自分でルーズリーフを作れる?学校でもらったプリントや可愛い便せんもルーズリーフにしちゃいましょう!

文房具
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(この記事の最終更新日は、2019年6月4日です。)

山猫の雑記ブログ 管理人の山猫です。

本日の話題は、「ルーズリーフ」。

ルーズリーフとは、広い意味では、綴じるための穴が開いたノート用紙と、そのノートを綴じるためのリングバインダーを指す言葉で、穴の数が何穴でなければいけないという規定はないそうです。

実際、3つ穴のルーズリーフというものも存在している模様。。

でも、日本でルーズリーフといえば、A4用紙の場合  30穴、B5用紙の場合 26穴という、たくさんの穴が開いている用紙を指しますよね。この穴の数や間隔はJIS(日本工業規格)で決まっているのです。

B5版のルーズリーフはこんなのですね。文具店でよく見るタイプのものです。

学校でもらったプリントもルーズリーフにできないか?

山猫は、中学校くらいからルーズリーフを使い始めたのですが、、だんだん使い勝手に不満が出てきました。

ノートの用紙はルーズリーフ対応の紙を買ってくれば済むのですが、学校からもらったプリントや、ルーズリーフバインダーにはさんでおきたい資料などを、ルーズリーフのファイルに挟む手段がなかったからです。

これが、よくある2つ穴のファイルであれば、パンチで穴をあけて、まとめる事ができるのですが、多穴のルーズリーフではそれができない。

ルーズリーフを使う上での不満がだんだん溜まっていきました。

そんなとき、出会ったのがルーズリーフ用のパンチだったのです!

ただ、最初に見つけたのは、30穴が同時に開けられる、2つ穴パンチの親玉のような商品・・・


コクヨ 多穴パンチ バインダー用 30穴 5枚 PN-25

2つ穴パンチが横に広がって、一気に穴をあけられるという、力業の商品。確かにこれで、なんでもルーズリーフにできそうではありますが、はっきり言ってちょっと高い。。会社に置いておくのならわかりますが、学生が買えるものではありませんでした

もっと、手に入る価格のものはないかと探して見つけたのがこの商品でした。


カール事務器 ルーズリーフパンチ ゲージパンチ・ネオ A4/B5対応 5枚 ブルー GP-130N-B

私が買ったのは、かなり昔の話で、現代版はだいぶバージョンアップしていますが、基本は同じ。

用紙をセットする、専用のゲージと、6穴が同時に開けられるパンチのセットです。

使い方は簡単。

用紙をゲージに挟んで(最高5枚)紙あてをひっくり返したあと、6穴ずつ穴をあけていくのです。

パンチをセットする位置は、ガイドにあけられた溝に合わせるだけで、とても簡単。

B5版、の場合は、5回。A4版の場合は6回パンチするだけで、なんでもルーズリーフ用紙に早変わりするのです。

価格は、大体2000円くらい(2019年2月のアマゾン価格)パンチとしてはちょっと高いなと思いましたが、その利便性と比べれば出してもよいレベルだと山猫は感じました。

まとめ

山猫は、もらったプリントに穴をあけたり、コピー用紙にメモした紙をルーズリーフにしたりという使い方をしていましたが、使い方は人によってさまざまですよね。

市販の紙ではできない、可愛いルーズリーフファイルを作ることもできます。

山猫の固い頭では想像できない使い方もあると思いますよ!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

~今回ご紹介したのはこちら~

~合わせて読みたい~

単純で壊れにくい文具だけれども。。二つ穴パンチ(穴あけパンチ)は確実に進化しています!
(この記事の最終更新日は、2019年5月16日です。) こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。 今日は、どの家庭でも職場でも当たり前のようにある、これの話題! そう。二つ穴の穴あけパンチです! もうあ...
「はがき」や「テプラ」角を丸くしたい!と思う事ってありませんか?あっという間に角を丸く切る文具が売っていますよ!
こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。 今日は久しぶりの文房具回。皆さんは、紙やテプラなどのシールの角を丸くしたいときってありませんか? 山猫は、仕事でテプラをよく使うのですが、テプラの角を丸く落としておくと、貼ったとき...
「おじいちゃんのノート」ナカプリバインを知っていますか?ショウワノートが中村印刷所と共同で小学生向けノートを販売しています。
こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です! 本日の話題は、あまり知られてはいないのですが、ものすごく高性能で便利なノートのご紹介。 あなたは180°水平に開くノートがあるのを知っていますか? 普通のノートは、中央部で糊...

コメント

タイトルとURLをコピーしました