自分でルーズリーフを作れる?学校でもらったプリントや可愛い便せんもルーズリーフにしちゃいましょう!

文房具
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(この記事の最終更新日は、2019年12月3日です。)

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。(@yamaneko_solar

本日の話題は、「ルーズリーフ」。

子ども猫
子ども猫

ルーズリーフ・・・文房具屋さんで見たような・・・どんな文具なのかな?

ルーズリーフとは、広い意味では、綴じるための穴が開いたノート用紙と、そのノートを綴じるためのリングバインダーを指す言葉。

紙の端に穴が沢山開いているイメージですが。。。実は、穴の数が何穴でなければいけないという規定はないそうです。

実際、3つ穴のルーズリーフというものも存在している模様。。

でも、日本でルーズリーフといえば、A4用紙の場合  30穴、B5用紙の場合 26穴という、たくさんの穴が開いている用紙を指しますよね。

この穴の数や間隔はJIS(日本工業規格)で決まっているのです。

B5版のルーズリーフはこんなのですね。文具店でよく見るタイプのものです。

スポンサーリンク

学校でもらったプリントもルーズリーフにできないか?

山猫は、中学校くらいからルーズリーフを使い始めたのですが、、だんだん使い勝手に不満が出てきました。

ノートの用紙はルーズリーフ対応の紙を買ってくれば済むのですが、学校からもらったプリントや、ルーズリーフバインダーにはさんでおきたい資料などを、ルーズリーフのファイルに挟む手段がなかったからです。

子ども猫
子ども猫

学校からもらうプリントには、穴が開いていないからね!しかたないね。。。

これが、よくある2つ穴のファイルであれば、パンチで穴をあけて、まとめる事ができるのですが、多穴のルーズリーフではそれができない。

ルーズリーフを使う上での不満がだんだん溜まっていきました。

そんなとき、出会ったのがルーズリーフ用のパンチだったのです!

山猫
山猫

文具店で最初に見つけた時は興奮したなあ!
これでルーズリーフを自作できる!って思ったんだ!

ただ、最初に見つけたのは、30穴が同時に開けられる、2つ穴パンチの親玉のような商品・・・


2つ穴パンチが横に広がって、一気に穴をあけられるという、力業の商品。

確かにこれで、なんでもルーズリーフにできそうではありますが、はっきり言ってちょっと高い。。
会社に置いておくのならわかりますが、学生が買えるものではありませんでした

山猫
山猫

ここまで力業の商品はなかなかないよね。。。

もっと、手に入る価格のものはないかと探して見つけたのがこの商品でした。


私が買ったのは、かなり昔の話で、現代版はだいぶバージョンアップしていますが、基本は同じ。

用紙をセットする、専用のゲージと、6穴が同時に開けられるパンチのセットです。

使い方は簡単。

用紙をゲージに挟んで(最高5枚)紙あてをひっくり返したあと、6穴ずつ穴をあけていくのです。

パンチをセットする位置は、ガイドにあけられた溝に合わせるだけで、とても簡単。

B5版、の場合は、5回。
A4版の場合は6回パンチするだけで、なんでもルーズリーフ用紙に早変わりするのです。

価格は、大体2000円~4000円くらい(2019年12月のアマゾン価格)
※色によって価格のばらつきが大きいので、よくチェックして選ぶ必要がありますね!

パンチとしてはちょっと高いなと思いましたが、その利便性と比べれば出してもよいレベルだと山猫は感じました。

ちなみに、B5専用であれば、もう少し安い商品もあります。

使い方は、↑で紹介した、A4/B5両対応の物と同じ。一度に穴あけ出来る枚数も5枚で同じです。

価格は、実売1500円くらい(2019年12月アマゾン価格)と、B5判だけしか使わないよ!という方にはかなりお求めやすい価格になっています。

社会人になると、A4版が標準になっていますが、学生のうちはB5版を使っている人が多いですよね!

B5版だけしか使わないよ!という方であれば、とても良い選択だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

山猫は、もらったプリントに穴をあけたり、コピー用紙にメモした紙をルーズリーフにしたりという使い方をしていましたが、使い方は人によってさまざまですよね。

市販の紙ではできない、可愛いルーズリーフファイルを作ることもできます。

山猫の固い頭では想像できない使い方もあると思いますよ!

~今回ご紹介したのはこちら~

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

~合わせて読みたい~

単純で壊れにくい文具だけれども。。二つ穴パンチ(穴あけパンチ)は確実に進化しています!
(2020年3月7日更新)なかなか壊れない2つ穴のパンチ。我が家で使っているパンチは20年以上前の物。あまりに古くていつから使っているかわからないくらい。。まだ使えるからいいかな?と思っていたのですが、、いつの間にかこのパンチが進化して超性能アップしていたのです。
【レビュー】「はがき」や「テプラ」角を丸くしたい!と思う事ってありませんか?あっという間に角を丸く切る文具が売っていますよ!
(2020年3月11日更新)紙やフィルムの角を「丸くしたい!」って事ありますよね! 角が尖っていると危ない!と思う時や、角を丸くして可愛くしたいときとか。一枚、二枚の紙であれば、頑張ってハサミで丸くカットしますが、枚数が多いと結構大変な作業。。 そんな時、角を丸くカットする文具が便利なのです!!!!
「おじいちゃんのノート」ナカプリバインを知っていますか?ショウワノートが中村印刷所と共同で小学生向けノートを販売しています。
(2020年3月6日更新)水平にパタンと開いて、折り目に段差が付かない、すごいノートがあるのを知っていますか?普通のノートは、開いた状態を維持するのも大変。。今日ご紹介するナカプリバインは、そんなノートの欠点を完璧に克服したすごいノートなんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました