モバイルバッテリーにつなぐだけの「LED電球」が超便利!各部屋に一個準備すればロウソクはいりません!

アウトドア・DIY
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!山猫の雑記ブログ管理人の山猫です。(@yamaneko_solar
このブログでは、今までも災害時やアウトドアで便利に使える、LEDライトやLEDランタンを紹介してきました。

USBで充電できるランタンが今年の目玉!「1500ルーメン」の鼻血が出そうなくらい明るい充電式ランタンもありますよ!
(2019年12月21日更新)今回ご紹介するのは、USBで充電できるLEDランタン。明るくて、消費電力が少ないLED式のランタンが作られるようになって、アウトドア用品は様変わりしましたね! LED式ランタンは、どんどん進化してどんどん使いやすくなってきています。最新のLEDランタンをご紹介します。
アウトドアや防災の必需品。懐中電灯(ライト)はほどほどの明るさで、単三電池がつかえるものが使いやすい。
(2019年12月17日更新)山猫が、アウトドア用や防災用にお勧めする、懐中電灯は明るすぎない物。 今は明るい懐中電灯が流行っていますが、意外と使い道が少ない物です。もちろん闇夜を捜索するには明るい方が良いのですが、一般の方の場合、程々の明るさで扱いやすい懐中電灯がおすすめなんです。

停電時の明かりの確保はとっても重要な課題。真っ暗闇はとても危険です。

生活するためには、あたりが見渡せるくらいの明かりが必要なのです。

子ども猫
子ども猫

明かりがあるだけでホッと出来るよね。。

真っ暗は怖いよ!

今回ご紹介するのは・・・USB接続で使える「LED電球」なのです。

スポンサーリンク

LED電球って、白熱電球と交換してつけた、アレの事じゃないの?

LED電球だったら、家で使ってるじゃん!

部屋も廊下も階段も・・・みんなLEDよ!

山猫
山猫

そうだね!あれみんなLEDなんだけど、ぜーんぶ、AC100Vで光るLED電球なんだ。

そうね。。確かに白熱電球の代わりにつけたんだもんね。


優れた省エネ+長寿命で、あっという間にお茶の間に普及したのがこのLED電球。

とっても明るいのに、低消費電力で、家計にやさしい!という事もあって圧倒的なスピードで普及しています。

このLED電球が凄いのがその消費電力。。

60Wの白熱電球が出す明るさと同じくらいの明るさを、このLED電球は、7.3Wで作り出すことが出来るのです。

つまり、60Wの白熱電球を、このLED電球に交換するだけで、52.7Wも消費電力が下がるわけです。

なんと電球を交換するだけで、消費電力が1/8になるというすさまじしい商品なのです。

家中の電気をLEDに交換したら、だいぶ電気代が安くなったわ!

山猫
山猫

このLED電球すごいけど・・・実は大きなもんだいが・・・

それは、「停電になると使えない!」のだ!

そりゃ、家庭用の電気(AC100V)が止まったら、LED電球はつかないわね。。

普通に販売されている、LED電球は、電力会社から送られてくるAC100Vで動くので、停電の時は使えないのですが、、

世の中には、USB(DC5V)で動かすことの出来るLED電球があるのです

USBに繋げるだけで簡単点灯!モバイルバッテリーとの相性は抜群

見た目は、電気コードが付いたLED電球。。類似の製品が沢山販売されているのですが、大概のUSBLED電球は、電球の上部に天井に吊り下げるためのフックが付いています。

そして、重要なのが、コードの先端。。

子ども猫
子ども猫

これは、スマホの充電に使う「USB」だね!

山猫
山猫

もともとは、充電用ではなかったのだが。。まあいいか。

最近は、充電用として使う方が有名だよね。。

 

 

ちょっと難しい話をすると、、LEDは交流(AC)よりも直流(DC)との相性が良いのです。

子ども猫
子ども猫

お!なんだ。。急に難しい話を始めたよ!

山猫
山猫

あまり、深く考える必要はないのだけど、、ちょっとだけ説明させてね!

電気には、交流(AC)と直流(DC)があるのですが、家庭用のコンセントは交流(AC)の電気が来ています。

 

一方、LEDは、直流(DC)で光るという特徴が!

子ども猫
子ども猫

じゃあ、おうちで使っているたくさんのLED電球はどうやって光ってるの?

山猫
山猫

あの電球の中に、交流(AC)を直流(DC)に変える部品が入っているんだ!

子ども猫
子ども猫

という事は、、そっかUSBは直流(DC)だから、変換する部品が要らないってわけだね!

山猫
山猫

そういうこと!直流のUSBとLEDは相性が良いのだよ!

子ども猫
子ども猫

部品が少ないって事は、壊れる可能性も低くなるって事だね!

 

モバイルバッテリーと電球型USBライト(USB 電球型LED)の相性はぴったり!

※USB LED電球を点灯したところ。この製品の消費電力は、3Wくらいですが、ものすごく明るいです!

市販されているUSB接続のLED電球の消費電力は、2W~7Wくらい。当然、消費電力が大きい電球ほど明るく光るわけですが、消費電力が大きくなると、モバイルバッテリーが電気を供給できない事も。。

まあ、最近のモバイルバッテリーは、10Wくらいは安定して出力できるので、大丈夫だと思います。

難しい話をすると眠くなってしまうので。。簡単に結論だけ。
モバイルバッテリーがどれくらいの電気(電流)を流せるかは、、モバイルバッテリーのコネクタに書いてあることがほとんど。
よくあるのが、1A 、 2A 、2.4Aの3種
USBの出力電圧はDC 5Vなので、、、
電力を計算すると・・・
1Aの場合 =  1A×5V  =  5W
2Aの場合 = 2A ×5V = 10W
2.4Aの場合 = 2.4A × 5V = 12W
山猫
山猫

A(アンペア)V(ボルト)W(ワット)の関係が分からない人は、結果だけ覚えておけばOKだよ!

現在市販されているモバイルバッテリーのほとんどは、1A以上の出力はあるので、5WまでのUSB LED電球なら接続できるという事になります。

スポンサーリンク

山猫がおすすめする、電球型USB LEDライトはこちら!

実は、USB接続が出来るLEDライト。。100円ショップでも手に入ります。

上の写真でお見せしたのも100円ショップで購入した、電球型USB LEDライト。

100円ショップの製品も悪くはなかったのですが、、分解したところ、特定の部品がかなり発熱することが分かりました。

どのような計算で、この部品を使えると判断したのか。。。ちょっと山猫にはわかりませんでした。

という事で、連続使用に不安のある、100円ショップの電球型USB LEDライトは、ちょっとやめにして、もっと信頼性のある商品をお勧めすることにしました。それがこれです。


こちらも中を開けてみたのですが、造りは悪くありませんでした。

100円ショップも、違うチェーンのお店だったらもっと良い物があったかもしれないのですが。。ここは、もっとしっかりした商品を作っているメーカーをお勧めします。

だって、異常に発熱して煙を吹いたり、すぐに壊れて使えなくなっちゃったらイヤですよね!

どのくらいのモバイルバッテリーを準備すればいいの?

今回山猫がおすすめしたこの商品の消費電力は、5W

子ども猫
子ども猫

モバイルバッテリーの容量は、10000mAhとか書かれてるから単位が違うね!

山猫
山猫

そうだね。。ややこしいね

市販されているモバイルバッテリーの容量は、[mAh]という単位で書かれているのが普通。。

これを、[Wh]に直すのはどうすればいいのでしょうか?

山猫
山猫

結論を言うと、3.7を掛けて、1000で割ればよいのだ!

子ども猫
子ども猫

もはや意味不明だね。。

例えば、10000mAhのもばいるバッテリーの場合、、、

・10000mAh×3.7V = 37000mWh

・37000mWh ÷10000 = 37Wh

10000mAhのモバイルバッテリーは、37Whの電気を蓄えていると考えることが出来るのだ!

子ども猫
子ども猫

このモバイルバッテリーでどれくらい点灯させられるのかな?

点灯時間は、37Wh ÷ 5W = 7.4時間

まあ実際は、モバイルバッテリーの中を空っぽには出来ないので、もう少し点灯時間は短くなります。

子ども猫
子ども猫

でもこれだけ点灯すれば十分だね!

山猫がおすすめする10000mAh (これで7時間くらい点灯出来ます。)のモバイルバッテリーはこちら!

もうちょっと大きな、20000mAh (これで14時間くらい点灯できます!)のモバイルバッテリーはこちら!

もちろん、災害は、一日では終わらないので、日々モバイルバッテリーを充電する必要があります。

でも、停電しているのに充電なんて・・・という心配は不要!

最近では、折り畳み式の高出力ソーラーパネルを使ってモバイルバッテリーを充電する事が出来るのです。

山猫おすすめのソーラパネルはこちら!


※ ソーラーパネルとモバイルバッテリーのコラボレーションについては以下の記事で詳しく書いています!もし お時間がありましたらどうぞ!

防災!災害時の停電対策。超大容量のポータブル電源がものすごい進化しています!ソーラーパネルと合わせてご紹介します!
いつ襲ってくるかわからない、地震や台風などの災害!最近は台風の跡長期間の停電が続くという事がたびたび起こっています。 はっきり言って、「停電はつらい」電気が使えない生活など考えられないですよね! そこに登場するのが、超大容量のポータブル電源と、折り畳み式のソーラーパネルなんです!
アウトドアや防災用に・・・今、超大容量のバッテリーとソーラー発電機が売れています!
備蓄の難しい電気。実は災害時の必需品なのです。スマホの普及に伴って従来の電池による備蓄では力不足になってきています。今回ご紹介するのは、家族全員のスマホや充電式ランタンを余裕をもって充電できる、大容量のポータブル電源と、ポータブル電源を充電するためのソーラーパネルをご紹介します。
登山や、キャンプのお供に(防災用としても)。。まともに使える携帯型ソーラー発電機が売れています!
(2019年10月9日更新)今回は、登山家やキャンパーの間で急速に普及している、折り畳み式ソーラー発電機のご紹介です。 最近は、情報をスマホから得るという方が増えてきました。山でも普通に電波が入りますしね! そうなると問題は、スマホの電源。フルで使っていると1日持たないくらいスマホの電気の持ちは悪い。。そんな時は、太陽のチカラでスマホを充電してしまえばよいのです!
子ども猫
子ども猫

モバイルバッテリーは、スマホの充電にも使える便利アイテム!

災害時でもその大容量バッテリーはすっごく役にたつよ!

まとめ

今回は、USBのコネクタに接続するだけで使える、電球型USB LEDライトをご紹介しました。

とにかく、簡単で明るくて、それでいてモバイルバッテリーとの相性も抜群!出来れば、家族一人一人に、モバイルバッテリーとセットで準備してあげたい。そんな商品です。

ちなみに、明るさは、同じワット数のLED電球とほとんど同じ。

直接見ていられないほどの明るさなんです!

~今回ご紹介した商品はこちら~

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

~合わせて読みたい~

USBで充電できるランタンが今年の目玉!「1500ルーメン」の鼻血が出そうなくらい明るい充電式ランタンもありますよ!
(2019年12月21日更新)今回ご紹介するのは、USBで充電できるLEDランタン。明るくて、消費電力が少ないLED式のランタンが作られるようになって、アウトドア用品は様変わりしましたね! LED式ランタンは、どんどん進化してどんどん使いやすくなってきています。最新のLEDランタンをご紹介します。
アウトドアや防災の必需品。懐中電灯(ライト)はほどほどの明るさで、単三電池がつかえるものが使いやすい。
(2019年12月17日更新)山猫が、アウトドア用や防災用にお勧めする、懐中電灯は明るすぎない物。 今は明るい懐中電灯が流行っていますが、意外と使い道が少ない物です。もちろん闇夜を捜索するには明るい方が良いのですが、一般の方の場合、程々の明るさで扱いやすい懐中電灯がおすすめなんです。
防災!災害時の停電対策。超大容量のポータブル電源がものすごい進化しています!ソーラーパネルと合わせてご紹介します!
いつ襲ってくるかわからない、地震や台風などの災害!最近は台風の跡長期間の停電が続くという事がたびたび起こっています。 はっきり言って、「停電はつらい」電気が使えない生活など考えられないですよね! そこに登場するのが、超大容量のポータブル電源と、折り畳み式のソーラーパネルなんです!
アウトドアや防災用に・・・今、超大容量のバッテリーとソーラー発電機が売れています!
備蓄の難しい電気。実は災害時の必需品なのです。スマホの普及に伴って従来の電池による備蓄では力不足になってきています。今回ご紹介するのは、家族全員のスマホや充電式ランタンを余裕をもって充電できる、大容量のポータブル電源と、ポータブル電源を充電するためのソーラーパネルをご紹介します。
登山や、キャンプのお供に(防災用としても)。。まともに使える携帯型ソーラー発電機が売れています!
(2019年10月9日更新)今回は、登山家やキャンパーの間で急速に普及している、折り畳み式ソーラー発電機のご紹介です。 最近は、情報をスマホから得るという方が増えてきました。山でも普通に電波が入りますしね! そうなると問題は、スマホの電源。フルで使っていると1日持たないくらいスマホの電気の持ちは悪い。。そんな時は、太陽のチカラでスマホを充電してしまえばよいのです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました