富士山静岡空港「だいだらぼっち広場」飛行機に手が届きそう!進入灯(誘導灯)直近の展望台の紹介!

富士山静岡空港
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(この記事の最終更新日は、2019年7月29日です。)

こんにちは、山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。

このブログでは、富士山静岡空港の、飛行機見学ポイントを順に紹介していく予定で、今回がその2回目になります

ちなみに一回目は、静岡空港の北西に位置する、「西側展望台」を紹介しました。

富士山静岡空港「西側展望台」を、めちゃくちゃ詳しく説明します。 
静岡県中部。牧之原台地にあるのが、富士山静岡空港。このブログでは、富士山静岡空港の展望台をご紹介しています。この記事で紹介するのは、富士山静岡空港の滑走路西側にいちする、「西側展望台」です。

西側展望台は、空港の直近で、しかもすぐ横に空港の駐車場がありますから、かなり知名度の高い展望台になります。

今回ご紹介するのは、空港の南東側。進入灯(誘導灯)直近の展望台「だいだらぼっち広場」です。

富士山静岡空港 だいだらぼっち広場 展望台

行き方

まずは、だいだらぼっち広場の場所を確認しておきましょう。ちなみに「だいだらぼっち」とは、かつて日本にいたとされる巨人で、山や湖を作ったり、足跡を残したり、日本全国にその伝承を残しています。

このだいらだぼっち広場も、大きな足跡の形に見えることが由来なのですが、人工的に足跡の形にしたのか、それとも足跡の形を生かして、公園にしたのかはよくわかりません。

左側に見えるのが、富士山静岡空港の滑走路ですから、かなり滑走路に近いところにありかつ、滑走路への進入経路の真下にあるのがわかると思います。

航空写真で見ると、もっとよくわかりますね。滑走路から真っすぐ伸びている細い線は、滑走路への進入灯ですので、本当に、広場が進入灯のそばにあるのがわかります。

では、この、だいだらぼっち広場への行き方ですが、県道73号線から曲がる道さえ間違えなければ、あとは一本道です。

県道73号線を北からくると、右側に、超ちっさい看板があります。これが目印なんですね。

この交差点を左折(北から来た場合)します。あとは道なりなのですが、途中1.5車線くらいしかない細い道が続きますし、看板もありませんので、すごく不安になります。

と思ったら、富士山静岡空港公式の、行き方動画がありました。

行くまでは細い道なのですが、展望広場は、駐車場もたくさんあって立派な感じ。

あの細い道の先に、これだけ立派な駐車場があっても、この駐車場が車で埋まるシーンを想像できませんね。。静岡空港さん。もう少し道を整備してみたら・・・というのは老婆心でしょうか?

だいだらぼっち広場のポイント

だいだらぼっち広場について、まず目につくのが、この誘導灯。

かなり深い谷の上に橋で渡してあります。飛行場の進入灯の鉄筋は、大概このオレンジ色で塗装されているのですが、決まりでもあるのかな?

この公園の設備はあまりないのですが、公園の説明看板があったので撮っておきました。

飛行機の見学ポイントとしてではなく、だいだらぼっちの話に注力してますね。。この展望台に来る人は、ほとんど飛行機を見に来る人なんですから、飛行機について書いてくれてもよいと思うのですが、、

それ以外には、

穴からのぞくと、飛行機が大きく見えるという石がありますが、、効果のほどはよくわかりませんね。隣に、静岡空港の発着時刻表が立ててありました。

この時刻表が必要ないぐらい、ひっきりなしに離着陸が行われると良いのですが、実際は、時刻表をよく確認しておかないと、飛行機が一機も見れないという悲しい結果に終わることも。。

(気持ちの良い公園なので、季節が良かったら、ピクニックをしながら、のんびりと楽しむという事もできるのですが、ここを取材したのが、2018年12月30日。寒波も来ていて、とても長時間のんびりという雰囲気ではありませんでした。)

飛行機の着陸が良く見えるベンチもあります。飛行機好きのカップルだったら、ここで、夕陽を浴びて降りてくる飛行機を見ながら・・・というのも素敵ですね。。と、無駄な想像をしてみました。

静岡空港との位置関係

このだいだらぼっち広場と静岡空港との距離はごくわずか。でも多少静岡空港の方が標高が高いので、かなり高い脚立にのらないと滑走路を見ることはできません。

ちなみに、この広場と滑走路上の目標点標識との距離は約1000m (※設置目標点標識は滑走路端から400mの場所にあるので、この展望台は、滑走路端から600mくらいの所にあることになります。)もちろん、航空機は目標点標識ピッタリに降りるわけではありませんが、目標点標識から1000mの時の高度はどのくらいになるかと言うと、、

着陸時の進入角度を3°とすると、タンジェントを計算すれば良いので、、あーなってこーなって

高度 52m(170フィート) と出ました!(ほんとかなー)これはかなり近いですよね!ここまで近くで航空機を見れる公園も多くないと思いますよ!

ちなみに静岡空港に設置されているILS は CAT1 (カテゴリー1)なので、着陸か復行を決める決心高度は200フィート以上。つまりこの展望台の上空を通過する前に、着陸か着陸復行を決めているという事になります

静岡空港の着陸コースについて

静岡空港は、滑走路の両側から離着陸が可能なので、いつもこちらから着陸してくるわけではありませんし、逆側に離陸していってしまう事もあります。

でも、風があまり強い日でなければ、南東側からの着陸(ランウエイ30への着陸)南東側への離陸(ランウエイ12から離陸)というケースが多いのです

普通、航空機は、向かい風に向かって離着陸をするので、静岡空港のような使い方は、ちょっと違和感がある人もいると思います。

これは、ILSと呼ばれる計器着陸システムの設置状況と、ターミナルの位置が関係しているのですね。

現在の航空機は、ほとんど、ILSを使って、着陸進入をしてくるのですが、静岡空港は、この機械が南東側から進入するルート(ランウエイ30)にしか設置されていないのですね。

なので、着陸機は多少の追い風でも南東側から進入してきます。(強い追い風の時は逆側のランウエイ12にぐるっと回って着陸します。)

一方離陸も、向かい風の方が良いのですが、ターミナルが、北西寄りにあるので、南東側の端まで来るのにとても時間が掛かります。そこで、風が強くなくて、追い風でも離陸が支障ない場合は、たとえ追い風であってもランウエイ12から南東側に向かって離陸していくわけです。

と、言葉でいろいろ書いてみましたが、図に書かないと難しいという事に気が付きました。

今度は、静岡空港への進入、離陸経路の説明をしてみようかな。

スポンサーリンク

飛行機が離着陸している写真はないの?

なんと、今回は、離着陸の写真が取れませんでした。

実は、撮ろうと思ってカメラを構えた瞬間に、電池切れで写真が取れず・・・

その次の便まで、1時間以上時間が空いてしまったので、今回はあきらめました。

次回リベンジしたいですね!

という事で、今回は、富士山静岡空港の展望台紹介シリーズの2回目。

滑走路の南東側の誘導路脇に位置する、だいだらぼっち広場のご紹介でした。

皆様最後までお読みくださりありがとうございました。

~合わせて読みたい!~

富士山静岡空港「石雲院展望デッキ」静岡空港が一望でき、滑走路のとの距離も近い!まさに、飛行機見学の聖地です!
今回ご紹介するのは、富士山静岡空港(FSZ)のメイン展望台「石雲院展望デッキ」です。全国に空港は沢山あるわけですが、ここまで状況の良い展望台はあまりない!というくらい全方位の航空機を障害物無しで見る事の出来る素晴らしい展望台です! この記事では、「石雲院展望デッキ」を出来るだけ詳しくレポートします!
富士山静岡空港の着陸進入経路の直下!吉田町の小山城(能満寺山公園)の展望台で飛行機を見る!
今回は、富士山静岡空港に離着陸する航空機の撮影スポットのご紹介。今回は、空港から少し離れた場所にある小山城という古城跡からの撮影です。 航空機と天守閣が同時に撮れるポイントは、全国でも珍しいのではないでしょうか? この記事では、小山城周辺の航空機撮影スポットについて解説しています。
航空ファンだけじゃない!飛んでいる飛行機の機種や行先がわかる「Flight rader24」は超便利!
今回ご紹介するのは、スマホアプリ!世界中を飛んでいる旅客機をスマホ上のレーダー画面に映してくれるというすごいアプリなんです。 空港の混雑状況も非常に正確にわかりますし、お迎えする人が乗っている飛行機がどこを飛んでいるかもすぐわかる。誰にとっても役に立つアプリなんです。
富士山静岡空港「西側展望台」を、めちゃくちゃ詳しく説明します。 
静岡県中部。牧之原台地にあるのが、富士山静岡空港。このブログでは、富士山静岡空港の展望台をご紹介しています。この記事で紹介するのは、富士山静岡空港の滑走路西側にいちする、「西側展望台」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました