タブレットを使った通信教育「スマイルゼミ」を3年使った感想を出来るだけ詳しくお伝えします!

アプリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんこんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。

本日の話題は、幼稚園~小学校・中学校までカバーするタブレット端末を使った通信教育の話。

子供向けの通信教育と言えば、進研ゼミや、Z会が有名ですが、、

山猫が選んだのはJUST SYSTEMという会社がやっている「スマイルゼミ」というタブレット端末を使った通信教育でした

子供向け通信教育で最も大事なのは続けられること!

ねえねえ山猫さん。

山猫
山猫

今日はどうしましたか?

今子供向けの通信教育をどうしようか考えているんだけど、、山猫さんはどうしてる?

山猫
山猫

山猫家は、タブレットを使った通信教育を3年くらいやっているよ。

ずーと昔、私は紙の通信教育をやっていたんだけど、どうしても続かなかったんだ。。

山猫さん。ずぼらだもんね!

で?タブレットは続いているの?

山猫
山猫

一応、毎日やっているよ!全部の課題が終わっているかはわからないけど、、、子どもの興味を引く工夫が一杯で感心する。

これはタブレットならではの特徴じゃないかな?

そっかー。確かに紙の通信教育よりも面白いかもね。。

山猫
山猫

おまけのゲームがあったり、遊びの要素もあるけれど、、でもどんな形でも続けられる方がいいと思っているよ。

実は、山猫も子どもの頃に、進研ゼミなどの通信教育を受けていたのですが(もちろんその頃は「紙」でした。。)どうしても続けることが出来なかったのです。

どんな形でもいいから、続けられる教材を!と思って探していたら、タブレット教材に行きついたというわけ。でもなぜ「スマイルゼミ」を選んだかと言うと・・・

「スマイルゼミは、タブレット端末を使った通信教育しかやっていなかったから!という事と、JUST SYSTEMという会社がやっていたから。」なのです。

「スマイルゼミ」を選んだ理由

進研ゼミや、Z会などを試したわけではないので、スマイルゼミが最良の選択だったのかどうかわかりません。

ただ、3年以上つかっても大きな不満はないし、子どもも楽しそうにやっているので、十分おすすめできると判断。

では、山猫がスマイルゼミに決めた理由を2つご紹介します。

1.JUST SYSTEMという会社が運営していたから!

この会社。そんなに有名な会社だっけ?聞いたことないけど。。

山猫
山猫

そうだね。若い人は知らないかも。。ひと昔前に、パソコン用のソフトで、「一太郎」と「花子」というのがあってだね・・・

なんか聞いたことある!昔のパソコンのワープロソフトがそんな名前だった!

山猫
山猫

今は、オフィスソフトと言えば、Microsoft officeだけど、山猫が若いころは、みんな「一太郎」や「三四郎」「花子」を使っていたんだ。

今もなくなったわけではなくて、新製品が出ているのだ。

そんなソフトウエアを開発していたのが、JUST SYSTEMなんだ!

なるほど!タブレットはアプリの出来が大事だから、もともとアプリ開発を専門にしているJUST SYSTEMなら安心!と思ったわけね!

山猫
山猫

という事なのだ

 

2.タブレット教育しかしていなかったから

もう一つの理由が、スマイルゼミはタブレット教育しかしていなかったという点。歴史の長い通信教育会社は、昔ながらの紙の教材を捨てることは出来ないですよね。(ファンがいるので・・・)

スマイルゼミは、新しい通信教育会社なので、タブレット教育専門。

 

という事は、間違いなくタブレット教材に力を入れてくるはず!(その勘は当たっていました。)

紙の教材の経験値が無いのも、かえって良いのではと考えて、スマイルゼミを選んだというわけです。

スマイルゼミを使ってみた感想

本当は、タブレットの画面を載せて一つ一つの機能の解説をしたい所なのですが、、どこを撮っても個人情報満載なので、、今回はやめにしておきます。

機能については、スマイルゼミのHPに詳細が書かれているのでそちらをご覧ください。

ここでは、ホームページに書かれていない部分の感想を・・・

「今日のミッション」はタブレットの良さを最大限生かしている良機能

このスマイルゼミ。立ち上げると、「今日のミッション」という画面が・・・

とりあえず、今日やってみようという講座が順番に並びます。実はこれがとても優秀。

個人で学習するときって、得意な教科や好きな教科を優先的にやってしまいがち。苦手な教科の学習は見るのも嫌ですからね。

スマイルゼミの「今日のミッション」は、あまり進んでいない教科を画面に出すだけでなく、一度やった教材も、もうちょっと復習した方が良いかなと機械が判断するともう一度、今日のミッションに登場したりします。

これはタブレットならではですよね!答えがあっているか、間違っているかだけでなく、答えを出すまでにかかった時間や、迷いなんかを加味して、この子はちゃんと理解したかな?と言うのを判断しているようです

飽きさせない工夫が一杯。

なんだかんだ言っても、学校の勉強ってつまらないですよね。(親がそんなこと言っていいかわからないけど。。)

スマイルゼミは、そんな出来ればやりたくない勉強をなんとか続けさせる工夫が一杯。それが勉強が終わるともらえるご褒美。

カードを集めたり、着せ替えグッズをもらえたり、勉強した量に応じて、ゲームアプリが出来たり。。邪道だ!という人もいるかもしれないけど、子どもは楽しみが無いと動きません!(大人もですが、、)

しかも、インターネット経由で教材もアプリもアップデートできるという特性を上手く利用して、中に入っているゲームなどの遊び機能もどんどんアップデートされるのです。

ずっと同じご褒美だとすぐに飽きてしまいますからね!

ちなみに、中に入っているゲームアプリが使える時間は、「学習した量+親が決めた最大時間」で決まるので、勉強しているのかな?とおもったらずっとゲームしていたという事にはなりません。

我が家では、どんなに勉強しても、一日にできるゲーム時間は30分に制限しています。

アプリはとても安定しています。

この手のアプリで一番困るのが、動作が不安定になって、固まってしまったり、アプリが落ちてしまったりすること。

小さい子の場合、画面が固まってしまったらどうすることもできません。

結局親を呼んで解決してもらわなくてはいけない。そもそも上手く動いていないという事が分からない可能性も高いです。

つまり、大人が使うスマホアプリよりも、子供向けのアプリの方が、安定して動いてほしいわけです。

3年間使ってきて、スマイルゼミのアプリはとても安定しているな!と感じます。アプリが固まってしまって動かなくなるという事もほとんどないですし、アプリが勝手に落ちる事もない。

さすがに、アプリ開発が専門の会社が作っただけの事はあるな!と感じます。

まとめ

今回は、タブレットを使った通信教育「スマイルゼミ」をご紹介しました。

山猫家は、ほかの通信教育を使っていないので、違いはどのくらいあるのか?と言う観点ではお話できません。でも、スマイルゼミを3年使って、これはとても良くできた通信教育プログラムだなという事は自信をもって言えます。

タブレットを使った通信教育をご検討の方は、ぜひ、スマイルゼミも候補にいれていただきたいと思います

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

~合わせて読みたい~

目に優しい学習用LEDライト!小学生~大人まで勉強用に適した照明を3つご紹介します。
学習机や、椅子は丁寧に選ぶのに、ライト選びはあまり時間を掛けていないのではないでしょうか? 確かにひと昔前は、蛍光管のデスクライトが主流で選択の余地はあまりなかったのですが、、LED化された今、デスクライトの性能は大きく変化しました。 ぜひ、子供向けの使いやすくて目に優しいデスクライトを選んでほしいのです。
すでにスタンダートになりつつある?小中学生の学習場所は「リビング」??リビング学習のメリット・デメリットは?
ひと昔前は、ある程度大きくなったら勉強部屋を準備するというのが一般的でしたが、、 今はだいぶ様子が変わってきているようです。最近は家族が集まるリビングで学習するのが主流。時代に逆行しているようですが実はちゃんと意味があるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました