小学校高学年がバリバリ勉強するのに最適なシャープペンはこれだ!

小学生向け
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。

このブログでは、小学生が使う、鉛筆や、シャープペンについていろいろな記事を投稿してきました

そろそろ入学準備。初めての鉛筆の選び方。六角形?三角形? 芯の固さは???
こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。 この記事を書いているのは「12月」そろそろ、小学校の入学準備をする時期になりました。。 管理人の山猫には、小学生の子どもが一人います。初めての子どもと言うこともあり、入学準備はとて...
小学生向けの鉛筆削り器。いろいろ試してみて最後にたどり着いたのは、CARL(カール)でした。
なかなか鉛筆をうまく削れない、小学生の子どもが、巡り合った、一人でも使える手動式鉛筆削りのご紹介です。
なんで禁止なの!?小学校のシャープペンシル禁止についてめちゃくちゃ真面目に考えてみる
こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。 このブログでは、小学生(特に新入学生)におすすめの鉛筆や鉛筆削りを紹介してきました。 でも、なんで、小学校は鉛筆よりもずっと便利なシャープペンシル(シャーペン)を禁...
小学生向け、初めてのシャープペンはこれで決まり!コクヨ キャンパス ジュニアペンシルの紹介!
こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。 本日の話題は、小学生が初めて使うシャープペンについて! でも、小学校ってシャープペン禁止なのでは??と思ったあなた。 小学校の謎ルール「シャープペン禁止」については、下の記事...

筆記具は、毎日使うものですし、学業にも直結するアイテムですから、こだわりも強いですよね!

このブログは、鉛筆の選び方から始まって、鉛筆削り、シャープペンの使用の是非、初めてのシャープペンシルの選び方と進んできました

今回は、シャープペンの取り扱いに慣れてきた、小学生(主に高学年がターゲットです)が、バリバリ勉強するのに適したシャープペンを紹介します

小学生が最初に持つシャープペンシル(おさらい)

詳細は以下の記事を見ていただきたいのですが、

小学生向け、初めてのシャープペンはこれで決まり!コクヨ キャンパス ジュニアペンシルの紹介!
こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。 本日の話題は、小学生が初めて使うシャープペンについて! でも、小学校ってシャープペン禁止なのでは??と思ったあなた。 小学校の謎ルール「シャープペン禁止」については、下の記事...

小学生が最初に持つシャープペンシルは、筆圧のコントロールがうまくできない小学校低学年でも、容易に扱えて、なおかつ安価で・・・と、数々の条件をクリアした物をお勧めしました。

その結果選ばれたのが、、


コクヨ キャンパス ジュニアペンシル 1.3mm 青 PS-C101B-1P

今のところ、他メーカーで同じコンセプトの製品が出ていないので、コクヨさんのみのご紹介です。

とにかく、小学生低学年の子どもが使うのに最適な仕様となっています

という事で、山猫が、最初に持つシャープペンとしては、コクヨ キャンパス ジュニアペンシルでよいと思うのですが、、

だんだん、シャープペンに慣れてきて、筆圧のコントロールもできるようになると、別の選択肢が出てきます。

それに、高学年になると、文字がどんどん細かくなっていきますからね。芯の太いジュニアペンシルだとだんだん書きにくくなるわけです。

なぜ、日本では0.5mmのシャープペンが標準なのか?

日本では、長らく0.5mmのシャープペンが標準品とされてきました。これはなぜなのでしょうか?

実は、日本語の細かさと関係しているのです。画数の多い日本の漢字を書くためには、芯が太いとやりにくいそうです。

一方、アルファベットを基本とする欧州やアメリカでは、もう少し太い0.7mmのシャープペンが標準だったりします。。

つまり、ジュニアペンシルの芯の太さ0.9mmや1.3mmは、学年が進むにつれ厳しくなっていくという事になります。

だからと言って小学生に0.5mmのシャープペンは進めたくはありません

日本では、0.5mmのシャープペンが標準で、品数も0.5mmが圧倒的に多いのですが、やはり小学生には、0.5mmは細すぎると山猫は考えています。(中学校、高校でも細すぎると思いますが。。)

大人でも0.5mmのシャープ芯は折れやすくて取り扱いに気を付けなくてはいけません。子供ならなおさらですよね。

一方、芯の太いシャープペンは、取り扱いは楽だけれども、細かい字は書けない。。

もし、芯は太いけど、0.5mm並みの細かい字が書けるシャープペンがあったら最高です。。。。。ありました

三菱鉛筆のクルトガシリーズには、0.7mmバージョンがあるのです!

uni KURU TOGA の後ろに0.7 と入っているのが見えるでしょうか?

KURU TOGA (クルトガ)ってなに?

もう、発売からだいぶたつので、クルトガエンジンはかなり多くの人が知っていると思いますが、ちょっとおさらいです。

普通のシャープペンは、文字を書いていくと、芯が片減りしていって文字がだんだん太くなっていってしまいます。それを嫌って定期的に軸を持ち替えたりしますよね。

クルトガ搭載のシャープペンは、一画文字を書くたびに自動的に、ちょっと芯が回転するのです。最近のクルトガは20回で一周。初期型は40回で一周していました。つまり、芯が常に回転するので、片減りすることがなく、常にまんべんなく芯が削れるというしかけなのです。

KURU TOGAは常に芯がとがっている状態になる!

芯がまんべんなく削れるおかげで、KURUTOGAは常に芯がとがっている状態になるのです。この結果、芯の太さが同じほかのシャープペンよりも細かい字が書けるという事になるのです。

試しに、子どもに字やマス目を書いていってもらいました。

左側の2列は、ジュニアペンシルで書いたもの。右から2番目が普通の0.5mmシャープ 一番右側が0.7mmのクルトガです。

芯の硬さはすべて[2B]としています。見てわかる通り、0.5mmの普通のシャープペンよりも、0.7mmの方が細い字が書けています

しかし、芯自体は0.7mmと0.5mmに比べかなり太い(面積で言うと、0.5mm が0.19mm^2  、0.7mmが 0.38mm^2と、ちょうど2倍です)

簡単に言えば、0.7mmは0.5mmよりも2倍折れにくいという事になります

2倍はすごいですよね!

芯が太くても、字は細く書ける。しかも書き味がずっと変わらない、0.7mmのクルトガは、学生の勉強アイテムとして最良の選択だと思います。

 

KURU TOGA(クルトガ)0.7mmの残念な点

山猫もお気に入りのクルトガ0.7mmですが、一点だけ残念な点が。。

それは、0.7mm版は、クルトガのスタンダードモデルでしか発売されていないのです

クルトガには、スタンダードシリーズのほかに、アドバンスシリーズや、パイプスライドシリーズ、ラバーグリップ付きなどいろいろなモデルが存在しているのですが、0.7mmがあるのは、一番ベーシックなスタンダードシリーズだけなんです。

ぜひ、ほかのシリーズにも、0.7mmを追加していってほしいですね!

以上、今回は、バリバリ勉強する学生におすすめ(もちろん大人にもおすすめします。)のシャープペン、クルトガ0.7mmのご紹介でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

~合わせて読みたい~

なんで禁止なの!?小学校のシャープペンシル禁止についてめちゃくちゃ真面目に考えてみる
こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。 このブログでは、小学生(特に新入学生)におすすめの鉛筆や鉛筆削りを紹介してきました。 でも、なんで、小学校は鉛筆よりもずっと便利なシャープペンシル(シャーペン)を禁...

コメント

タイトルとURLをコピーしました