防災:避難時に頭を守るヘルメット!最大の問題「収納に困る」を解決したすごいヘルメットがあった!

ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。(@yamaneko_solar

最近「防災」関連の記事が多くなっているこのブログ。。

今回のテーマは、避難の時にあると安心「ヘルメット」です。

ヘルメットって大きくて邪魔だよね・・・ほんとに必要なの?

山猫
山猫

この記事では、ヘルメットの必要性と、とってもコンパクトに収納できる優れものの折り畳み式ヘルメットを紹介するよ!

頭を守る重要アイテム「ヘルメット」

防災の話をしていて、「ヘルメット」って大事だよね!と言うと、、意外と多い反応が

「ヘルメットっている?」という意見とか、「工事現場のヘルメットってプラスチックの薄いのでしょう?あんなんで効果あるの?」という反応。。

結論を言うと、地震などの災害が起こった時は、ヘルメット絶対準備しておいた方がいいです

スポンサーリンク

家から避難所まで、上の方をちらちら見ながら歩いてみる!

子ども猫
子ども猫

地震が起こったら、避難所まで歩いて行かなきゃ!

家から避難所まで、上(空)の方をちらちら見ながら歩いてみると、、思ったよりいろいろな物があることに気が付きます。

都会だったら、高いビルがあるし、田舎でもアパートやマンションがあったり、立体交差の道路があったり、もちろん、普通の民家の屋根も自分の頭より高い所にありますよね。

避難中に余震があって、なにかが空から落ちてくる。そんな事ないかもしれないけれど、あるかもしれない。

はっきり言って、小さな石でも空から降ってきて頭にあたると大変な痛さ。大怪我をするかもしれません。

工事用のヘルメット。思った以上に頭を守ってくれるんですよ!

バイク用のヘルメットなら、かなりの衝撃がかかっても、頭を守ってくれますよね!

例えば、こんなの・・・

山猫は、以前オートバイに乗っていたので、この手のヘルメットが、ものすごく頼りになるという事を知っています。

普段バイクに乗っていて、防災用にこのヘルメットを準備するよ!という考えの方、それはそれでOKです!なんの問題もありません!!(※フルフェイスは、視界が狭くなるので危ないですよ!!せめてジェットにしときましょう。

バイクに乗らない人はどうするの?

山猫
山猫

バイクに乗らない人は、工事や工場など現場作業で使うヘルメットがおすすめなんだ。

山猫が準備しているヘルメットがこれ!

ホームセンターで売っている、ごく普通の作業用ヘルメットです。

このヘルメット、バイク用のヘルメットに比べるとかなり薄いのですが、実はかなり頼りになるのです。

山猫
山猫

しゃがんだ状態から立ち上がるとき、戸棚とかに頭をぶつけた時ない?もう、ダメだ―ってくらい痛いよね。。

あるある!低い姿勢を続けてると上に何があるか忘れちゃうのよね!

山猫
山猫

そんな時も、作業用ヘルメットをかぶっていると・・・嘘みたいに痛くないんだよ!

そっかー。じゃあ上から小さな物が落ちてくるくらいだったら、かなりヘルメットの効果があるって事ね!!

避難するとき、頭を守るのはほんとに大事な事なんです!

ヘルメットは、大きくて、丸くて、じゃま!

山猫のヘルメット。普段使う時は良いのですが、問題はしまう時。

はっきり言って、ヘルメットは大きくて、丸くて、邪魔!!一つだけならまだ良いのですが、家族分を一か所にまとめようとすると、ヘルメットの丸い形が邪魔をします。。。

積み重ねるのもバランスが悪いし、、かといって、段ボールに入れて保管しようとすると、かなり大きな段ボールが必要になります。

はっきり言って、ヘルメットは収納場所に困るのです

スポンサーリンク

収納問題をクリア!折りたためるヘルメットが防災用に売れています!

ヘルメットの収納の最大の問題点は、頭部が丸い事。まあ頭を保護するための物なので、丸くないと困ってしまうのですが。。

でも、しまっておく時も丸い必要は、ないですよね!!

そんな、コペルニクス的展開を実現したのが、この折り畳み式のヘルメット!収縮式ヘルメット オサメットです。

収縮式ヘルメット オサメット

収縮式ヘルメット オサメットです。

使わない時は、薄ーくなって、専用の段ボール箱で保管する事が可能。

折りたたんだ時の高さは、なんと45mm  ふつうのヘルメットの高さが20cm(200mm)くらいあることを考えると、圧倒的に薄くなっている事が分かります。

普段は3段に分けられて収納されているおさめっとですが、被るときはパチパチと音がするまで、帽子を下げていけばいいだけ!

これなら置き場に困らないわね!

学校もこのヘルメットがいいと思うわ!

ちなみに、一回り小さな子ども用もあります。

子供用、防災用ヘルメット 「オサメットジュニア」です。

頭囲50~56cmに対応・・・ちなみに、大人用オサメットは、55cm~64cm。

頭の小さな方の場合、大人でもジュニアモデルの方が良いかもしれませんね!

段ボールで出来ている簡易ヘルメットもあります。

もう一つ紹介するのが、、

段ボールで出来ている簡易折り畳みヘルメット、

「防災用折りたたみ式 避難用簡易ヘルメット かぶっと」です。かぶってみるとわかるのですが、ちょっと兜をかぶっているように見えるんですよね。。だから「かぶっと」なのかな?

この商品は、材料が紙という事で、プラスチック製のヘルメットよりは防御力は低い。。

でも、超軽量で折り畳み式。子どもから大人まで幅広い人に対応している、「使える」防災グッズなんです!

段ボールが折りたたまれている構造の為、収納時は非常にコンパクト!

オサメットも非常にコンパクトで、本棚に並べておくことが出来るレベルだったのですが、こちらはもっとすごい。薄い袋の中に折り畳み式のヘルメットが収められているので家族分並べても全く気にならない薄さなんです!

子ども猫
子ども猫

段ボールで出来てるからすごい軽い!これなら子どもも疲れないね!

山猫
山猫

そうだね!ダンボールだから、強度的には心配だけど、収納も場所を取らないから、いくつか準備しておくと安心だね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、災害が発生した時の避難用。普段は折りたたんでコンパクトに収納できる「ヘルメット」をご紹介しました。

避難時にヘルメットが無くても、無事に避難所までたどり着けるかもしれない。

でもヘルメットがあった方が、確実に安心感は増します。

大きな作業用ヘルメットを家族分家に置いておくと、かなり邪魔ですが、今回ご紹介した折り畳み式のヘルメットだったら・・・

ぜひ、防災グッズの一員に加えてもらえたらと思います。

~今回ご紹介した商品~

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

~合わせて読みたい~

防災。避難所を圧倒的に快適にする「ワンタッチパーテーション」と「段ボールベット」
今回は、避難所にあると本当にたすかる、室内で使うパーテーション用のテントと、暖ボールベットのご紹介。 過酷な避難生活を少しでも改善するために、避難所で使える新しいグッズが開発されています。導入されているかどうか、お住まいの自治体に確認してみてください!
防災:玄関や寝室にある「姿見」地震で割れると危険です!超軽量の割れない鏡をおすすめします!
今回のテーマは、「割れない鏡」。。鏡って玄関や廊下、寝室など、ひとの出入りがあるところに置きますよね。地震が起こった時、ガラスの鏡が割れると大変な事に!いきなり避難を難しくしてしまいます。そこで、今回ご紹介するのが「割れない鏡」なんです!
防災:手回し発電機やライトがついた防災ラジオ。いつの間にか、かなり「高性能」になってる!
今回ご紹介するのは、手回し発電機やLEDライトが付いた、防災ラジオ。大容量のバッテリーもついて、かなり使い勝手がいい感じ! 時代の進歩を感じる、最新鋭の防災ラジオを紹介します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました