実はコスパ最高の鉛筆削り!それは・・・クーピー削りなんです!

小学生向け
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(本記事の最終更新日は、2019年5月6日です。)

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。

今回は、久しぶりの文房具回。山猫が大好きな鉛筆削りの話題です

このブログでは、以前、手回し式の最強鉛筆削りを紹介しました。

小学生向けの鉛筆削り器。いろいろ試してみて最後にたどり着いたのは、CARL(カール)でした。
なかなか鉛筆をうまく削れない、小学生の子どもが、巡り合った、一人でも使える手動式鉛筆削りのご紹介です。

カールのangel5(エンジェル5) と言う名前の鉛筆削りです。世の中にはいろいろな鉛筆削りが市販されていますが、手回し式の鉛筆削りは、小学生低学年の子どもにとってはかなり使うのが難しい商品なのです。

という事で、ほとんどの手回し式鉛筆削りは、うまく使う事が出来ないのです。実際、私は子供にいろいろな鉛筆削りを試してもらいましたが、結局うまく削れたのは、カールのエンジェル5だけ。。

子どもに言わせると「嘘みたいな鉛筆削り。。。っていうかほかの鉛筆削りは一体なんなの???」となってしまうぐらい、明らかに差が出たのです。

という事で、鉛筆がうまく削れないと嘆くお子さんも、カールのエンゼル5なら削れる可能性が高い!。クラッシックな外観ですが、鉛筆削りとしての能力はピカ一です


カール事務器 鉛筆削り エンゼル5 プレミアム 日本製 ブルー A5PR-B

この鉛筆削り。家で使うには最高なんですが、、、学校には持っていけませんよね。。もちろん持って行ってもいいのですが、ぶっちゃけちょっと大きいし、さらに重いです。

そこで登場するのが、携帯型の小型鉛筆削りなのですが、、

本当にいろいろな鉛筆削りを使ってきた山猫が選んだのが・・・なんと

実は、クーピー削りが一番使いやすくて良く削れる。

という、とんでもない答えに・・・

ほんとにこれがおすすめなの??心配になっちゃいますよね。。


サクラクレパス 色鉛筆 クーピー 12色 ソフトケース入り FY12-R1

クーピー削りとは、サクラクーピー色鉛筆を削るための専用鉛筆削り。クーピーのセットを買うと、ついてくる白い鉛筆削りみたいな物ですね。

見た目も限りなく質素だし、クーピーみたいな柔らかい物を削るための鉛筆削りだし、そもそも、どこで買うの?という感じの商品ですが、

一度使ってみると、その性能に驚くこと必至です!

ちなみに、大きな文房具店に行けば、クーピー削り単体で売っていることが多いですよ!


サクラクレパス クーピー削り FYケズリ-P

もっとも素晴らしいのがそのコスパ。安いお店では100円くらいで売っています。

この値段で、これだけの性能が出せるのですから、サクラクレパスさんは大したものだと思いますね。

削りカスをためる部分がないので、ゴミ箱の上で削る必要があるのですが、逆を言えばそれだけの事。どうせ、削った芯は、ゴミ箱に入れるのですから、教室のごみ箱の上で鉛筆削りをしても何の問題もありません。授業中にはできないという問題点はありますが、授業前に鉛筆が丸くなっていないか確認すればよいだけの事。

鉛筆削り自体が必要最小限のコンパクトサイズなのですから、筆箱の中の隙間にすっぽりと収まります。

耐久性もかなりの物ですが、刃物ですので、徐々に切れ味は落ちていってしまいます。

でも、買い替えるとしても、お財布の負担は最小限

お高い、鉛筆削りを買うぐらいなら、サクラクレパスさんのクーピー削りを数個準備しておくほうが、よっぽど役に立つと思いますよ!

 

以上今回は、超コンパクトで持ち運び簡単。小さい子供でも使いやすいサイズで、なおかつ安価という、素晴らしいえんぴつ削りサクラクレパス クーピー削り FYケズリ-Pをご紹介しました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

~合わせて読みたい~

小学生向けの鉛筆削り器。いろいろ試してみて最後にたどり着いたのは、CARL(カール)でした。
なかなか鉛筆をうまく削れない、小学生の子どもが、巡り合った、一人でも使える手動式鉛筆削りのご紹介です。
赤鉛筆の軸はなぜ丸い?実は六角形の軸の赤鉛筆もあります!小学生が使うなら六角形の軸をお勧めします。
(この記事の最終更新日は、2019年5月24日です。) こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。 このブログでは、今までも鉛筆についていろいろな記事を書いてきました。 この記事の中では、初めての鉛筆は、三角の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました