子どもから「天体望遠鏡」をせがまれたら・・・あえて「星空観賞用双眼鏡」を強くお勧めします!

星空 アウトドア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。

山猫は、子どもの頃から「」が大好き!だからどうしても「天体望遠鏡」が欲しかったのです。

だって、天体望遠鏡があれば、カレンダーに載っているような素敵な星空が見えるはず。

想像しただけで夢が膨らんでしまいます。

結局、小さな天体望遠鏡を買ってもらって、かなり楽しんだのですが・・・正直な所期待外れな部分もあったのです。。。(この記事は天体望遠鏡が悪いと言っている話ではありません。あしからず)

子ども用天体望遠鏡で見えるもの・・

この記事は、お父さんが星好きで、立派な望遠鏡を持っている!というご家庭は想定していません!!! 子どもに、天体望遠鏡をせがまれたけれど、選び方もさっぱりわからない!という方のために書いています

さて、皆さんは望遠鏡と聞いてどんな形を思い浮かべるでしょうか?

大体こんな形では??

いかにも天体望遠鏡と言う形。最初に思い浮かべるのは、この屈折式天体望遠鏡ではないでしょうか?山猫が子どもの時に買ってもらった望遠鏡もこのタイプでした。。。

さて、このタイプの望遠鏡を買ってもらったとしたら、何が見られると思いますか??

月を見て感動。土星の環っかを見て、木星の模様を見る。でもそのあとは?

ほとんどの子どもが最初に見るのは、「月」です。山猫もそうでした。なぜかと言うと月が空の中で一番目立ってますからね!(※もっと目立っているのは太陽ですが、絶対に望遠鏡で見てはいけません!めちゃくちゃ危険です!!)

月は、安い望遠鏡で見てもかなり良く見えます。クレーターが手に取るように見えるのは本当に感動します。望遠鏡を買ってもらってよかった!と思える一瞬です。

そして、そのあとに見るのが「惑星」

小型の望遠鏡でも、土星の環を見ることが出来ます。運が良ければ、木星の模様も見ることが出来るかも。でもこのあたりで、何か違和感が。。本や、カレンダーに載っている土星や木星と、望遠鏡で見れる土星や木星は何かが違う。

本に載っている木星は、茶色の模様が美しいのに、望遠鏡で見える木星は、なんだか白っぽい。赤い色で有名な火星も想像していたのとはだいぶ違います。

なんでこんな事が起こるのでしょうか?

そもそも、カレンダーの星空のようには肉眼では見えません。たとえ望遠鏡を使っても。。

本やカレンダーの写真のように見えないのはいくつか理由があるのですが、一番大きな理由は、肉眼とフィルム(今はデジタルカメラなので受光素子ですね)の特性の違い

そして写真は長い時間光を貯めることが出来るという点。弱い光を長い時間かけてフィルム(CCD)に焼き付けているので、肉眼では見えない物も写すことが出来るのです。

それでも、木星や、土星などの大きな惑星は、小型の望遠鏡でも模様や形まで見ることが出来るのでものすごい達成感はあるのですが、、その先が難しいのです。

子ども用望遠鏡は扱いが難しい。。自分の見たい星に望遠鏡を向けるだけで一苦労です。

星空散歩をしていくとわかるのですが、、夜空にたくさんある星のほとんどは、高性能の望遠鏡で見ても、点にしか見えません。(大きな望遠鏡で見ると明るくは見えます)

専門的に観察すると星による違いと言うのはあるのですが、、

一般人が見ると(私もそうですが。。)惑星以外のどの星を見ても、ただの点にしか見えないのであまり面白くないのです。

さらにさらに問題は、入門用の望遠鏡は扱いがすごく難しいのです。何が難しいのかと言うと、

勝手に星が動くのです!!!」

星も太陽と同じように、東から西へ動いています。

肉眼で見ている時はあまり感じないのですが、望遠鏡はかなり拡大していますので、星はどんどん流れて視界の外に消えていってしまいます。

高級な望遠鏡では、自動的に星を追尾する、「赤道儀とモータードライブ」と呼ばれる機械が付いているのですが、入門用の望遠鏡にはなかなかついていません。つまり、星が動いたら手動で望遠鏡を動かす必要があるのです。

これがまた厄介。一回視界を飛び出してしまうと、もう一度合わせるのが本当に大変なのです。

星空の楽しみ方は、一つの星を拡大するだけではありません。

天体望遠鏡は、一つの星を拡大してみるのが得意。つまり空のごく一部を切り取ってそのエリアを拡大して見せてくれます。

でも、拡大するという事は、見える範囲がどんどん狭くなるという事。自分の見ている星のほかはほとんど見えません。

もちろん、月や惑星を拡大した見たときの感動は言うまでもないのですが、、星空の楽しみかたはほかにもあるのです。

星座や天の川、星団を見るのなら、双眼鏡が最適なのです。

星空が綺麗な所に行くと、肉眼でも星が綺麗に見えますよね!運が良ければ天の川が見えるかもしれないし、「すばる」のように肉眼でもぼんやりと見える星団(星が集まっている所)が見えるかもしれません。ものすごい条件の良い所なら、アンドロメダ銀河という、銀河系のお隣にある銀河もうっすらと見えるかもしれません。

こんな時、もう少しだけでいいから目が良く見えたらもっときれいに星空が楽しめるのでは?と思いませんか

そんな時に役に立つのが「双眼鏡」なんです。

倍率も控えめな双眼鏡だったら、手で持って星空散歩をするのに最適。天体望遠鏡のようにセッティングする必要もありません。

自分の見たい場所を気軽に見ることが出来るのです。

でも、「望遠鏡と違って対して細かく見えないのでは?」と思う方もいるかもしれません。

確かに、双眼鏡では、木星の模様や土星の環は見えませんが、それ以上に見える物があるのです。

星が集まっている星団や、天の川を双眼鏡で見ると何とも言えない美しさがありますよ

もう一つ大事な点が、双眼鏡は「二つの目」で見ることが出来るという点!!!!!!

当たり前じゃないか!と思われる方もいるかもしれませんが、普段二つの目で見ている人間が、単眼の天体望遠鏡で見るというのはかなり無理があるのです。

それに対して双眼鏡は、両目で見ることが出来るので、とっても自然に星空を楽しめるというわけです。

ただ、双眼鏡と一口で言っても、いろいろな種類が販売されていますよね?子どもが初めて使う双眼鏡は、いったいどんな物を選ぶのがよいのでしょうか?

 

星空散歩の最初の道具は、超広視界の双眼鏡をお勧めします。

山猫がおすすめする双眼鏡は、皆さんが想像するような双眼鏡とは少し違います。(多分)

よくある双眼鏡はこんな感じですよね。

もう少し大型の物はこんなイメージでしょうか・・・

もちろん、これらの双眼鏡もすごくよく見えるのですが、初めて使う双眼鏡としては少し倍率が高すぎで、しかも大きすぎだと山猫は考えています。

望遠ズームのついたカメラやビデオを使ったことのある人は思い出してほしいのですが、望遠で遠くの物や人を拡大すると、手振れが気になりますよね。しっかり支えていないと、画面がぶれてしまって、まともな写真になりません。(最近は強力な手振れ補正機能が付いていたりしますが。。)

つまり、倍率が高い双眼鏡は、それだけで扱いが大変なのです。(それに重量の重たい双眼鏡はずっと持っていると疲れます。。)

それよりも、こだわりたいのが、双眼鏡の前面のレンズの大きさ。このレンズは光を集める役割があるので、暗い星空を見る場合は出来るだけ大きなレンズが付いているのが良いのです。

つまり、子どもが最初に使う双眼鏡の条件は以下のようになります。

・倍率は低め

・前面のレンズはなるべく大きめ

・全体のサイズはコンパクト!

・視界が広く、端までキレイ!

つまり、自分の目の延長にあるような双眼鏡が望ましいのです。

まるで自分の目がグレードアップしたかのような双眼鏡があります。

ここまで読んできて、なんだか一般的な望遠鏡の宣伝文句とだいぶ違うな!と思う方も多いと思います。。大体、子ども用の望遠鏡のカタログには、100倍とか200倍とか、とにかくすごい倍率が出ますよ!という事がデデンと載っていますからね。

それに対して、山猫がおすすめするのは、一言で言ってしまえば、自分の目をグレードアップさせたような双眼鏡普段の目が少し良くなっていろいろな物が細かく見える。そんな双眼鏡です

だって、星空って、条件の良い所に行けば肉眼でも息をのむくらい美しいじゃないですか!それがもう少し綺麗に見えたら・・・考えただけでわくわくしてきませんか

ちょっとだけパワーアップさせただけで、星座の形はよく見えます。倍率が低く、視界が広いですから、どこを見ているのか迷子になる事もない。

ちょっと地味ではありますが、星空を楽しむ道具という観点で見ると、決して悪くない製品だと思います。

では、山猫がおすすめする、星空観賞用双眼鏡をご紹介します。

星空観賞用双眼鏡はいろいろあるけれど、山猫がおすすめ品はこれ!

星空観賞用双眼鏡は、各社が作っているのですが・・・山猫が一番いいなと思ったのが、

笠井トレーディングと言う会社が作っている双眼鏡。

数字的なことはよくわからないのですが、とにかく見え方が自然で、隅から隅までくっきり見えます。

笠井トレーディングは二種類の星空観賞用双眼鏡を作っていてどちらもおすすめなのですが、性格がちょっと違います。

入門用にお勧め。調整が簡単で扱いやすいのが、CS-BINO 2×40


笠井トレーディング 2x40mm 星空観賞用双眼鏡 CS-BINO 2×40

どちらかと言うと、双眼鏡と言うよりはオペラグラスの親玉という感じ。前面のレンズは大きいのにものすごいコンパクトなのが特徴です。

そして倍率は2倍!

大きなレンズが光を集めてくれるので、視界はかなり明るく暗い星も見えてきます。それでいて倍率は高くないので、自然な見え味。

さらに、この双眼鏡、ある程度の近視の人でもピントが合うように工夫されているのです!

-4.5ディオプターまでのレンズを付けている人であれば、眼鏡をとってもピントを合わせることが出来るのです。

ディオプターという単位は、眼鏡やコンタクト以外では使わないのでよくわからないよ!という人もいると思います。基本的に近視を補正する眼鏡は(マイナス**ディオプター)と表すのですが、-4.5D(ディオプター)と言うのは、それなりにきつい近視の方。

山猫は、裸眼視力0.09の近視なのですが、-3.0D(ディオプター)の眼鏡を使っています。

まあ人によって、どのレンズでどのくらい矯正できるかは違うのですが。。

このタイプの双眼鏡は、眼鏡を掛けると視野が狭くなってしまうので、出来れば裸眼がコンタクトで使用したいのですが、この笠井トレーディング 2x40mm 星空観賞用双眼鏡 CS-BINO 2×40は、近視の人でも裸眼で使えるとても便利な双眼鏡なのです。(実際に星空を見ている時は、眼鏡と双眼鏡をとっかえひっかえするので結構忙しいのが弱点です。。)

性能は最高。ちょっと調整が難しいけれど、しっかりセッティングできるのなら、WideBino28 ワイドビノ28がおすすめ


笠井トレーディング 2.3x40mm 星空観賞用双眼鏡 WideBino28 ワイドビノ28

基本的なスペックは、CS-BINO 2×40とよく似ているのですが、さらに性能を追求したのがこのモデル。

覗き口のレンズが小さくなっていたり、使い勝手は、CS-BINO 2×40の方が良いかなーと思うのですが、とにかく、性能はすごいの一言。視界も嘘みたいに広いですしね。

倍率は、2.3倍とCS-BINO 2×40と比べてちょっと高いですが、横に二台置いて比べなければわからないレベル。

また近視の対応能力も、-6ディオプターまで広がっているので、かなりの度数の人でも裸眼でピントを合わせることが出来るのです。

 

今日のまとめ

今日は、星空観察に最適な一風変わった双眼鏡を二種類ご紹介しました。

実は、この双眼鏡星空だけでなく舞台でも大活躍。(まさにオペラグラスですね)普通のオペラグラスよりもはるかに視界が広いので、舞台の隅々まで同時に見ることが出来る優れものなのです。)

しかも、明るくて、クリア。

ただ、視界が広くて、明るいとなると、昼間の屋外で使うのはちょっと怖いかもしれませんね。。どうしても太陽が視界に入ってきてしまいますから。。使う時は太陽の方を見ないように気を付けて!


笠井トレーディング 2x40mm 星空観賞用双眼鏡 CS-BINO 2×40


笠井トレーディング 2.3x40mm 星空観賞用双眼鏡 WideBino28 ワイドビノ28

子どもの天体望遠鏡をせがまれたら、まずこの双眼鏡で星空散歩の楽しさを十分味わってもらってから考えるというのが山猫のおすすめの方法!

一人でも多くの子どもに星が好きになってほしいなと思います。

「天体望遠鏡は、双眼鏡で星を見る事に慣れてから!」でも遅くないですよ。

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

~合わせて読みたい~

アウトドアや防災の必需品。懐中電灯(ライト)はほどほどの明るさで、単三電池がつかえるものが使いやすい。
山猫が、アウトドア用や防災用にお勧めする、懐中電灯は明るすぎない物。 今は明るい懐中電灯が流行っていますが、意外と使い道が少ない物です。もちろん闇夜を捜索するには明るい方が良いのですが、一般の方の場合、程々の明るさで扱いやすい懐中電灯がおすすめなんです。
突然、近づいてきて「ドカン!」と落ちる雷。。遠くの雷を感知する便利グッズをご紹介します!(レビュー記事)
こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。 この記事を書いているのは、2019年5月6日。今年のGWは夢の10連休であったわけですが、ずっと続くかと思われたお休みもとうとう今日が最終日。。。 そんなGWですが、後半は大気の状...
登山や、キャンプのお供に(防災用としても)。。まともに使える携帯型ソーラー発電機が売れています!
今回は、登山家やキャンパーの間で急速に普及している、折り畳み式ソーラー発電機のご紹介です。 最近は、情報をスマホから得るという方が増えてきました。山でも普通に電波が入りますしね! そうなると問題は、スマホの電源。フルで使っていると、1日持たないくらいスマホの電気の持ちは悪い。。そんな時は、太陽のチカラでスマホを充電してしまえばよいのです!
タブレットを使った通信教育「スマイルゼミ」を3年使った感想を出来るだけ詳しくお伝えします!
今日は、子どものタブレット端末を使った通信教育について。。我が家では、3年ほど前からスマイルゼミとい通信教育をやっています。 実際スマイルゼミを使ってみた感想や機能のご紹介をしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました