スマホが熱すぎて警告が出る!原因と対策を考えてみた~超クールなスマホケースで発熱対策~

スマホが熱い!スマホケースで対策する 豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。(@yamaneko_solar

 

山猫
山猫

毎年、夏になると、スマホが熱くなって困るな。。

特に外で使ってると、頻繁にスマホを冷やせ!って警告がでるよ。。

子ども猫
子ども猫

モバイルバッテリーで充電しながら、スマホ使うのが悪いんじゃないの?

山猫
山猫

確かに、充電しながら、作業すると警告が出やすいのは事実なんだけど、普通に動画みたり写真撮ったりしても・・

すっごくスマホが熱くなるんだよ。。

 

冬の間は、問題なかったスマホの熱問題。。

同じように悩んでいる人。きっと多いのでは??

 

実は、スマホが発熱する要因はいくつもあるのですが、今回は【スマホケース】に焦点を当てて、スマホが熱くなる問題を考察します。

スポンサーリンク

 

そもそも、なぜスマホが熱くなるのか?熱の発生と放熱の仕組み

 

山猫
山猫

これだけスマホを使ってきて、今更何を悩んでいるんだ?って感じだけど、ふと疑問に感じてしまったのだ。

 

そもそも、なぜスマホが熱くなるか?ですが、

スマホって、すっごく小さく軽くなっているけど、ようするに「超小さくなったパソコン」なんですよね。

 

だから、スマホの中のコンピュータが動作すると発熱するというわけ。

山猫
山猫

コンピューターが一生懸命動くと、発熱量も増える。

だから、ゲームをしたり、動画を見たりするとスマホが熱くなるのだ。

 

さらに、スマホの発熱の原因の一つが、【充電】

スマホを充電している時にスマホが熱くなっているな!と感じる人は多いはず。

これは、充電中、スマホの中に入っているバッテリーが発熱するからなのです。

 

子ども猫
子ども猫

て事は、充電しながらゲームをやるのは、

スマホが熱くなる要素がそろっているって事なんだね!

山猫
山猫

そういう事になるね!

 

さて・・・スマホ自体が発熱するというのは分かったのですが、発生した熱は、どうにかしないといけません。

 

子ども猫
子ども猫

バッテリーは熱に弱いんだよね。。最悪スマホが壊れてしまう事もあるんだよ。。

実は、スマホの内部で発生した熱は、スマホの画面や裏蓋から放熱しているのです。

 

つまり、スマホの周りの空気を温めて、スマホの内部を冷却しているのです。

 

山猫
山猫

ここで大事なのが、スマホの内部で発生した【熱】は、スマホの画面や裏蓋から、空気中に逃げていくという事なのだ。

 

子ども猫
子ども猫

そうだけど、何が問題なのかな?

山猫
山猫

私はずっと、スマホを買ったときに付いてきた、シリコンゴム製のスマホカバーを使っているのだけど、このカバーが、良くないのでは?と思い当たったのだ。

 

シリコンゴム製のスマホカバー

※自分のスマホを自分で撮影出来ないのでこれはイメージです。

 

この手の、スマホの背面全体を覆う、シリコンやTPU素材のスマホカバーは衝撃吸収性能が優れているので、物理的な衝撃からスマホを守ってくれる便利デバイスなのですが。。。

スマホの放熱・・・という観点から見ると絶望的にマイナスなのです。

山猫
山猫

基本的に、樹脂素材は、熱を通しにくいので、スマホの放熱能力が、大きく下がってしまうのだ。

 

子ども猫
子ども猫

そういえば、最近、スマホカバーとスマホの間にメモ紙を挟んでたよね。あれも良くないんじゃない?

山猫
山猫

そうなんだ。多分あれも良くない。

ここまでの結論は・・・スマホの背面をすべて覆ってしまう、シリコンやTPU素材のカバーは・・・スマホの放熱という観点ではマイナスという事なのです。

 

山猫
山猫

もちろん、物理的な衝撃の防御という点では優れているから、この手のカバーがダメというわけではないよ!!!

 

という事で、

この記事では、スマホの冷却性能をできるだけ損なわずに、それでいて、物理的なガード能力もある おすすめスマホケースを紹介します!

子ども猫
子ども猫

ただ、スマホケースって、どうしても(新しめの)iPhone用が多く販売されているんだよね。

まあ、日本での販売台数を考えたら仕方がないのだけど。。

 

 

放熱性に優れた、おすすめスマホケースのご紹介。

 

その1:そもそも背面をカバーしなければOK!スマホの周囲を覆うバンパーを使う。

 

放熱上かなり有利な方法が、スマホの周囲をシリコンなどのカバーで覆うバンパータイプのスマホカバーを使う事。

 

Android用は、機種を問わない汎用型。。

 

iPhone と違い、大量の機種が販売されているAndroid勢は、なかなか専用ケースが見つかりません・・・という事で、ほとんどのAndroidスマホに適合する汎用品からセレクトする事になるのですが、、、

 

どうしても汎用品だとフィット感がいまいちだったり、バンパーが外れやすかったり、、そんな汎用品の中でもこれは良く出来ている!と感じた商品がこちら!


ボーンコレクション(BoneCollection) バブルタイ S UN17201 ブラック


この商品の特徴は、落下時に一番危険な4隅をがっちりガードしている事。どうしても外れやすいバンパーを保持するために、背面に網目状の補強材が入っている事。

山猫
山猫

この形に特別な意味があるかはわからないけど、バンパーの強度アップに貢献しているとは思うよ!

 

 

iPhone用は、各機種用が出ているRhinoShield バンパーがおすすめ!

 

機種が少なく、販売台数の多いiPhoneは、各機種専用品が選べるのがメリット!

その中でも評価が高いのが「RhinoShield」が発売しているiPhone用のバンパー


RhinoShield iPhone 11 Pro CrashGuard NX バンパーケース | 3.5mの落下衝撃からも保護 衝撃吸収 スリム設計 耐衝撃保護カバー 薄型軽量 背面のないスタイリッシュデザイン – プラチナグレー

 

 

子ども猫
子ども猫

流石、専用設計だね!シュッとしているよ!!

山猫
山猫

RhinoShieldはAndroid用の一部機種用のバンパーも製造しているよ。もし興味があったら探してみてね!

 

 

その2~4は、残念ながらiPhone用のみのご紹介。。Android勢はなかなか良い商品が出ていないです。。

その2:放熱性に優れたメッシュ構造のスマホケース


Facecolor スマホケース iPhone SE [第2世代] ケース iPhone8 iPhone7 カバー 対応 【 メッシュ 冷却 高い排熱性 】 シンプル TPUソフトケース カメラ保護 レンズ保護 薄型 軽量 ワイヤレス(Qi)充電&NFC対応 マカロンシリーズ 男女兼用 新型 アイフォン7/8/SE2 バンパーカバー 4.7インチ i phone7ケース iphone8 カバー iphonese2 iphoneseケース se2 iphonese2ケース caseiphone8 カバー TPU-(チェリーレッド)


放熱性を意識して、スマホの背面をメッシュ状にしたスマホケース。メッシュなので当然スマホの裏蓋は外気と直接、熱交換を出来るので、スマホの冷却にはかなり効きそうな感じ。。

このメーカーからは、各種iPhone用の、メッシュのスマホケースが販売されているので、興味があったら探してみてね!!

 

その3:電子部品メーカーが本気になって作った放熱板(ヒートシンク?)がついたスマホケース


サンハヤト 熱にも衝撃にも強い! 付けるだけで5℃冷えるスマホケース第2弾 HEATSINK-5℃ Cool (iPhone SE 第2世代 用) (*8/7/6s/6でも兼用可) メタリックシルバー HS5C-CL-SE2

日本の電子部品メーカー サンハヤトが真面目に作っちゃったiPhone用スマホケース(上のリンクからiPhoneの各機種用のケースが選べます。)

背面が特殊なヒートシンク(放熱板)になっていて、スマホ内部の熱をドンドン放出するという仕掛け!

子ども猫
子ども猫

このメーカーは、電子関係の人には超有名なんだよ。

だから、あのサンハヤトが作るスマホケースだったら。。て思う人が多いみたい!

 

もちろん、放熱だけじゃなくて、側面のガードもがっちり!放熱も保護も気をつけたい人にピッタリです!

その4:番外編 シリコンカバー TPUカバーを加工してヒートシンクをつける

さて・iPhone用はいろいろ出てきましたが、機種がとにかく多いAndroid勢は選択肢が少ないのが事実。。

 

山猫
山猫

私はAndroidスマホだから、どうしようかなと思っていたのだ。

 

流石にケースをつけないという選択肢はないので、今使っているシリコンケースを加工してみる事にしました。

子ども猫
子ども猫

そっか。。

背面が樹脂で覆われていて放熱が弱くなっているのだったら、背面を切り取っちゃえばよいのか。。

 

幸い、スマホのカバーに使われている、シリコンやTPUは柔らかい素材なので、カッターでカットする事が出来ます!


Anjoo Arrows Be F-04K 対応 ケース, アローズ ビー F-04K 対応 クリア シリコン ソフト ケース 透明 TPU 超薄型 軽量 落下防止 衝撃吸収 擦り傷防止 スマホケース

良くある、シリコンなどの樹脂素材で出来たスマホケース。要はスマホの背面をがっちり覆ってしまうのが問題なので・・・こんな感じに背面をカットしてしまえば良いのです。

 

スマホカバー

子ども猫
子ども猫

カットの仕方が汚い!!

さらに放熱能力を向上したいのなら、スマホの背面にヒートシンクをつけるという手もあります。

 

ヒートシンクは様々な形が販売されているのですが、個人的には、SSD用のヒートシンクがかっこいい! デザインもいろいろありますので、大きさが合うのなら候補に入れたい。

 

ただ、スマホの背面に金属板を貼ると、電波の入り方が変わったり、お財布ケータイが使えなくなったり、副作用が起きる可能性も。。

 

ヒートシンクを貼る際は、事前の確認を十分行ってください。

子ども猫
子ども猫

上手くいくと、かなり放熱に効果があるのだけどね。。

なかなかむずかしい。。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

今回は、スマホの発熱についての原因の考察と、スマホケースを交換または改造することによって、スマホの発熱を軽減する方法を解説しました。

 

夏になると、こんな症状が出る事があります。

  • スマホから警告が出る。。
  • バッテリーが凄く熱くなる。
  • 動作が重くなったり、カクカクし始める、
  • カメラが使えない。。

 

どのケースでも、スマホの発熱が原因の場合が多いのです。

少しでもスマホを冷却して、いたわるための方法。スマホの加熱を防ぐ事は、スマホの寿命を延ばすことにもつながりますよ!!

 

以上さいごまでお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

続きの記事はこちら!

スマホカーナビを適度に冷やす方法について考える~夏の車内の暑さ対策~

 

 

 

~合わせて読みたい~

ダイソーで売ってる、2種類の音が広がるスマホスタンドを試してみた!(比較レビュー)

 

使わなくなったスマホ・タブレット・Wi-Fiルーターはどうやって処分する?3つの方法を詳しく解説するよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました