今日紹介するのは、大人用事務用ハサミの超おすすめ品。使いにくいハサミはそれだけでストレスがたまります。

文房具
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(この記事の最終更新日は、2019年7月27日です。)
こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。
今回の記事は・・・大人用の文房具の回です!

この前、子ども用のハサミについての記事を書いたよね

そうね!子どもは大人よりもハサミに使い慣れていないから、大人より真剣に選ばないといけないのよね

子ども向けの「ハサミ」どれだけ真剣に選んでいますか?ハサミを使い慣れていない子どもにこそ、使いやすくて長持ちする文房具を!おすすめするのは、KOKUYO エアロフィットサクサ・キッズです。
今回ご紹介するのは、子ども向けのハサミ。実はハサミが上手く使えない子どもはすごく多い。。大人はちょっと切りにくいハサミでもなんとか切ってしまいますが、子どもはそうはいきません。。できれば、子ども時代もよく切れるハサミを使ってほしいと山猫は思っています。 この記事では、子どもでも使いやすい!おすすめのハサミをご紹介しています。

でも、大人もハサミを使うわけだし、よく使う人ほどなんでもいいというわけにはいかないんじゃない

そうかもしれない。。切れにくいハサミはストレスの元だしね!

では今回は、大人にお勧めのすごいハサミをご紹介しようかしら

という事で、以前の記事で、子ども用のハサミを特集したわけですが、やっぱり大人用のハサミも紹介したほうが良い!という事になりました。

ハサミほど身近な文房具もめずらしい。

文房具と言って思い浮かべるのは、鉛筆や、ボールペンなどの筆記具。ノートなどの紙類。そして、「ハサミ」もすぐに思い浮かびますよね。文房具の中でも知名度の高いハサミですが、意外にしっかりしたハサミを使っている人は少ないですよね

シャープペンには、お金を出すのに、ハサミは100均でいいや。と思ってしまうのはなぜなのでしょうか?

実は、ハサミは「値段によって、ものすごく性能が変わる」のです。

特に、刃先の加工やコーティング技術の進化した現在、ハサミの性能も格段に上がっているのです。

今回は、各文房具メーカーが技術の粋を集めて開発した、切れ味長持ち、のりも付きにくく、ストレスフリーなハサミを紹介していきたいと思います

今回は、文房具界の有名メーカー3社の、TOPブランド商品を紹介します。それでも販売価格は、店舗によって異なりますが、500円~1000円と言ったところ。。

なぜか皆さん。ハサミに1000円と言うとすごく高いという顔をしますけど、冷静に考えたら、そんな事ないですよね!シャープペンだって、500円以上するのがゴロゴロありますし、それ以外の文具でもちょっとしたもので1000円を超える物も珍しくありません。

文具メーカーが自信をもっておすすめするハサミがこの価格なのですから、ものすごいお買得だと山猫は思うのですが、皆様いかがでしょうか?

山猫がおすすめする、ちょっと高級事務用ハサミ

コクヨ


コクヨ はさみ ハサミ サクサ チタン・グルーレス刃 赤 ハサ-PT280R

コクヨでおすすめするのが、<サクサ>シリーズの最高峰。PT280です。色は、赤、紺、黄緑の三色から選ぶことが出来ます。

コクヨのサクサシリーズは、基本のハイブリッドアーチ刃(刃先が真っすぐではなく、曲線を描いている。この形状にすると、刃の先でも根本でも同じような感覚で切れる。)を基準に、

グルーレス刃(のりが付きにくい刃)+フッ素コート(刃を長持ちさせるためのコーティング)+チタンコート(さらに強度を高めるためのコーティング)を施したバージョンが販売されています。

最強なのが、チタンコーティングをしたもの。チタンコートすると、刃が茶色くなるので、ステンレス刃とすぐに見分けがつきます。

山猫がおすすめするのが、このチタンコーティング刃。とにかく、ハサミが長持ちして、買ったときの切れ味をずっとキープしてくれる優れものなのです。

PLUS


プラス はさみ フィットカットカーブ チタン ブラウン SC-175ST 34-519

PLUSが販売する事務用ハサミの最高峰は、このフィットカットカーブチタン。

刃のR部分の考え方がコクヨとちょっと違うのが見て取れます。

PLUSのこの曲線は、ベルヌーイカーブ刃と呼ばれているのですが、どのあたりがベルヌーイなのか、山猫にはよくわかりません。

そもそも、ベルヌーイって、流体力学の先生だったのでは?まさか、この刃は空力的に優れているのか?

冗談はさておき、この刃もコクヨと同じように素晴らしい耐久性の美しさがありますね。

どちらが良いかと聞かれると、非常に悩みます。

もう、ここまでくると好みの世界ですね。。

ナカバヤシ


ナカバヤシ 刃物の町、関 ハサミ職人 監修 サクットカットヒキギリチタンコート NH-HT175M

最後に紹介するのが、ナカバヤシの、サクットカットヒキキリチタンコート。

流行りのチタンコートに加えて、ナカバヤシ独自の、引き切りというテクノロジーが搭載されています。最大の特徴は、2枚の刃の形状が異なる事!これは事務用ハサミとしては珍しいですよね。

2枚の刃、は短い受け刃と長い切り刃で構成されていて、包丁を引いて切るような感覚でスムーズに物が切れるように工夫されています。

スポンサーリンク

まとめ

今回ご紹介した3種のハサミは、どれも事務用ハサミとしては、価格以上の性能を持っていると思います。

各部の作りがしっかりしているのでガタはないし、切れ味は鋭いし、しかも長持ちする。

安いハサミを、苦労して使うよりも作業効率が上がることは間違いありません

それでも、値段は、amazonで買えば500円程度ですので、大した出費ではありません。

この価格で、この性能は、ちょっと意味が分からない。と思わせるほどです。

チタンの、茶色(物によっては青もあります。)が高級感があってかっこいいですしね!

以上今回は、大人向けの事務ばさみの特集でした。

~今回ご紹介した商品はこちら~

最後までお読みいただきありがとうございました。

~合わせて読みたい~

携帯用のハサミで、ここまで使いやすい商品が発売されているとは!筆箱やポーチに常備するべき!
ハサミはなくてはならない文房具ですが、、どうしても持ち手の部分が邪魔になって筆箱に入りませんよね。小さなポーチに入れても場所をとってしまいます。 そんなハサミの弱点に真っ向から挑んだのが、PULSから発売されている携帯型ハサミ 「ツイッギー」携帯型なのに、使い勝手も妥協していない素晴らしいハサミなんです。
子ども向けの「ハサミ」どれだけ真剣に選んでいますか?ハサミを使い慣れていない子どもにこそ、使いやすくて長持ちする文房具を!おすすめするのは、KOKUYO エアロフィットサクサ・キッズです。
今回ご紹介するのは、子ども向けのハサミ。実はハサミが上手く使えない子どもはすごく多い。。大人はちょっと切りにくいハサミでもなんとか切ってしまいますが、子どもはそうはいきません。。できれば、子ども時代もよく切れるハサミを使ってほしいと山猫は思っています。 この記事では、子どもでも使いやすい!おすすめのハサミをご紹介しています。
我が家で、40年以上も現役の「キッチン用ハサミ」があります。しかもまだ同じ商品が売ってる。どんだけ長寿商品なんだ??
調理にキッチンバサミを使っている方、とっても多いと思います。袋を開けたり、野菜を切ったり、使い道が広いグッズですよね! 今回紹介するのは、我が家で40年以上も使われている、キッチンバサミを紹介します。とにかくめちゃくちゃ使用頻度が高いのに、まったくガタがないのです!これってすごい事ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました