紙を綺麗にカット!定番商品の「カール ディスクカッター」のコンパクト版があることを知っていますか?(レビュー記事)

文房具
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(この記事の最終更新日は、2019年8月31日です。)

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。(@yamaneko_solar
本日の話題は紙などを切るカッターです。

皆さんは、紙をカットするとき何を使いますか?もちろんハサミでも切れますが、キレイに切りたいと思ったらカッターを使う人が多いですよね!

山猫も、ちょっとした作業だったら、カッターとカッターマット、定規(線引き)で紙をカットしています。

簡単な作業ならこれでいいのですが、、、大量に紙をカットしたいときは、ぶっちゃけめんどくさいですよね。。そんな時は、専用のカッターが便利なんです!

スポンサーリンク

大量に紙をカットするときは、専用のカッターがおすすめ!

専用のカッターは、大きく分けてディスクカッターとギロチンカッターがあります。

大量の紙を裁断する道具は大きく分けて、ディスクカッターとギロチンカッターの二つがあります。

ギロチンカッターと言うのは、こんな感じの物。


コクヨ 裁断機 ペーパーカッター 押し切り式 A4 裁断幅309mm PPC用紙10枚 DN-G103

紙を切断する刃物でズバッと紙を裁断してしまうのが、ギロチンカッター(押し切り式とも呼ばれています。ギロチンは名前が怖いですからね。。)

このタイプの裁断機は、学校や職場にあることが多いので見たことがあるよ!という人も多いと思います。

もう一つが、ディスクカッターと呼ばれる物です。


カール事務器 裁断機 ペーパーカッター A4対応 40枚裁断 DC-210N

なんとなく雰囲気は、ギロチンカッターに似ていますが、紙をカットする部分の形状が違いますね。ディスクカッターには、大きな刃がありません。。。

では、いったいどうやって切るかと言うと、、、

右側のレールにこんな物が付いているのです。

写真では見ずらいですが、円盤状のカッターが入っているのが見えます。紙をカットするときは、この円盤状のカッターが回転しながら紙を切っていくわけです。

ギロチンカッターもディスクカッターも紙をカットするものですが、一般家庭用として考えた時、山猫がおすすめするのは、ディスクカッターです。

なぜかというと・・・

(1) 切断面が綺麗・・・上から押さえつけて切るのではなく、回転する刃で切るので、切断面が綺麗なのです!
(2) 安全性が高い・・・ギロチンカッターは刃物で紙を押さえつけて切るので、指などを挟んだら大変!一方、ディスクかったーは、刃物は手が届かないところにあるため安心なんです!お子さんのいる家庭では特にディスクカッターをお勧めします。

ディスクカッターのデメリットとしては、一度にたくさんの紙を切断できないという事。回転する刃が届く範囲となってしまうので、一度に切れる枚数はギロチンカッターに比べると少なめです。。

それでも、山猫が使っている一般的なタイプでも、一度に10枚(コピー用紙)くらいは切れますので、一般家庭や、あまり大量に紙を切らないお店や事務所などでは十分な性能があります。

便利なディスクカッターですが、場所をとるのが弱点でした。

山猫が使っているディスクカッターは、「カール事務機」さんのこのタイプ、、


カール事務器 裁断機 ペーパーカッター A4対応 10枚裁断 DC-200N

型番は同じなのですが、カッターの部分の形が少し違うようです。マイナーチェンジをしたという事でしょうか。。。しかし、山猫が買ったのは随分前なのに、、息の長い製品です。

このカッターには本当にお世話になっています。カッターマットで切るよりも早く、キレイに紙をカットできるので、とっても重宝しているのですが、、最大の弱点は、「ちょっと場所をとる」という事。

広い事務所で、こんなのいくらでも置けるよ!という方は、この製品を買って問題ないのですが、山猫のように事務所が狭い場合は、ちょっと問題になります。

と思っていたら、カール事務機さんから、折りたたむとコンパクトになるディスクカッターが発売されていました!


カール事務器 裁断機 ペーパーカッター スリム A4対応 10枚裁断 DC-2000

使わない時は、二つ折りにしてしまって置けるディスクカッターです。折りたたんでしまえば従来品の半分くらいの大きさになってしまうのが最大のポイント!

これは小さいです!それでいて機能は、従来品とほとんど変わらないのですから、これからディスクカッターを買おうと思っている方は、折り畳み式を買うのをお勧めします。

まとめ

今回は、会社でも自宅でも便利に使える、カッターを紹介しました。

ご家庭でもカッターを使う機械って結構多いですよね!写真の周りをカットしたり、一台持っていると何かと便利なんですよ!

山猫家では、最近折り紙を切って長い鎖を作ったのですが、この下準備にもディスクカッターが大活躍しました。

コンパクトなタイプなら、場所を取りませんから、ご自宅用としても十分おすすめできると山猫は考えています。

もちろん、置き場所に困らないよ!という方は、安定性のいいこちらの商品を選ぶのもいいですね!

価格面でも、こちらが有利。ほとんどの販売店で、こちらの方が安く販売されています。

もっともっと大量の紙を裁断するよ!という方(主に事務所かな?)は40枚裁断対応のこちらがおすすめです。

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

~合わせて読みたい~

文房具!子どもにはじめて持たせる「カッター」は安全性にこだわった「オルファ キッター」がおすすめ!
ハサミと並んで、紙や物を切る必需品が、「カッター」ですよね!一度使い方を覚えてしまったら、なかなかカッターのない世界には戻れない、便利なアイテムです。でも、カッターは刃が出ているので小さな子どもに与えるのはかなり怖い! でも、カッターの使い方は覚えてほしい!そんな願いにこたえるのが、オルファのキッターなんです。
「はがき」や「テプラ」角を丸くしたい!と思う事ってありませんか?あっという間に角を丸く切る文具が売っていますよ!
紙やフィルムの角を「丸くしたい!」って事ありますよね! 角が尖っていると危ない!と思う時や、角を丸くして可愛くしたいときとか。一枚、二枚の紙であれば、頑張ってハサミで丸くカットしますが、枚数が多いと結構大変な作業。。 そんな時、角を丸くカットする文具が便利なのです!!!!
目に優しい学習用LEDライト!小学生~大人まで勉強用に適した照明を4つご紹介します。
(2019年9月16日更新)学習机や、椅子は丁寧に選ぶのに、ライト選びはあまり時間を掛けていないのではないでしょうか? 確かにひと昔前は、蛍光管のデスクライトが主流で選択の余地はあまりなかったのですが、、LED化された今、デスクライトの性能は大きく変化しました。 ぜひ、子供向けの使いやすくて目に優しいデスクライトを選んでほしいのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました