テレビやエアコンのリモコンが壊れた!そんな時どうしますか?古い家電の場合は、リモコンが売っていない事も。。。

ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(本記事の最終更新日は、2019年7月15日です。)

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。今回は「リモコン」の話題。最近の家電はリモコンで操作するものが多いですよね!離れて操作できるリモコンはなくてはならないアイテムなのですが、、、

古い家電のリモコンが壊れてしまうと、急に大問題になってしまうのです

リモコンで操作する家電製品は、そもそも、リモコンが無いと、まともに動かせないものも多いのです!

古いリモコンが壊れると起こる事。

先日、知り合いの家でこんな事が、、

「エアコンのーリモコンが壊れて困っているのよー。電気屋に聞いたらその機種はもう生産中止でリモコンは手に入らないみたい。。エアコン買い変えなきゃダメかな?」

山猫
山猫

「ちょっとまったあ!リモコン壊れただけで、全部買い替えなんてそんなもったいない!っていうか、その電気屋さんめちゃくちゃ不親切やんか!純正のリモコンがなくても、いろんなメーカーに対応している汎用のリモコンがあるはずやで!」

「それ、ちょっと言ってたけど、電気屋さんもようわからんらしいの。動くかどうかもわからんって言ってる。」

山猫
山猫

「まったく。確かに、全部の機能が動くかわからんけど、とりあえず、暖房と冷房、温度設定なんかが出来たら使えるんやろ。。だったら、汎用のリモコン買ってきて、ためしてみ!」

「ほな、買ってきてー」

山猫
山猫

なんでやねん!!

 

という事で、知人のエアコンに合うリモコンを探しに行くことに。。。知人が使っていたエアコンは、古い日立製のエアコン。なるほど、これはもう生産中止になって長いな。。という代物でした。

普通、家電製品は、生産中止になっても、数年は部品の在庫を持っているのですが、ある程度年月がすぎると、品切れでも文句は言えないのですよね。。

比較的、新しいエアコンやテレビの場合は、純正品が手に入ることもあります。やはり、使い勝手がいいのは純正品。。後述しますが、使い勝手に関しては、汎用品は純正品に及ばないケースがほとんど。基本的な機能は動いても、その機種独自の機能は動かないこともあります。

だから、純正品のリモコンが手に入る場合、純正品を買うのをお勧めします。

おすすめ、エアコン用汎用リモコン


ELPA エアコンリモコン 国内主要メーカー対応 タイマー設定機能付き 夜間に助かるバックライト付 RC-22AC

山猫がおすすめする、エアコン用汎用リモコンは、ELPAさんが出しているもの。2007年よりも前に生産されたエアコン用に開発されたものらしく、それ以降の物については保証はしていません。

ただエアコンのリモコンと本体との通信仕様は同じようなコードを使っていることも多いので、2007年以降に作られた物でも、使える機種はあるかもしれません。

リモコンとしては、シンプルですが、必要な機能は大体網羅しています。エアコンのリモコンに求められてる機能って、運転のON/OFF 冷房、暖房、除湿の切り替え、風向、風速、そして、タイマーぐらいですよね。。

対応機種は、国内メーカーの約1000機種

価格も1000円以下で手に入る店もあるくらいお求めやすい物なので、気軽に試してみる価値はありそうです。

ただ、初期設定は、ちょっと難しいので、最初だけでも電気製品に詳しい人にやってもらう事をお勧めします

おすすめ、テレビ用汎用リモコン

 


Hanwha 異なる機器4台の設定が可能 汎用 学習リモコン TV AVリモコン [38つの学習ボタン&4つの機器選択ボタン] UMA-PLRM01

テレビだけではなく、ブルーレイやDVDプレーヤーなども操作できる汎用リモコン。本来、機械ごとに必要になるリモコンを一つにまとめることが出来るわけです。

エアコン用の汎用リモコンが、リモコンの故障や紛失時の代わりという位置付けなのに対し、テレビ用は、壊れた時の代わりという使い方もありますが、より積極的に、複数機器のリモコンを集約するという使い方もあるという点でちょっと違っていますよね

ちゃんと設定すると、純正のリモコンよりも便利という側面はあるのですが、その分、設定は難しめ。特に、複数台の機械を一台のリモコンで操作しようと考えると、かなり設定に手間取りそうです。

この設定は、機械に詳しい人にやってもらいたいなあー。。

でも、これだけの機能がついた、汎用リモコン、アマゾンでは1500円位で売っています。(2018年 冬)この価格であったら、試してみる価値。ありますよね!

まとめ

今回は、家電製品についているリモコンが壊れたらどうするか?という内容の記事でした。

リモコンは使っている時は、ホントに便利。あまりにも身近すぎて、リモコンが壊れたら・・・という事を考えることはないですよね。。

でも、リモコンも電気製品。壊れる可能性はあるのです!

もし、リモコンが壊れたどうしよう!!ってなったら、

「汎用のリモコンと言うのもが売っているよ!」という事を思い出してくれたらと思います!

~今回ご紹介した商品はこちら~

以上、今回は、いろいろな家電メーカーで使える便利な汎用リモコンについてお知らせしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

~合わせて読みたい~

リモコンの電池が液漏れした!液漏れを防ぐ方法ってあるの?
乾電池には、アルカリ電池とマンガン電池がある事しっていますか?最近は、アルカリ電池の価格が安くなって、忘れ去られてしまっているマンガン電池ですが、実は、「液漏れしにくい」「使わないでおくと少し回復する」という特徴があるのです。 この記事は、アルカリ、マンガン電池の特性の比較と、得意な電気機器の組み合わせてについて書いています。
節電の第一歩は現実を把握する事!使っている電気の量が一目でわかるワットチェッカーが大進化!ものすごく便利になってます!
今使っている電化製品が、どれくらい電気を使っているのか? まずは消費電力を知ることが節電への第一歩。これが分からないと、何から対策を打っていいかわからないですからね!この記事では、ACコンセントにつながっている電化製品の商品電力を測る事の出来る機械をご紹介しています。
便利な「電工ドラム」(コードリール)。使い方を間違えると「発煙、発火」の危険が!
広い場所や屋外で電気を使う時に必ず登場するのが、電工ドラム(コードリール)電気コードがリール状に巻かれていて、必要な長さだけ引き出して使える便利グッズ。使ったことがある!という方多いですよね!でもこの電工ドラム。使用方法を気を付けないと発煙、発火の危険性があるのです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました