ脳症の危険性が少ないと言われているそうです。

「カロナール」という製品が有名ですね!

市販薬であれば、「カロナール」と同一成分の「タイレノールA」という製品があるようです。

【第2類医薬品】タイレノールA 20錠

薬を服用する時は医師に相談して!

いずれにしても、薬には副作用がありますので、むやみに飲めばよいというものではありません。

用法、用量に注意して、服用前に医師に相談する事をお勧めします!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、インフルエンザの時に飲んではいけない、解熱鎮痛剤について記事にしました。

インフルエンザ脳症は、一旦なってしまうと、非常に危険な病気です。(脳症になる確率は高くはないそうです。)

インフルエンザが疑われる時は、安易に、ロキソニンやバファリンを飲むのではなく、医師と相談して、必要であれば、カロナールなどの、アセトアミノフェン系の解熱鎮痛剤を飲むのが安心ですね!

以上 最後までお読みいただきありがとうございました!

~合わせて読みたい~

インフルエンザ・ノロウイルス 最大の防御は、1分間の手洗いと、酸性アルコール消毒だった!
寒い季節に蔓延する、インフルエンザやノロウイルス。非常に感染力が強いので、ちょっと気を抜くと体の中に入ってきてしまいます。 もちろん、日々の生活で完全に遮断することは難しいのですが、1分間の手洗いと、酸性アルコール消毒が非常に有効!という実験結果が出ていましたのでお伝えします!
書評:一流の人はなぜ風邪をひかないのか?風邪について、ここまで分かりやすい解説をした本が今まであっただろうか?
本日は、書評の回。今まで風邪について書かれた本は沢山あったのですが、、ここまで正しい予防と対策を解説した本は見たことがありません。しかも書かれている対策が、社会人向け!だって、風邪をひいたら、暖かい部屋で安静に!というアドバイスだったら、だれでもできますよね!でも実際は、なかなか会社休めませんからね。。
中年男子(40代)が尿管結石になったときの話1
はじめに この記事が、山猫雑記ブログの記念すべき最初の記事になります! このブログは特にテーマを決めているわけではないので、何から書き始めればよいのか?制約があるわけではないのですが、、 それがかえって難しいとも言えます。 一回目の記...

コメント

タイトルとURLをコピーしました