電球に書いてある「明るさ」を表す言葉を解説!40W/60W(ワット)/・ルーメン(光束)・ルクス(照度)って何?を解説!ひとつにまとめられないの???

豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(この記事の最終更新日は、2020年4月17日です。)

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。(@yamaneko_solar

このブログでは、今までも「照明」についていろいろと記事を書いてきましたが。。

今回は、基本に立ち返って部屋の照明の「明るさ(照度)」を考える回です。

そうそう!電球を選ぶ時に良くわからない言葉があるの!
40W相当とか、ルーメンとか、ルクスとかいろいろ書いてあるんだけど、何が何だか・・・
山猫さん。説明して!

山猫
山猫

確かに、LED電球が出始めたころから、いろいろな言葉が増えて難しくなったよね。。

以前は、40W球とか、100W球とかで大体話は終わってたんだけど、、

という事で、今回は、電球の明るさの単位を、まとめる回となります!

 

スポンサーリンク

白熱電球しかない時代は簡単!40Wとか60Wとか、消費電力で選んでました。

最初に家庭に普及したランプは、皆さんご存知の白熱電球!

ひと昔前はどこにでもあった白熱電球ですが、、
いつの間にか電球型蛍光灯や、LED電球に置き換わってほとんど見なくなっちゃいましたね。。

さて、白熱電球を選ぶ時には何を基準にしてましたっけ?

W(ワット)って言うのを見てたわ!
数字が大きい方が明るい電球って事だったね!

山猫
山猫

そうそう。20W~100Wくらいまで売ってたよね!
なんとなく白熱球の明るさは、(Wワット)という単位で表すみたいな気がするけど・・・

これは、どれくらい電気を消費するか!って単位なんだ!

たくさん電気を使う電球の方が明るいって事ね!

白熱電球の選び方は、とっても単純。白熱電球は、消費電力が上がると明るく光ります。

 

だから、「広い部屋には、W数の大きい電球」。「狭い部屋にはW数の少ない電球」。と使い分けていたわけです。

山猫
山猫

もちろんW数の小さな電球をいっぱい使っても問題ないよ!

言い換えると、、白熱電球を買う時に参考にする(W ワット)は、白熱電球が出す光の量を表していたのです!

子ども猫
子ども猫

急にわからなくなった。。光の量って何?

山猫
山猫

W数の少ない電球は、電球から出てくる光が少なくて、W数の多い電球は、電球から出てくる光が多いって事だよ!

電球を直接眺めると(明るいから直視はやめた方がいいよ!)W数の多い電球の方が、眩しいのだ!

子ども猫
子ども猫

まあ、なんというか当たり前だよね。。

この、電球から出てくる「光の量」を表す単位が「ルーメン = lm」なのです。

 

でも、昔はルーメンなんて言わなかったわよ!

山猫
山猫

世の中に白熱電球しかなかった時代は、(W=ワット)で通じたから、他の単位はいらなかったんだよ!

各社同じような白熱電球しか作っていなかった時代は、新しい単位を使う必要はなかったって事ですね。
ちなみにルーメンという単位は、1946年から使われているとっても歴史のある単位なのです。。。

 

子ども猫
子ども猫

じゃあ、白熱電球の明るさをルーメンで表したらどうなるの?

山猫
山猫

白熱電球(60W)は、約800ルーメン(lm)!

ちなみに、(40W)の白熱電球は、約500ルーメン(lm)なんだ。

子ども猫
子ども猫

なるほど!白熱電球の明るさもルーメンで表せるんだね!

補足情報:白熱電球ではなく、直管型の蛍光灯の全光束がどのくらいかと言うと・・・
40W型の蛍光管は、3000~4000ルーメン(lm)

つまり、消費電力の同じ、40W型の白熱球と、40W型の蛍光灯を比べると、蛍光灯の方が、6倍~8倍くらい多くの光を出している!という事になります。

スポンサーリンク

混乱の極み「ルーメン(lm=全光束)」と「ルクス(lx=照度)」を理解しよう!

さて、光の強さを表す単位で「ルクス(lx )」と言う単位があります。

これは聞いた事ある! 勉強するときは、500ルクス以上がいいって聞いたことあるよ!

でも、ルクスを明るさを表している気がするけど、ルーメンとの違いは何だろう?

両方とも、照明の明るさに関係しているルーメンと、ルクス。

この二つの単位の違いを説明しましょう!

山猫
山猫

上の図に、ルーメンとルクスと書かれているね!これでわかるかな?

これじゃわかんないよ!

山猫
山猫

簡単に言うと・・・
ルーメン:照明から出る光の量を表す
ルクス:光に照らされた場所(この場合は机)の明るさを表す

うーん。同じこと言ってる気がする。
だって照明が明るい(ルーメンが多い)と、机もその分明るくなるよね!

だから、光の量が大きくなる(ルーメンの数値が大きくなる)= 机の上が明るくなる

じゃないの?

良ーく考えてみましょう。確かに、スタンドの照明を明るくすれば、その分、机も明るくなりそうですが・・・
それは、照明と机との距離が変わらない時だけですよね!

そっか。。照明が同じように光っても、机から離していくと、机はだんだん暗くなるね。。

と言うわけで、ルーメンとルクスは同じ「光」に関する単位だけど、使い方が違う事が分かりました。

どのように使い分けるかと言うと・・・

ルーメン:照明の性能(明るさ)を表すのに便利な単位・・・「この照明は1000ルーメン(lm)だ!すごいだろ!」というような使い方をします

ルクス:この作業にはこのくらいの明るさが必要だよ!という基準を示すのに使いやすい単位です・・・「勉強をするときは、500ルクス以上の明るさが理想だよ!」

子ども猫
子ども猫

なんとなく、ルーメンとルクスの使い分けが分かった気がするよ。

ちなみに、ルーメンとルクスの関係は以下の式で表すことが出来ますよ(まあ知らなくてもいいのですが。。)

lx = lm/m2 (ルクス = ルーメン/平方メートル)

スポンサーリンク

まとめ

今回は、LED電球や、LEDのライトを使おう・買おうとしたときに必ず問題になって、訳が分からなくなる、ルーメンとルクスについてお話しました。

ただ、最近どうも「ルーメン」という言葉に話が要ってしまう事が多くて。。。
実際の部屋や机の明るさを示す「ルクス」が出てこなくなってしまいました。

なんでかという事を考えてみたのですが・・・

山猫
山猫

xx ルクスという言葉は、LED電球の説明書に書くことが出来ないからだ!という事に気が付きました。

だって、照明からの距離と照明の照射する角度で、明るさ(ルクス)は変わっちゃいますからね!

子ども猫
子ども猫

実際どのくらいの明るさなのか、機械で測らないとわからないしね!

次回は、照明の照度(明るさ)を正しく測る!
便利な照度計と照度計アプリをご紹介する予定です。→ いろいろ試してみたのですが、明るさを測れるアプリはかなり癖があることが分かりました。。。
照度を測る機械がかなり安くなってきているので、照度計を紹介する記事になりそうです。。

お楽しみに!

スポンサーリンク

以上最後までお読みいただきありがとうございました!

~合わせて読みたい~

LED電球や蛍光灯、学習用スタンドまで照明に関する記事をまとめました!
(2020年4月20日更新)日々の生活に欠かせない、「照明」この記事は、山猫の雑記ブログ内の、照明に関する記事を集めた、まとめ記事です。
【レビュー】子育ての強い味方!超高機能の「シーリングライト」は子どもの「眠り」に強い!
(2020年3月26日更新)今回ご紹介するのは、パナソニックが発売している、子育て機能満載のシーリングライト「HH-CD0871A HH-CD1071A」 子どもが生まれて、部屋の照明を気にする人は少ないですが、、でも、照明を変えるだけで、子育てがグッと楽になりますよ!
【レビュー】高性能LEDデスクライト BenQ WiT MindDuo が子どもの勉強用ライトにピッタリでした!
(2020年3月23日更新)今回ご紹介するのは、BenQという台湾のメーカーが販売している、高性能LEDデスクライト。 このライトの最大の特徴は、その基本性能。広い範囲を柔らかい光で満遍なく照らす。 子ども用だけでなく大人用のデスクライトとしても、一押しの商品です!!!
目に優しい学習用LEDライト!小学生~大人まで勉強用に適した照明を4つご紹介します。
(2020年3月10日更新)学習机や、椅子は丁寧に選ぶのに、スタンドライト選びはあまり時間を掛けていないのではないでしょうか? 確かにひと昔前は、蛍光管のデスクライトが主流で選択の余地はあまりなかったのですが、、LED化された今、デスクライトの性能は大きく変化しました。おすすめのLEDデスクライトを紹介します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました